こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
You ought to..
by parajumper at 15:36
Latin shema..
by williamyb4 at 13:25
louboutin pu..
by christian at 10:00
I blog frequ..
by ray ban ne at 13:12
Heya i'm for..
by canada goo at 09:04
http://silde..
by sildenafil buy at 23:40
Laterget htt..
by oripsojo at 20:23
http://www.g..
by nike roshe at 00:14
http://www.w..
by nike mercu at 11:58
Indelicate ..
by allanjy4 at 08:37
メモ帳

広島、都城の設計

8世紀、今の大阪は淀川と大和川の氾濫原で、幾つもの三角州がみられる湿地帯だったという。梅田は埋め田で干拓地の名残の地名という。この氾濫原に古代二つの国名、河内国と摂津国がある。その国の境は税金を取る場所かどうか、で決められていた。

三角州が海の干満に現れたり、沈んだりする場所を汀線・渚というが、そこに生える芦の地帯の上部になる乾いた砂場に農耕が行われだすと、納税の対象となり河内国に併合される。摂津は港のことである津を摂・執り行うエリアを示すこと。洪水の度に新しい土地が誕生していた氾濫原は、神の創造の地と人々は感じていたのか、大阪城の南にある生国魂神社は生國足國イククニタルクニ、八十島ヤソシマの神で難波総社といわれる。生まれたばかりの土地、芦・アシの生える土地を創造する神に思える。自然の営みへの敬意がみえる。この神社は神武天皇の上陸地だとの国家創設の基点の伝承をもっている。太田川河口の景色もおなじような八十島の地であった。

納税地ではないが、なかなか使えない所有不明な場所を五家荘と呼んだと柳田国男は語っている。広島城はそのような、五家荘(五ケ浦)の地に設計された。

五家荘と呼ばれていた三角州に、広島の町を造る設計作業の基点が広島城天守閣の位置にある、と思える。

古代最初の国家は大阪の氾濫原を離れて、東の奈良盆地の南隅の飛鳥に藤原京として作られた。その都城はのち北上して平城京や平安京などになる。

京都の三条から東へR143で峠越しに込み合った住宅地の山科へ入ると天智天皇御陵の石柱を見つけた。4車線の込み合った国道と御陵参道の緑との対比が印象深い。もっと印象深いのはここから約60km南になる兄弟といわれる天武・持統天皇御陵と135.80分の子午線上にあるのだということだった。この1/100分の誤差もないラインは聖なるラインと呼ばれることもあるようだ。

d0089494_18083745.jpg

真北と真南を結ぶ子午線を古代の都城の設計者たちは重要視していて飛鳥から平安まで作られた都は真北を中心線にしている。磁石で測る磁北は各地で幾分か西へかたむく。広島では約7°西へかしいでいる。子午線は太陽と星、宇宙の運行により計測されたという。

d0089494_18112010.jpg

広島の都市構想は太田川の砂州の上にされた、その分自由な設計図が描かれただろう。その設計基準は天守閣の位置に向かってそのころの汀線であったいまの平和大道から引かれた、そのころの白神通り。紙屋町そごう前の紙屋町西電停からエディオン広島本店側へ延びる道、いまはホテルで視線は遮断されるが、天守閣がランドマークだった。西紙屋町電停の位置あたりに大手門への門が置かれていた。このラインは東へ15°程も傾いている。真北を設計ラインにしないことは、どうしたことだろうか。天守閣のポイントと何かを結ぶことで地表にラインが現れる。そのもう一つの基点をさがしてみる。

d0089494_18123634.jpg

広島の都市設計に三本のパラレルなラインがあったようで、西から広島城天守閣の南の大手町通りとよばれた道、紙屋町交差点から白神社前電停への電車道、西搭川であった道、そして東に広島城東堀だった八丁堀の南詰めの八丁堀福屋の西にある金座街の西側から並木通りへあった平田屋川を埋めた道になる。

浅野藩時代広島古図に挿絵で書かれた神社が三つあって、白神神社ともう一つは白島の碇神社、そして浅野藩のよって創建された二葉山の東照宮。白神社は西搭川の設計基点とすれば岩に張った白紙伝承も航行の目印というより、都市計画のマークとかんがえたほうが、汀線の内側になってそばには平地が出現していただろう岩礁の使い方にそうのじゃないだろうか。が、神社と天守閣のラインは基本ラインにならない。聖なるラインがあらわれてこない。設計図を現実に建設するとなると、極北を基準にすることは測定技術があれば進めやすいのではないのか?とおもったりする。

d0089494_18130998.jpg

古代都城の聖ラインは西へ0.4°傾く。150歩真北へ歩いて1歩横にすすむほど、(tan23‘≒1/500)の誤差。磁石では針が短いことで西偏を計算しても精度はでない。北極星は真北から古代には10°ちかく振れる。

その為太陽が最も短い日、夕刻・酉の時刻(午後6)、明け方・卯の時刻(午前6自)に垂直に立てた棒によってできる影をはかる。この測定を数か月後にまた観察し極北を導いた。(日本古代の位置と方位 宮原健吾、臼井正)

古代遺跡・ストーンサークルから導かれる冬至の日、手のひらの線が薄明りに浮かぶことで時が見つけられた「たそがれ」「かわたれ」時。古代人の時間が自分を包みだす。

子午線ラインが広島にもある。

厳島神社大鳥居の極北に極楽寺があり、南に大聖院が鎮座する。厳島神社の本殿の真南に弥山山頂がある。極楽寺は東大寺建立大僧正・行基創建と千手観音像制作の伝承がある。後日弥山で唐から帰国して弥山で修行した空海は行基の刻んだ観音の開眼法要をとりおこなったという。

d0089494_18113121.jpg
d0089494_18112794.jpg

牛田・不動院も行基創建伝承があるが、行儀が制作した伝承の毘沙門天を祀っている毘沙門堂のある緑井・権現山が極北にあたる。初虎祭はとても賑やかですね。

d0089494_18241214.jpg

行基は和泉の国いまの堺市の生まれ、仁徳天皇陵古墳のそば、計測設計はお手の物の古墳建造者たちの子孫かもしれない。

子午線を山からを基点に、土地からに浮かび上がらせ神仏を、また祖先をそこに置く。変わることのない不滅の宇宙から引き込むライン。このラインをなぜ、新しい都城に毛利の人々は置かなかったのだろう。白神大手町東リ、西搭川、平田屋川、流川、薬研掘、美しくパラレルに海へ向かって開削されている。これほどの土木技術をもってして、何故に子午線を無視したのか。

聖なるラインなどと人々が語りだすと、正に「聖」なる行いとしてレジェントとなる。この人々の心を動かす宗教的な、また政治的なエネルギーを必要としない毛利という一族のそのわけをしりたい。


[PR]
by forumhiroshima | 2017-05-02 18:25
<< 広島、本川開削運河説 コヒチロウの走り方-1 広島”の起点 >>


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧