こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
You ought to..
by parajumper at 15:36
Latin shema..
by williamyb4 at 13:25
louboutin pu..
by christian at 10:00
I blog frequ..
by ray ban ne at 13:12
Heya i'm for..
by canada goo at 09:04
http://silde..
by sildenafil buy at 23:40
Laterget htt..
by oripsojo at 20:23
http://www.g..
by nike roshe at 00:14
http://www.w..
by nike mercu at 11:58
Indelicate ..
by allanjy4 at 08:37
メモ帳

渡来の人の里?

出雲街道も国道R-54も南から土師ダムを見たあたりから合流して河畔の道になる。上根の峠から北上してきた簸川にダムからの可愛川と合流する氾濫原になる。この辺りが佐々井から桂と呼ばれる。佐々井のササは川の堤で井はここでは川。早くから堤防があったことになるのか。そうなら、堤の上に道が造られた。それがR54になっている。

「桂」は明治維新の桂小五郎のち木戸の祖先がその地の名を名乗った場所で、それだけで何か特別に思ってしまうから、可笑しい。「カツラ」地名は小五郎活躍の京都の桂川と同じで「“徒歩渡り・カチ渡り”の浦」で“カツウラ”からだと言われる。浦は裏とおなじことで、表と裏の境界をいい、山では平地と山場とか集落と尾根の境界をいう。歩いて渡れる湿地。都の桂川は浅い。土佐・桂浜は遠浅か?。古代には田園開発の好適地だったかもしれない。が、洪水もやって来る。

この湿地はけっこう大きかったのだろ、今の平地を北上して出会う小山の上のある埃の宮・エノミヤまでR54しかルートがないことがそう思わせる。不安定な土地にはいくつものルートは存在できない。やっと足が前に運べるこの場所であった昔からのルートにあたるのだろうか、国道は狭くて東側の歩道しか自転車・歩行者に安心安全はない。ドロップハンドルに付けて後ろをケヤーするバックミラーは鏡面が小さくて、それをのぞき込むときが不安定になる。自分は使ってないのだが、年からか振り向く幅が小さくなってきたなぁ。

埃の宮・エノミヤは安芸郡府中町にもあって、神武天皇東征伝承があり、ここにもその伝承がある。神社が鎮座するこの辺りから川名が江の川・エノカワになるのだろうか。不安定な場所、故に神が鎮座したのか。
d0089494_17481298.jpg

毛利氏はここに桂城を築城し、南からの侵入を監視した。川もが湿原も守ってくれる。

今、川は同じ名でよばれるように誰かに決められた。昔、川の名は場所、場所でちがって呼ばれてきた。その名の区分に神が鎮座する。“誰か”は神を見ていない。
ここは人々の記憶に“難所”として残る場所になろうか。埃の宮の神がいかに水抑えの神威を期待されたかが、実感で、つたわってきた。「エノミヤ」は江、の神と、どこからか伝わってくる。そう!神の声。

江の川の堤防も兼ねている小山に鎮座する埃の宮の参道の脇に川への細い未舗装の場所が川側へあった。空いているけど、誰も使えない場所。未所有な空間、不可侵な空間、神の所有地。神の境内。たどると水門があってここも氾濫原の跡だ。その先に堤防の上の道が吉田の市街地へ伸びている。川面は広々とした展望に拡がる。毛利氏の里の大きさに驚いた。

桂の氾濫原は吉田の南の守りには最適でここに桂氏の居城がおかれていた。城と吉田とのルートの痕跡がないか、と国土地理院のそれも1:25000でもっとも古い版を求めた。が戦後の版がもっとも古いものだった。そこに、この氾濫原の西端だったろうルートをみつけたが、やはり埃の宮に吸い込まれた。
d0089494_1748577.jpg

地図を覗いていて、視線を東へむけると、山中に不思議!と、感動した(オオゲサ?)地名を発見。ここへ走らずして、オレではない。

江の川の右岸、山中に南北に直線に開けた谷の奥まったところに、古麻原の地名が見えた。

出雲街道が太田川を離れるところを可部と呼ぶ。古代安芸郡漢弁郷・カラベと呼ばれそのこらカベの呼び名が生まれた。この郷のほか、祇園西原・東原、戸坂は古代の幡良郷・ハタラは古代に半島にあった新羅からの渡来の人々の居住地だったという。新羅から白木山の名を連想する。

江の川の右岸、吉田の町の対岸にみつけた地名、古麻原は高句麗(コマとも読む)古代半島の国家の名が残っているのではないか?この地名は現在の地図からは消えているが。
古代の渡来の人々への幻想に浸れる場所って、そんなに出会っていない。いいね!いいね!
[PR]
by forumhiroshima | 2016-11-05 17:49
<< 古麻原のこと えびす >>


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧