こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
You ought to..
by parajumper at 15:36
Latin shema..
by williamyb4 at 13:25
louboutin pu..
by christian at 10:00
I blog frequ..
by ray ban ne at 13:12
Heya i'm for..
by canada goo at 09:04
http://silde..
by sildenafil buy at 23:40
Laterget htt..
by oripsojo at 20:23
http://www.g..
by nike roshe at 00:14
http://www.w..
by nike mercu at 11:58
Indelicate ..
by allanjy4 at 08:37
メモ帳

神の表札

10月の第二の土曜日曜の広島、南区丹那町の穴神社秋祭を手伝っていた。
神輿が、東の町はずれにある、御旅所の恵比須神社への巡行が始まって、人影も少なくなった境内にいると、お婆さんに声をかけられた。
d0089494_10131696.jpg
この町で生まれ、四十数年ぶりに祭りにきたと話されて、神社には100段の石段があったが?とその顛末を尋ねられた。人聞きに以前に整備されて広場がつくられたようだと答えると、南の高架の自動車道で遮られ見えなくなった海の景色が高台からよく見えたと懐かしがっておられた。

神社拝殿の背後のその海の景色正面に円錐形にとんがった山が小さくのぞいて見えた。これって、この神社と正対面しているのじゃないか?。海にむかって本殿がある神社は背後の山の神でなく、対面する島に関連しているように思えることがある。そして“円錐形”は賀茂の神、八咫烏の神の表札で、この穴神社となにか関係があるのか?と妄想が湧き出てきた。
d0089494_10133853.jpg

広島湾の南部、呉・休山、宮島、大野と烏伝承が点在し、山口の室津半島の賀茂神社、周防大島の三蒲は“御賀茂”からの地名だといわれ、大島大橋のそばの飯の山の容姿、
d0089494_1014146.jpg
岩国沖の柱島の賀茂神社と柱が神を数える単位であることやその島影
d0089494_10142443.jpg
、呉・休山の東の広から竹原、西条のある旧賀茂郡と賀茂神の痕跡が濃い。

穴神社の妄想は日本海へ走り出た。島根半島の北浦にある麻仁曾山は円錐形の秀麗な独立峰で古代の外港とされた千酌港へ目標の当山だといわれる。
d0089494_10154026.jpg
その麓の伊奈頭美神社の正月三日の祭礼、御的神事は海岸に緑豊かな枝を立て、そこに三本足の八咫烏がかかれた的を置き、矢を射るもので、ここにはるかな昔の賀茂神の到来を思わせる。
d0089494_10161320.jpg
穴神社にも賀茂の神がのぞいたことがあって、穴の神との饗宴でもあったのだろう、か。

麻仁曾山を囲む菅浦、稲積、北浦、千酌、の海岸は出雲国風土記の時代そのままの景色を残しているように思える美しいルートで、海岸のどこを覗いても、石神や祠が松に守られて鎮まってある。それらは、とても懐かしい者たちだ。これらの海岸の西の加賀からうまれた佐太の御子神の鎮座する佐太神社のすぐ南に風土記記載の加茂志神社があるが、祭神はイザナミ・イザナギとされていて、賀茂神ではないようだ。無念!なぜ、加茂なの。

京都・上賀茂神社の“立砂”はもっともシンプルに、都で上等にデザインされた象徴だろう。自分には都会のセンスでも“立砂”は砂山、いろいろな場所をうろついて見る円錐形の山に神々を見る。へそがまがってるから?
d0089494_10163560.jpg

円錐形の発見その都度、その傍へと引き込まれる。神社を探して、賀茂神を探す。賀茂は“神”だと語られることがあるが、円錐形って心の奥底までしみとおる「ナニカ」がある。それが “賀茂神”の正体だ。ただ、まだ不明さの中のナニカなのだけど。

出雲に出現した賀茂神はアジスキタカヒコネとよばれ、その名はアジ・すごい、スキ・鍬/農具という農耕の神とも鉄器の神ともいわれる。奥出雲の三沢に鎮座している。その妻、アメノミカジヒメの名」にあるカジ・梶も鍛冶がちらつく。この二人の間にタキツヒコノミコトができた、と風土記は語っている。このタキツヒコノミコトは島根半島中央部の神名樋山・カンナビとされる大船山にある石神とされる。烏帽子岩とも呼ばれる。円錐形がここにも表れる。
“カンナ”ビは、神隠び、つまり神が隠り鎮座します・ヨリチンザの意味、森林をさすことが多い。また出雲系といわれる神々の鎮座所に限るともいわれる(横田健一 飛鳥の神々)。

烏帽子岩の麓の多久谷あたりは、東に一幡薬師の谷、鹿園寺谷と北海岸へぬける道筋に田園風景がひろがっていて、稲刈りあとの田の野焼きに出会ったことがあった。谷、谷が煙に巻かれて車はヘッドライトしていた。集落そばの野火はとても珍しくどこか自然な営みに思えてか、懐かしい景色だった。自転車を置いて登った石神への尾根から見た、たなびく野焼きの煙が、野火をまだ許されるこの地を幻想に中で神々しいものだった。
d0089494_10165810.jpg


先日発刊された岩波新書“古代出雲を歩く”に「アメノミカジヒメは出雲市塩谷町に鎮座されていたアジスキタカヒコネに向かった位置で出産した、それを“向位・ムカイグラ”という。」とあった。
著者は出雲荒神谷博物館にお勤め。「ムカイグラ」は初めて聞く言葉だった。
生まれたタキツヒコノミコトのタキは多伎都比古と漢字されるが、タキは瀧だろうか。石神そばに滝がある。

アジスキタカヒコネがいたという塩谷の町で賀茂の神は出会っていないが、そのあたりはとても古い場所で、風土記時代の地図では出雲国の西の最も大きな平地。
d0089494_01535395.jpg
そこに流れ込む神戸川河畔には不連続だが、河畔に伸びるR184の対岸にスサノオの須佐神社方面に古道が残っている。一部は中国自然歩道にも指定されて須佐の上流から三瓶山の東側へ回り込み、またその支流にそれぞれに古道が残っている。ここの面白さは深い尾根底の道は午後には早くから暗くなり、民家も目印になる施設もなくて、自分の位置を失うことがあって、ホワイトアウトならぬブルーアウトしそう。日本海を背負う中国山地の山々や三瓶山、大山などの東側や南側には豊かな水流が多く、大きな滝もこの斜面に発達している。冷たい湿気のある風は夏走るにはもってこいだ。神戸川中流域に縄文の遺跡がみつかっている。その時代といまも渓谷の景色は同じではと、思うほど森が濃い。

神戸川河畔の古道の一つが出雲市塩冶で神戸川が平地にでる場所にある。その朝山には風土記記載の朝山郷庁舎のあったと推定される場所を通る道で、ホールドする時間が滲む出色の出来栄えコース。風土記時代の道だといえないか、いえる。この辺りは朝山郷六神山と呼ばれる山があると風土記に記載されているが、その場所の比定ができていない。このなかに稲積山の名があり、麻仁曾山のある島根半島の稲積をおもいだし、周防大島の飯の山をも、思った。

この古道から六神山の一つといわれる朝山神社の鎮座する宇比多伎山への登坂の途中に、風土記時代の古道のあった山が円錐形に見える。
d0089494_10184687.jpg

いきなりビックリ、ブレーキした。姉山と地図にあるが、六神山にある“稲積”ではないのか?イヤ、コレ、コレ、オレ見つけたゾ!と勝手に喜んだ。
[PR]
by forumhiroshima | 2016-10-13 10:19
<< えびす 砂の器 >>


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧