こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
You ought to..
by parajumper at 15:36
Latin shema..
by williamyb4 at 13:25
louboutin pu..
by christian at 10:00
I blog frequ..
by ray ban ne at 13:12
Heya i'm for..
by canada goo at 09:04
http://silde..
by sildenafil buy at 23:40
Laterget htt..
by oripsojo at 20:23
http://www.g..
by nike roshe at 00:14
http://www.w..
by nike mercu at 11:58
Indelicate ..
by allanjy4 at 08:37
メモ帳

古代からの道

霊亀元年/715年 6月10日大倭国都祁山ノ道ヲ開ク「続日本紀」 コノ道ハ今ノ櫟本ヨリ福住ニ達スル路ナルベシ「大和志料」
d0089494_13515344.jpg

大阪の河内から法隆寺を通り、東で直行する“北ノ横大路”が奈良盆地の東の山中にある都祁へ向かう道として官営とされた記事だ。この道は都祁村の小倉から室生村上笠間をとおり深野にぬけて、東大寺の領地であった板蝿杣という森林の南の境界ともなって、名張へ下る。伊勢神宮の斎宮となった女性たちの道、“斎宮登大道”にもなっている。東大寺のお水取りに使う松明を古代から調進する名張の人々のルートとも重なっている。古代から続く道だといえる。
d0089494_13514233.jpg

聖武天皇が、関東行幸を始めた740年に奈良・平城京から都祁村にあったという堀越頓宮に着いた記事では10月29日。その翌日に名張に入っている。総勢400名とも記録にあるご一行は約20kmを一日の行程としている。天皇は輿に担がれての移動であったろう。輿を担ぐ人々はその仕事に定められた人々であったようで、時代は下って1336年に京都を脱出し比叡山に登った後醍醐天皇の輿を担いだ人々の記憶があって、彼らは歴代の天皇の葬送の棺を担ぐひとびとでもあった。この人々は現在、八瀬童子会として組織されており、大正天皇の葬送にあたっても棺を担いだのだが、昭和天皇の葬送には、彼らは代表者のみの参加となったという。彼らは古代の比叡山の杣人であるという。奈良の聖武天皇の輿もこの東大寺の板蝿杣の杣人が担いだのであろうか。松明調進のルートに杣ノ川という集落がある。

都祁山ノ道は、都祁から南へのルートは今も松明調進の道であるとか伊勢街道であるとかと、表示も立ててあったりして、わかりやすい。都祁山ノ道は櫟本から福住といまもある集落をつなげているのだから、そのルートは決まっているように思っていたのだけど、都祁山口神社は、櫟本より南の天理の石上神社のそばにあることがややこしい。都祁にも都祁山口神社がある。杣人が山での作業の際に行なうのが“山口祭”だという。石上から都祁へのルートも福住を経由する。715年ごろ、この山々は巨木に覆われて、平城京の巨大建築物の資材を生み出していた。板蝿杣は板が生える森という意味に思える。
古代の街道と現代の高速道路はよく重なっているといわれる。古代の官道は直線をその設計思想としていて、その工事は巨大で大規模なものであったようだ。しだいに忘れられ、現代の高速道路としてルートが復活している。この古代“都祁山ノ道”と名阪国道とが重なっているとしたら、石上でなくて天理からのルートが都祁山ノ道となる。このルートには二つのルートがある。天理のすこし北の虚空蔵から山に取り付くルートとその南の岩屋をとおるルート。
さて、どれが、古代の“都祁山ノ道”であろうか?   ヒマなもんで、全部走ってみる。

走ってわかるのか?
古代よりもっともっと古く、この地球という惑星の海から陸へ上陸する生物たちが生まれてきた。その中に我々の祖先から五億年もかけて今の人間につながる生物もいた。その生物は自らの生命を維持するために、獲物をもとめて動かなくてはいけない。そして動くために働かせる筋肉などの運動機関を働かせる、エネルギーの燃焼はどうしても必要になる。そのうえこの燃焼をうまくすすめるために、団扇の手を休めることなく、あたらしい空気(酸素)を送り、けむり(炭酸ガス)を追い出す、自分のいのちのカマドにしっかりと息をさせてやらねばならない。このようなガス交換は下等な動物では個々の細胞がおのおの行なっているが、身体の構造がいりくんでくると、ひとつの秩序をもった動きが要求されてくる。それはまず口からすいこまれた酸素が、特定の身体の壁を通して血液に吸収され、そこから身体に運ばれる二段ロケット方式になっている。この特定の壁は魚では口からはいったすぐの大広間(エラあな)であるが、陸上にあがって空気を吸い込むようになると、エラはたちまち役立たなくなって、エラあなはつぶれてしまう。そのかわり一対の風船があらわれ、すいこまれた空気は漏れることなく風船をふくらませ、こんどはこの壁でガス交換がおこなわれる。
呼吸の場がエラから肺へ移ったとき、エラを動かしていた筋肉はバラバラに開散して、そのかわりこれまで呼吸とはなんの関係もなかった「胸の筋肉」が肺をうごかす筋肉として登場する。エラの筋肉は「内臓筋」とか「植物性筋肉」とよばれ、呼吸―循環―排出という流れ作業をおこなう。この筋肉の運動はのろいが、しかし疲れることをまったくしらない。心臓や血管、腸管、さらに膀胱や子宮壁の筋肉がこの仲間である。いっぽう肺呼吸を行なう筋肉は「骨格筋」とか「動物性筋肉」とか呼ばれ、その運動はすばやいが、しかしはなはだ疲れやすいものである。たえず休息を必要とする五体の筋肉とおなじものである。
水中で泳ぐことだけに専念してきた筋肉が、陸上では「肺の運動」すなわち「息の役目」まで引き受けねばならぬはめとなった。空中でははるかに水中より息がしやすいとはいえ、しかしそれは、心臓のような休みのない働きが要求されるもので、まして疲れやすいこの筋肉にとっては、およそ片手間にできる仕事ではない。つまり身体を動かす動作と呼吸とかけっして両立しえないもので、呼吸に専念しているときは、動作はすきだらけになっている。われわれが“一息つく”のはひとつの動作からつぎの動作へ移るその「間」だけにかぎられる。「動作」と「呼吸」とのリズム、つまり息があわなければ、「間」ちがいになってしまう。「間」があわなければ、「動作」か「呼吸」かにどちらかに合わせようとする。文字どおり“「間」にあわせ”るのである。  海・呼吸・古代形象/三木成夫。

都祁山ノ道を探して走っていると、岩屋から大きく左へターンして米谷の小さな集落をぬけていると、なんだかペダルが軽い。フッフと進んで、速くなったもんだ?なんて感じる。坂の登りであっても自転車の慣性モーメントは幾分かのこっているもので、ペダルを止めてもすぐには、自転車は止まらない。そのモーメントの減少カーブと、虚弱ではあってもペダリングのトルクのカーブとの呼吸「間」があうことがある。それは古道が人や牛に踏みしめられて出来た動く物に優しい斜度や曲面であったりすることからではないだろうか。杣人たちが輿を担いだ道は岩屋の道としよう。石上のダムコースにも虚空蔵の集落のコースにも、「間」は現れなかった、と、おもった。
d0089494_13522039.jpg

古道のヒルクライムは、歴史を重ねた厚い時間の蓄積と、たえだえのわたしの心肺との、「間ごころ」の交流なんですね。
[PR]
by forumhiroshima | 2012-03-25 13:52
<< 夢 化粧 >>


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧