こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
You ought to..
by parajumper at 15:36
Latin shema..
by williamyb4 at 13:25
louboutin pu..
by christian at 10:00
I blog frequ..
by ray ban ne at 13:12
Heya i'm for..
by canada goo at 09:04
http://silde..
by sildenafil buy at 23:40
Laterget htt..
by oripsojo at 20:23
http://www.g..
by nike roshe at 00:14
http://www.w..
by nike mercu at 11:58
Indelicate ..
by allanjy4 at 08:37
メモ帳

えびす

11月20日の広島胡子祭りはとても寒かった記憶が小学生のころにある。本通りだけが参道になり、路地はロープ規制され、人々は革屋町の電停(いま本通り)を越えて西へ伸びていた。みなオーバイの襟を狭めて小さく足踏みして寒さをやり過ごした。このころ、出雲の佐太神社で後半の神在祭りが開始されている。広島の胡子神には出雲行きのスケジュールはないようだ。
この胡子神は県中央部の安芸高田市吉田から毛利の広島築城のおり移って来られたという『urban legend・都市伝説』を持っている。旅を嫌っておられる訳ではない。
d0089494_638572.jpg

エビス神の最も古い記録は、「厳島古文書」の1168年に“江比須”社の存在が記載されており、兵庫の西宮神社の記載の1172年よりも古い。ギネスに申請できそうだ。朱色に漆で仕上げられた美しい江比須の社が塔の岡下に鎮座している。
d0089494_6372316.jpg

大晦日の紅白が終わると直ぐに身支度して満員すし詰めの広電宮島口行路面電車にもぐりこむ初詣の光景もこのごろは見られなくなった。

ヤマトタケルは景行紀43年に虜にした蝦夷等を伊勢神宮に献上したとされ、景行紀51年には蝦夷等は昼夜喧嘩をして、出入りに礼を欠いたので三諸山のほとりに置いたが神山の木をことごとく伐ってしまう。里に出ては大声で叫び人民を脅かすので景行天皇はその本のところに獣心があって、中国(うちつくに)には住まわせがたい。それゆえに邦畿之国(とつくに畿外)に分かち住まわせよとして、これが今、播磨、讃岐、伊予、安芸、阿波の五国にいる佐伯部の祖である。と日本書紀にいわれている。仮定すれば?だが景行時代は4世紀の事になる。蝦夷はまず西宮神社の播磨にうつされ、後に安芸などに分散配置されている。今、ヨーロッパでおきている出来事を思ってしまう。

871年の文書に”キニコベノ佐津古、キニコベノ軍麻呂”などの蝦夷ともわれる人々が朝廷から位を授与された記録は安芸国にある。この人々を祖先とするのは、アナタかもしれない。

「厳島古文書」にある1168年ころ厳島神社の神主佐伯景弘はこれら蝦夷を管理した一族と考えられる。エビス神は古代蝦夷の神であるとする考え方もある(日本古代の精神・横田健一)。
吉田の胡神社から出雲街道を南下すると、可愛川を渡る手前の桂に桂恵比寿神社、土師ダムとの分岐の南の下佐々井に勝田恵比寿神社、可部に胡神社、古市橋の北に中須・胡子神社、祇園のは恵比寿、胡子社と二つ、十日市交差点の西路地に榎町・恵比寿神社と連なっている。その流れが厳島へ、いや厳島から吉田へ、なのだろうか。

出雲街道は出雲大社への参拝だけでなく、一畑薬師への巡礼道であったという。
「一畑薬師は眼病に霊験ありとして、庶民のあいだに広く尊崇されているが、貧しいものをしてきわめて親しみやすからしめるようなつつしみ深さをもっている。そして今もなお、すでに盲いたもので、汽車やバスに乗らないで、30里、50里の道を歩き続けてこの寺に参るものが多い。このような信仰の底にはいかにも民衆の哀愁がこもっているが、その哀愁をきいてくれるものは、宿をこえば、こころよくとめてくれる道ばたの百姓であり、安い宿賃で迎える寺、静かな思いにひたらせてきれる、うすぐらい本堂の中でものいわぬ御仏であった。このような信仰は出雲臣が政治からはなれ、ただひたすらに祖神に仕えた日から民衆全体のものになっていった。宮本常一・風土記日本2」昭和20~30年代までの景色になろうか。

吉田から出雲街道を北上すると、三次から県境をこえて斐伊川に出会う三刀屋、木次までエビスと名のつく神社には出会ってない。この出雲街道の不思議におもえる。
もちろん島根半島東端の美保神社の事代主神もエビス神とされる土地柄で沢山鎮座されている。

出雲街道に比定して走っている旧道は旧国道であったり、県・町道であったりして、民衆の哀愁”がふと転がっていたりする。このかすかな古出雲街道での出会うとは走り続けるゲンキがでてくる。

それら古道が、どうしてもいまの車の幹線道に吸い込まれるポイントがある。そこは河川との出会いで通り抜けるには狭い場所や橋、河川の合流地点で歴史的に災害の発生ポイントであることを思うと、その共通性に対応してきたこれまでの歴史を感じる。八木・中島・佐々井・桂・吉田・青河・三次・頓原・掛合等々。すべて災害の記憶をもっている。

広島~一畑薬師 約170km・43里を二泊三日、もう町に一軒しかない宿をねぐらに「しずかな思い」でも味わいながら走ってみたいものだ。
吉田・いろは家、
d0089494_6441251.jpg

頓原・南天、
d0089494_6444023.jpg

木次・畑旅館、
d0089494_645438.jpg
など、古びた宿が待っている。どこも、汗だらけ、を気にしなくていい感じです。一泊二食7500円以下でOK。

行き届いたホテルや高級旅館は、自分を委ねる宿であろうが、ただ今夜の宿をお願いする感覚も持てる商人宿とよばれるカテゴリーは、自転車の旅に気持ちを集中させられる。明日も自分で何があっても切り開く、のです。
[PR]
by forumhiroshima | 2016-11-03 06:46
<< 渡来の人の里? 神の表札 >>


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧