こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
You ought to..
by parajumper at 15:36
Latin shema..
by williamyb4 at 13:25
louboutin pu..
by christian at 10:00
I blog frequ..
by ray ban ne at 13:12
Heya i'm for..
by canada goo at 09:04
http://silde..
by sildenafil buy at 23:40
Laterget htt..
by oripsojo at 20:23
http://www.g..
by nike roshe at 00:14
http://www.w..
by nike mercu at 11:58
Indelicate ..
by allanjy4 at 08:37
メモ帳

神道?

備北三大祇園社のひとつ、庄原・山内の日吉神社は閑散として、秋の日差しが明るすぎるとおもえる様子だ。ここから馬洗川を南へ遡るコースのスタートにした。三次・庄原は江の川のながれる盆地にあって、中国山地を北側にして、ここから南への瀬戸内海までは、つい下っているように思おうのだけど、実は盆地の南端には山がつらなって、のぼりになっている。三良坂、上下と地名がよく示している。
d0089494_14163373.jpg


高速道路のすぐそばの「甲平」という数軒のあつまりの集落へ入った。自動車道のブーンという音のなかに。よく通る声が聞こえてくる。午前の日差しがやっと、朝霧を追い払った時間だ。なにか仏事でもおこなわれているのかと、はしっていると、「払えたまえ・・・」といっている。たしか地図にはここには神社はでてなかった。道路そばで人影がうごく。ここから声が聞こえてくる。

神主の衣装のおじさんと、そんばにおばあさん。道路と彼らまでは、2mほど。生垣がわりの芝が隔てているだけ。御幣がサーと振られて、一礼。道路にたってる自分にされたのかと、勘違いするほど。はずかしくてこのにある木の陰へ。
d0089494_14165158.jpg

立ち去られて、覗き込むと、ブロックでかこまれたちいさな池のそばに、一本の御幣が差し込まれている。この池にお払いがあったようだ。
d0089494_14171851.jpg


ラッカディオ ハーンに「古風な迷信、素朴な神話、不思議な呪術-これら地表に現れた果実の遥か下で、民族の魂の命根は、生き生きと脈打っている。この民族の本能や活力や直感も、またここに由来している。・・・この国の人々の美の感覚も、芸術の才も、剛勇の炎も、忠義の赤誠も、信仰の至情も、すべてはこの魂の中に父祖より伝わり、無意識の本能にまで育まれたもの・・神々の国の首都より」
西洋人に指摘されたくはないことだけど、ここのちいさな御幣は、彼の観察がいまも正しいことを証明しているかのようだ。
[PR]
by forumhiroshima | 2009-10-29 14:17
<< だいこん 古頃 >>


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧