こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
You ought to..
by parajumper at 15:36
Latin shema..
by williamyb4 at 13:25
louboutin pu..
by christian at 10:00
I blog frequ..
by ray ban ne at 13:12
Heya i'm for..
by canada goo at 09:04
http://silde..
by sildenafil buy at 23:40
Laterget htt..
by oripsojo at 20:23
http://www.g..
by nike roshe at 00:14
http://www.w..
by nike mercu at 11:58
Indelicate ..
by allanjy4 at 08:37
メモ帳

コヒチロウの走り方-1 広島”の起点

桜ってほんとうに凄い。満開に、すっかり気分変わって、なんだか、オ、オレにも春がきた。

花は桜木、人は武士。それも悪くないが、素直に散りたくないナ。花は桜木、ウバ桜。ソメイヨシノは古木がいい。並木の桜より森がいい。それも姥たちがあつまってカシマシイのがすきだ。白島九軒町の河川敷の桜の森には姥たちが林立、お喋りに夢中に飛び込んだ。
d0089494_11375355.jpg

地面はホワイトピンクに染まっていた。ホワイトピンクの中に小さな祠が川にむかって鎮座している。1613年太田川氾濫で広島城に被害がうまれたその年にここに鎮座したとある。川面へ桜吹雪が乱れ散っている。
d0089494_11381619.jpg

d0089494_11414573.jpg

d0089494_11443476.jpg

神田橋を渡り西へ向かうとすぐに川を渡る水道管がある。水道管から車道の反対側に路地が牛田山へ向かっている。水道管が設置された小路のようだ。大きな交差点のスーパーの横に小路は伸びている。道が行き詰まると住宅の屋根の向こうにおおきな寺院がみつかる。そこ左に入って路地と石段にかわった路面から山肌の雑木林へ取りついた。右へは水道局貯水池へ向かっている。Google Mapで寺院奥に登山路の跡のようなラインがあったが、現地はブッシュで見つけられなかった。寺にもどって麓の住宅の道を西にとって、牛田総合公園へ向かった。そこに広島城誕生の神話の山がある。そこには寺院奥から取りつきたかった。寺と神話とが山でつながっていたりしても、解ることはないのだが。車道は車のための道。人はきつくても最短な距離のルートをさがす。

公園のおおきなトイレそばに小道が登っている。すぐに見立山記念碑が金網フェンスに囲まれてあらわれる。その奥に踏み跡程の登山道をたどると尾根のトップの展望所・といってもそこに景色の写真がおかれている、それだけ。展望はすばらしく、ビルの隙間に県立体育館前にチョコッと天守閣の頭がでている。その奥むこうに宮島がかすんでいる。海に小さな三角帽子がチョコット。津久根島らしい。ここへ天守閣の頭を通る視線がむかっている。弥山とはずれている、なぁ。
d0089494_11403191.jpg
中央公園の芝生のマウントが地図では天守閣と旭山八幡社とを結ぶラインが端を通っている。二葉山のトップのすこし下の金光稲荷社の奥宮とも結んでいる。
d0089494_1141948.jpg

毛利元就の孫、輝元は1589年2月20日地元の福島元長を案内に二葉山、新山(神田山尾根 見立山)、己斐松山(旭山八幡神社)に登り、築城を決し、4月15日築城鍬入れを行った(新修広島市史)。
己斐松山と二葉山、見立山と宮島・弥山をの二つのラインの交差点が広島城の設立地点とされた。実際に地図では、このラインの交点がピッタリ天守閣の位置になる。驚きました。神話を確認した。
d0089494_11421190.jpg

1555年の厳島合戦に勝利した翌年、毛利元就は太田川河口の五固村の砂州に堤を築いて開拓すれば、その地を納税や使役なしに所有できると、合戦に加わった家臣にいっている(新編広島市史)。合戦の前、毛利元就は己斐松山の八幡社に戦勝祈願におとずれている。朝の陽のなかの参拝であった事からそれからそこを旭山八幡社という。ここに古代の神話で神功皇后が半島への出征の前にここに立ち寄った時、地元の人から鯉を献上されたことを喜んだことで鯉村とされたが、のちに二字に代わり己斐となったという。広島城が鯉城なのはこの逸話によっている。城の縄張りの見極めの起点に元就との関係のある厳島と己斐松山の旭山八幡社が選ばれている。この神社は急坂でたどる小さな平地に鎮座している。元就が早朝戦勝祈願し、眼前にひろがる砂州の浮かぶ海を感じると、毛利元就の後ろに並んでいるような、じかんがある。船の代わりに自転車でその海へ漕ぎ出すとき、そう妄想する。

毛利元就は1557年隠居宣言をしている。隠居所は武田氏の銀山城と希望していたといわれ、吉田・郡山城の西にあった幼年時代に過ごした多治比城からの家臣と、安芸武田氏滅亡により残された五箇村の河内警護衆とよばれる人々に、ここの給地を与え元就の親衛隊としていた。かれらには元就の名の元が就の一字が与えられている。この地への元就の思いは強いようだ。1571年元就75歳で吉田・郡山城で死去。そのとき、まだ広島は出現していない。

輝元案内の福島元長は古代安芸国の在庁官人の家系、武田家家臣になり滅亡ののち毛利家に臣従した福島親長の娘婿で養子。五箇村の村長さんの様に思える。土地に詳しい人選だ。彼はわが土地に城が現れる!ことをどう受け止めていたのだろうか。マツダスタジアム30個分の建築物が出現するのだ。

輝元にも祖父元就の思いはしっかりと伝えられていたとおもえる。築城の奉行職に元就の四男の穂井田元清、妊娠している母とともに家臣に払い下げられたが、実子と元就も認めた二宮就辰が指名されている。元就の思いはこのあ二人には届いていたと感じる。毛利元就はここが好きだった、と。両人とも側室の子である。(三矢の教えの三兄弟は正室の子供である。)

神田橋から東へ川土手をゆき信号の三叉路を左に。ちいさな川がある。ここは桜土手とよばれてずっと昔に桜の並木があった。女学院大学へ向かう桜並木を伐採してできたバス通りをゆき、道が二股に別れたあたり、右の川向うに公園がある分岐へ入って東園団地へ向かう車道そばの市民菜園に出会う。ちいさな案内板がある。「天神石清水、またの名清水谷井戸」とあり手押しポンプがその清水らしい。1807年この清水は竹樋を通して縮景園まで引かれていた。猿猴川には木造の潜り樋がそこに埋設されていた。
d0089494_1143640.jpg


この水には鶴の傷口伝説があるという。江戸期京橋町にあった平野屋がこの水で醸造し藩へ酒を納めた。石清水に天神とついてよばれるのは菅原道真がここにたちより、この水を愛でた故事による。えらばれた水は神の存在を証明していた。
日清戦争に宇品に入る船への水の供給にこまった軍部はここに水道の施設をつくり、軍事施設への給水をはじめている。

浅野藩は二葉山中央に東照宮をつくり、西端に浅野藩主が祭神になる饒津神社、牛田山の西尾根に浅野藩墓所をつくっている。墓所のある新山の南麓、いまの水道局の中に神田神社を武田氏が勧請している。この神社は水道設置の際に宇品に移転された。
新山・シンヤマは神山であったと、考えたくもなる。神田神社も神の所在という神社だろう。神々があふれているようだ。命の水を生み出してくれる山々は神の所在地なのだ。

武田、毛利、浅野と日本史にラインナップされる武士たちの神へ、仏への加護の希求は細部に至っている。そんな景色がここにあるように思えた。
[PR]
by forumhiroshima | 2017-04-18 11:45
<< 広島、都城の設計 庚申堂 >>


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧