こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
You ought to..
by parajumper at 15:36
Latin shema..
by williamyb4 at 13:25
louboutin pu..
by christian at 10:00
I blog frequ..
by ray ban ne at 13:12
Heya i'm for..
by canada goo at 09:04
http://silde..
by sildenafil buy at 23:40
Laterget htt..
by oripsojo at 20:23
http://www.g..
by nike roshe at 00:14
http://www.w..
by nike mercu at 11:58
Indelicate ..
by allanjy4 at 08:37
メモ帳

海鮮丼

この列島に住み始めた人々は誰も海を渡ってきた「海人」であった。が、魚を食ってるだけでは、生きてゆけない。炭水化物がどうしても欲しい。さしみだけでは、力がでない。飯にさしみの海鮮丼がうまい!。
「稲の種、イナダマ(稲霊)をもって海原の東の陸に到達した、後に弥生人と呼ばれる人々の乗った幾船の船隊のへさきにたつリーダーは、遥かに原始林のつづく海岸を望みながら、幾度となく海水をなめ、淡水にかわるのを待っただろう。
そうして選んだ豊な水のたゆとう川を、次第に上流へ上流へと遡上していった。その両岸には見わたす限りの原始林が続いていた。草むらからカワウソが水中に飛び込み、その音に驚いた水鳥がいっせいに羽ばたき、そのむこうに牡鹿の角がゆらぐのが見えた。
やがて、川の蛇行部に、新しい泥の干潟がみえた。イナダマが、新しい精霊の芽を出す場所である。藤森栄一 古道」

「道はすこしずつののぼり坂になり、一時間もゆくうちに、和泉のように開けた国にこれほどの深山があったのかと思えるほどの山林に入ってしまう。
登りがけわしくなり、足元の渓流を落ちてゆく水がはやくなるうちに、やがて槙尾山に入り込んでしまう。このような人界から離れた山中に寺をひらいた最初の人物はだれであったかということが疑わしくなるほどの場所だが、伝承されるところでは、空海のこの時代より数百年前に大和あたりの山中を駆け回っていたという役小角・エンノオズヌであるという。後世、役小角は雑密(非正統の密教)に憑かれた山林遊行者の草分けの人物のように説かれるが、その点はおそらく後世の行者たちがつくった伝説であろう。むしろ土俗の巫人のようでもあるが、峰々を飛ぶように駈けたといわれ、諸方で霊気のある山をさがしては、ひらいた。小角が開創した神聖地には一定の形象上の特徴があった。まわりが蓮の花びらのように峰々で囲まれた林間の小盆地のようなところを好んだようだが、空海もまた、元来が山林遊行の徒であったせいか、小角好みのそのような場所を好み、『小角がひらいた所を空海が再興した』といったふうな伝承-たとえば室生寺-をもつ山寺がおおい。司馬遼太郎 空海の風景」

「役小角は、尊称されて役優婆塞/エンノウバソクとか、役行者/エンノギョウジャなどと呼ばれる。七世紀から八世紀にかけて活躍する怪人物だが、実在の人物で4あることはまちがいない。『大和の国葛木の上の郡茅原の村の人なり』と“日本霊異記”にある。その素姓については『賀茂役君、今の高賀茂の朝臣というものなり』というから、鴨族という神霊のことをつかさどるグループのなかでも筋目にいい出身であろう。 司馬遼太郎 街道をゆく・葛城みち」

鴨族が川の流れをさかのぼってきて、その名をのこした広島県の賀茂郡いまの東広島市は、「林間の小盆地」であったのではないのだろうか。がしかし、その賀茂族の神をまつる賀茂神社が見つからなかった。東広島市のHPの観光地の案内に、新宮神社という神社に賀茂神社が合祀されているとあった。
ウイキペディアで、広島県賀茂郡では「かつてはこの地域が京都の賀茂神社の荘園であったことに由来する「賀茂」の名前は学校名(「広島県立賀茂高等学校」、「広島県立賀茂北高等学校」)この地域で作られる酒の名前「賀茂鶴」「賀茂輝」「賀茂泉」など地元企業名に残すのみとなった。」とある。

新宮神社は旧山陽道が丘にのぼり、大きなため池の中央に伸びる堰堤になり、そこから“苦ノ坂”と標示のある赤土の道をくだる、とても印象深い道の南、やはり小さな池のそばに古びてたたずんでいる神社で、狛犬は出雲タイプのお尻をあげてお守りを遂行している。とても気に入っている神社だ。
d0089494_2243796.jpg

d0089494_2243871.jpg

HPで紹介されている記事に、ここの賀茂神社は下賀茂神社であったようで、上賀茂神社とおもわれる神社が、ここから北へはいった篠という集落に鎮座する岩蔵神社である、と書かれている。
その岩蔵神社は、その北にある虚空蔵山をご神体としており、山中にイワクラと泉があると、隣の志和の文化財の紹介にある。古代の信仰のラインが現れてきた。

賀茂神社はその背後に甘南備山といわれる円錐形の山をもっている。京都・上賀茂神社に円錐形の盛り土が印象的に思い出される。ここの虚空蔵山もその円錐形の佇まいで、賀茂盆地をはしる黒瀬川の源である並滝寺池にその姿を写している。
d0089494_22433949.jpg

d0089494_22434143.jpg

賀茂神社を走ってきて、虚空蔵山をその側にもつ神社が、三田にもその北の氷上にもあった。それどころか古代に賀茂の名のさかのぼる土地の高知県土佐の賀茂にも、香川県さぬきの賀茂にも虚空蔵山がセットになっている。

「『学生よ、お前がそこまで仏法のことに熱心ならいい工夫をおしてやろう』とこの儒生(空海)に万巻の経典をたちまちに暗唱できるという秘法を教えたのである。・・要するにインドに伝わる記憶術であった。『虚空蔵求聞持法』という秘法がそれである。司馬遼太郎/空海の風景」

新宮神社のある小さな丘を塚の峠/タオという。塚とあるからここに古墳などがあったのかもしれない。峠をタオとよますが、トウゲもタオもタムケからでたという。神聖な場所であった記憶のようにおもえる。日当たりの良い静かな雑木林でおおわれている。
d0089494_22441443.jpg

ずっとずっと昔、ここに到達した賀茂族の人々は、この盆地をうるおす水の源を定め、そこを神聖な場所としてあがめ、そこから生まれる水を導くラインを想定したにちがいない、と確信するが、ウイキペディアにあるように、賀茂という地名は有史になって荘園という支配機構におかれた機能としての「神」であると、学者たちは語っている。
賀茂という地名がこの盆地から消え、西条という名がのこったその原因の条里制の復元図がある。条理の計測の基準線は神社と6世紀につくられたという三ツ城古墳をむすぶラインを南北線とし、この西に条理が、いまの地名となったという。
d0089494_22442191.jpg

新宮神社と岩蔵神社そして虚空蔵山をむすぶラインとは、相似されていない。

海から遡上してきた人々はその最終地点となった水源の山をみてすごす後、海からの記憶が、その山への降臨の記憶に変わったことが、「海」も「天」もアマとよぶことになったという。神が降臨する場所を岩蔵という。もちろんこれも学者たちの話なのだが。

塚の峠から黒瀬川をみながら古道をさがし、篠の集落の中央の岩蔵神社をとおり、古道を北上し池の堰堤で迂回されて車道にでるコースはどこか透明で深い印象があるのです。
d0089494_22445077.jpg

[PR]
by forumhiroshima | 2013-02-24 22:47
<< 「観念による上空飛行」 渡来ということ >>


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧