こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
You ought to..
by parajumper at 15:36
Latin shema..
by williamyb4 at 13:25
louboutin pu..
by christian at 10:00
I blog frequ..
by ray ban ne at 13:12
Heya i'm for..
by canada goo at 09:04
http://silde..
by sildenafil buy at 23:40
Laterget htt..
by oripsojo at 20:23
http://www.g..
by nike roshe at 00:14
http://www.w..
by nike mercu at 11:58
Indelicate ..
by allanjy4 at 08:37
メモ帳

花ひらき はな香る 花こぼれ なほ薫る

これは森重久弥が死去した向田邦子の墓標におくった言葉だ。うつくしい、心ある言葉だとおもう。

大阪から京都への京街道の中間地点の茨木の宿に、森繁久弥の生家があると聞いた。
d0089494_21512115.jpg

受験勉強を強いられていたころ、日曜日の夜ラジオから流れる「日曜名作座」の森繁と加藤道子がかたる作品を勉強だからいいのだ!と自分に言い聞かせてかかさず聞いていた。その森繁の生家は大阪府の指定天然記念物のなったムクの木のそばだったという。巨木のある家か・・。

小学の低学年までの期間の居住だったそうだが、樹齢500年以上、高さ30mが丘に張り出して、そのたもとに生家があるという。
茨木の宿は淀川にはりだした丘陵にあって、古い川の湊だ。古くからの船宿を改装した記念館や街道の古民家、商家も整備されている。その記念館が発行した地図に巨木が記載されてあった。私鉄の踏み切りからの登りも上をみながら巨木の姿をさがした。地図もイラスト程度の精度だが、巨木だからすぶに現れる、と。
が、見つからない。丘陵を一応走って見たが、ダメ。ウネウネとつづく尾根にはマンションと住宅でうまっている。マンションにさえぎられているのかと、訊ねてみたが、ダメだ。最初に入ろうとした道にママヨ!と登ってみると、すぐにあった。この木、すっごい!
d0089494_224188.jpg

近づくともっとすごい。幹がふっとい。
d0089494_2252051.jpg

この木の下が生家だときいた。丘のトップで明るい。森繁久弥は、はやく父をなくし、森繁家に養子にでた人。その出世作が織田作之助の夫婦善哉。
「年中謝金取りが出入りした。節季はむろんまるで毎日のことで・・」ではじまる小説の映画化の主人公は、自分は見てないが、よく知ってるって思ってるほど。
d0089494_22104289.jpg

大阪はわからないが、その雰囲気は大阪のようにおもってしまう。そう、日曜名作座でやっていたのだ。そして主人公が森繁久弥自身のように、おもってしまってる。

幹の下にベンチが置かれていた。そのベンチは・・。
d0089494_22124871.jpg


この指定席に座って、空を仰いで、そして歌をうたって、「知床の岬に・・」。そう聞こえた。
大阪ってすぐに歌や詩や映像や小説がでてくる町なんだな。
[PR]
by forumhiroshima | 2010-12-16 22:21
<< 行基 大阪以前 >>


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧