こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
You ought to..
by parajumper at 15:36
Latin shema..
by williamyb4 at 13:25
louboutin pu..
by christian at 10:00
I blog frequ..
by ray ban ne at 13:12
Heya i'm for..
by canada goo at 09:04
http://silde..
by sildenafil buy at 23:40
Laterget htt..
by oripsojo at 20:23
http://www.g..
by nike roshe at 00:14
http://www.w..
by nike mercu at 11:58
Indelicate ..
by allanjy4 at 08:37
メモ帳

神話をたどる

大浜に上陸したヒメ神の神話ともう一つ益田にヒメ神の神話がある。益田の市街地から益田川をすこし上ると正面にアンテナのある比礼振山のあるヒサメ神社のヒサメさまがその主人公だ。

ヒサメといえば三瓶山のヒメ神なんだけど,益田にもヒメ様が降臨しておられる。
このヒメ神はソシモリ(韓の国)から赤い雁にのってこられた。三瓶山の男三瓶と女三瓶の間のピークに赤雁山と名づけられているのも,この神話からなのだろう。

益田・比礼振山の西,大浜の海岸から山中へ東にはしると赤雁というところがある。
益田へ大浜から走るのに,この神話からの地名だろうと予想できる赤雁に入った。さほど広くない谷間で田んぼももすくないちいさな集落にアカカリ農村の里という建物があって,休館になっている。結構あついので玄関の販売機でコーラのボタンをおすと,なんともう一本と当たりになっている。でももう結構なんで,何にしようかと,水をもとめたが置いてなくて,オレンジジュースにした。けっこううれしい。

さてと神話の残映でもと,地図にある神社をさがすと,目の前のちいさな丘に鳥居があった。帳面の鳥居の階段はすっかり草がしげって,そのよこのあたらしくコンクリートで固められた道がのびている。
ひらたく整地されたひろい境内のすみに祠がならんで,そのそばにイトスギのような,ゴッホの絵のような古木が一列に三本ならんでいる。その正面にさきほどの農村の里の建物の屋根がみえ,そのおくに,この境内よりたかい三角錐の小山がそびえていた。

そのすぐそばに川が蛇行してくだっている。

このごろ,走っていて,アレーここはどこか違う景色だとおもうことがある。そこには,おおきな岩が重なっていたり,古木と祠がかくれていたり,して,神々のおわす場所の景色に共通するなにかを感じるようになってきた。ちょっとオカルトぽくて,怖いような,ワクワクするような気持ちだ。

そのナニカをこの里にかんじてしまった。きっとここは聖地てあったことがあるにちがいないと,。

赤雁の集落からひとつ尾根をのぼると大草というところにでる。広域農道ができて,すっかり現代の景色なんだけど,そこの尾根の神社によってみた。じつは,先ほどの赤雁の神社とこの大草の神社と比礼振のサヒメ神社は一直線上にあるのだ。
赤雁の神社からは比礼振山の山頂はみえなかったが,隣にあった円錐の小山からは見えたのじゃないのだろうか?と引き返したくなったけど,わが足はもうダメと叫んでいた。
d0089494_18161465.jpg

[PR]
by forumhiroshima | 2007-09-13 18:16
<< 出雲・スサノオの記憶 海へ >>


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧