こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
You ought to..
by parajumper at 15:36
Latin shema..
by williamyb4 at 13:25
louboutin pu..
by christian at 10:00
I blog frequ..
by ray ban ne at 13:12
Heya i'm for..
by canada goo at 09:04
http://silde..
by sildenafil buy at 23:40
Laterget htt..
by oripsojo at 20:23
http://www.g..
by nike roshe at 00:14
http://www.w..
by nike mercu at 11:58
Indelicate ..
by allanjy4 at 08:37
メモ帳

<   2007年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

足跡

石見・大田市・大代の大家から,石見中通り往還をたどって,大江高山の西の鞍部,川上峠越えに向かうことにした。名のとおり川をさかのぼるルートで,川の名は大家までは八反田川と呼ばれ,大家からは大家川に変わる。八反田はヤハタと呼ぶのだろう。
大家には石清水八幡神社が巨木の杉の森に鎮座してある。

ここに八幡神社が出現するのは鎌倉時代だという。九州・国東の宇佐八幡でなくて,京都・石清水八幡からの勧請。大家の北,仁摩の大国にある石見八幡も京都からの勧請で,大田市の喜多八幡もおなじ系列。喜多八幡のある場所が諏訪というのだそうで,元は諏訪神社だったのでは?という。諏訪神は出雲の神々に列せられる。八幡は後の渡来の神。中世にこの土地にあたらしい勢力が広がってきたのかも。目の前の景色はそんな昔から,ただ屋根のワラぶきが赤い瓦にかわった,程の変化かもしれない?とおもうようなものだ。川の名を八幡と書かないことぐらいが,抵抗だったのだろうか。

ここに江戸時代に銀山・銅山を支配した江戸幕府の代官さまが各地の鉱山視察に巡回したルートが石見中通り往還。大家から真北へその往還は登っている。大江高山を登ってゆく真っ直ぐな道は島根県の旧街道では,江戸時代に往還になったとあった。それまでは大江高山の東,祖式という集落を経由していたとあった。祖式は平野にひろがる田園の中にあって,どうして往還のルートは,こんな山中の峠にかわったのだろうか。

道は舗装から地道になって,それから幅一間ほどにすぼってきた。それでも,古道の枯葉のしたに埋もれていても,靴はしっかり地面の固さをかんじている。標識のない山道ではそんな感触だけが,たよりなのだが,道にひろがった落葉の中央に,その枯葉が裏返って,黒々とした一本の線がのびている。

人が歩いたと感じるより,そーっと道に風をおこして印にしたような,浮いたような,すこし眼をこらさないと,失ってしまうような,線がつづく。
この先行き止まりやブッシュになると,肩にのっかってしまった自転車をうらむようになってしまうが・・。でも靴底はやはり,しっかりとした地面をかんじている。

ガスが森にただよって,妖精がおどって降りてきそうな,湿り気が配いっぱいに満ちて,それに森が照葉樹の木々であるせいか,水滴が枝で,葉もずぶぬれで光っている。

道が荒れてきて,ここから廃道??と思ったところに,地蔵堂が現れた。ここが峠の頂上になるにちがいない。祠にはまだあたらしい献花。お堂を守する人がおられるようだ。
くだりになると,放置された田んぼがあらわれ,シシ垣根を木柵でつくった小屋があらわれた。手元の国土地理院の地図に峠にぽつんと民家にマークがあったことを思い出して,ひろげるとその民家マークと,すこし下ると三軒のマーク。
道はおなじような幅でくだってゆくと,拡がった谷間と人家にでた。ここも棚田であったろうその谷間はすっかり草が茂るにまかせてあるが,すぐの民家は人の暮らしている気配。が留守のようす。その谷を見渡す場所に切り株が道端にデーンとおいてある。濡れてはいるが,腰掛けて休むにはうってつけ。きっと留守の人家の主人のイスなんだろう。

まだ雨は霧のようにただよっている。そのことがお椀をふせたような正面の峯を神々しくみせてくれる。すこし下のみえる,きっと廃屋になった民家も,その荒ようを隠してくれる。そばに梅がならんで,その向うに桜もわかる。ここの春の景色を見てみたいとおもった。

正面の峯には城があったという。石見銀山をまもる城であったと。
石見銀山では銀とおなじく銅も産出している。また銀を取り出すのに鉛といっしょに溶解していたという。石見銀山ネズミ捕りというクスリがあった。津和野の銅山も,どこでも公害が鉱山にはつきもの。ネズミ捕りという劇薬がでいる鉱山に公害がなかったはずはないと,そうして,その公害の被害者の痕跡は,大森の町でなくて,銀山の南にあるのでは?と,じつは,その痕跡を探してルートを決めている。

というのは,銀山の中心地・大森は銀山の北斜面にひろがる。銀山には往時20万人ともいわれる人々がいたと。その数が大げさであったとしても,大森周辺にそんな広さはみられない。
産出した銀はなぜか,南の峠を越して,尾道や温泉津へと運ばれる。また代官の巡回ルートが江戸後期に銀の産出がすくなくなってからとはいえ,こんな山中にある。なにか・・ある?
銀山の中心・仙山の南斜面に今入るルートはない。

銀山のいろいろな情報があって,この銀山には公害はなかったとあるのが多い。あのネズミ捕りも,津和野の銅山のものを石見としたという情報もあった。

以前九州の八代の海へいった。水銀での公害が大変な状態であったころだった。津和野の銅山に入ったとき,その銅山を経営していたおおきな民家で,もう誰もいってないと案内の人が話しておられた。八代と鶴の関係!!。

切り株から立ち上がった。地図ではこの谷の周辺に民家はここの三軒のみ。その二軒は廃屋になっていた。最後までここに住まわれることは,この景色があればいいのだと,思うけど。ここにはじめて入植してきたという訳は・・・?
d0089494_13581410.jpg

[PR]
by forumhiroshima | 2007-01-28 14:02

白鳥

石見の地名に久具という名が記載されている。大田市大代に含まれている。そのクグという地名について「大昔ホムチワケノ命がこの周辺を訪ね,八代の山辺八代姫命神社に参拝したところ,それまでものの言えなかったこの命が,突然クグと言葉を発したのでつけられた」とある。

ホムチワケ命についての古事記の記載をおもいだした。
父・イクメイリ彦(垂仁天皇)と母サホ姫のあいだに子がうまれようとしていたころ,サホ姫の兄サホ彦が皇位をうかがって謀反をおこし,防禦施設にこもった。身ごもっているサホ姫もここににげこんでしまった。イクメイリ彦がこれを攻めると,サホ姫は出産していた。火がはなたれた中に姫と子供をみつけたイクメイリ彦は家来に二人を奪還させようとしたが,生まれた王子はみつけられたが,姫は帰ろうとはしない。イクメイリ彦は火にむかって叫んだ。子供の名は母がつけるものだ。名を言ってくれ!火の中でうめれたのだからホムチワケにしましょうといって,火中でなくなった」
このホムチワケは成人してもものがいえなかった。ただ白鳥が大空を飛ぶのをみると,口をパクパクさせる。父はその白鳥を捕まえさせてみせたが,やはりものは言えなかった。そこで占ってみると出雲の大神に祈れとあって,拝ませると唖がなおった。

出雲風土記ではアジスキタカ彦という神様はヒゲがのびるころになっても,泣きどおしで,ものがいえない。そこで舟にのせていろいろな場所であやしてみると,出雲・仁多の三沢で泣き止み,ここだといったという記載がある。

久具の地名は地図とはでてない。小さな地名は現地でしかわからないのだけど,実際には訪ねる人影もまばらで,あったとしても,わからないことが多い。たとえば不燃物の集積地とか,バス停,また電信柱の表札などでみつけてきた。ここではこの方法は通用しなかった。
久具は八代という大字にある字らしく,山辺八代姫神社の所在地が八代だろうかと。神社へ。神社は小さな登りのむこうにある集落・飯谷で人影をさがしてみたが,小雨とあって誰にも出会わない。大江高山にガスが一気に上りだし,すこし気温があがってきた。
ガスが上空にあがってゆくと,山中腹にまるでお城みたいな民家をみつけた。登りにうんざりでも,ママヨとあがってみた。すごい展望とすごい農家。長い時間と営みなくして,こんな高台にこんな住まいはできなかろう。と感心した。

山辺八代姫神社は,だっだぴろい広場のような境内で,賽銭箱に神社の名があって,ほっとした。ホムチワケが参拝したということは,もうはるか昔のもっと前って感じだった。
参拝を終って,ふとホムチワケの白鳥はハクチョウではなくて鶴では!と。

鶴の飛来地として九州では熊本県の以前は出水,今の八代市。八代湾に面した場所。もう一つ山口県では熊毛郡八代。
帰って,島根県仁多・三沢のそばの地名をさがしてみた。すぐ北に出雲八代がみつかった。

白鳥・シラトリはもう鶴だと!。
ここ石見・八代に鶴が舞い降りていたことが,あったのだろう。秀麗な大江高山に飛来する鶴の群れ。石見・物部神社の神様も鶴にのって降りてきている。
いま大江高山にのぼる真っ白なガスが,鶴の群れにみえる。すっごい!
d0089494_17472660.jpg

[PR]
by forumhiroshima | 2007-01-26 17:51

石・イワ?イシ?

石見のイワが石の字になってる。岩ではない。
こんなことが,石見では気になっている。出雲だって,名の由来はわかってない。もちろん石見もそうだ。

イワが気になるのは,益田に天石勝神社がある。石はイワと読むのだろう。浜田に大祭天石門彦神社・オオマツリアメノイワトヒコがあってここはイワ。神社の後ろにおおきな岩壁がある。もうひとつ石見天豊足柄姫命神社。この石見が国名の由来という説もある。

仁摩から東へ潮川をすこしさかのぼると宮村という地名がある。ここに竜嵓山リュウガンザンという岩が塔のようにいくつもならんでいたり,岩壁がそそりたっていたりする山があって,ふもとに石見八幡社がある。海岸に神楽八幡神社があるから,石見八幡社とおなじ地域に八幡がふたつあるのは,大田とおなじで古い八幡と新しい八幡があるのだとおもう。
祠になるのだが,仁摩には国分寺霹靂神社ヒャクレキジンジャが丘にあって,ここが石見最初の国府があったという。五十猛から大屋の逢浜川に国分尼寺霹靂神社があるという石碑にはびっくりした。最初の国府はスナノオ上陸の大浦であってもおかしくないか?

国府は次に浜田の海岸の丘陵にうつされたことになる。そして石見の中心は御神本氏という豪族が強くなって益田へと移している。石がイワと読まれて,新しくなるとイシになっている。

大森銀山で掘った銀は仁摩に運ばれていたようだけど,江戸時代幕府が天領として支配してから南の温泉津へと運ばれたようだ。

なにか強い圧力が石見の北地域にあって,物事を南へと追い出している,と感じる。古代山陰道におかれた駅は浜田の北・伊甘までのようだ。
その圧力は石見開拓の歴史なのかもしれない。その最初の中心にスサノオとその子供達がいるように思う。

仁摩から北隣の宅野へ入った。石見といえば赤い瓦に白壁なのに,ここ宅野はすべて瓦が黒い。ここでは焼くとあかくなる土がなく,黒くなる焼き方であったという。
庶民の家まで瓦にすることが出来たのは,おおざっぱにいえば明治になってから。そして石見赤瓦が生産されはじめたのは明治10年からだそうで,やはりそれ以前は黒だったのだろうか。
宅野はタクハタ姫という女神の名からだという。この女神は着物の神様だそうで,木の皮から繊維をとって布にできるのだ。町には八幡宮があったけど,この女神の所在は知れなかった。
町は白壁がうつくいい家並がしっかりのこっていて,石見の海岸ではめずらしい。

体が小雨に冷えてきた。仁摩の海岸どうりのあるちいさな魚屋さんへ。ここのおばさんのつくるサバ寿しは知る人ぞ・・。といっても自分は二度目。だが,寿しはなかった。広島での島根フェアーに出店するから,買いにこい!だそうだ。ならば生のサバをもとめた。たしかに日本のサバ。ここでもノールエー産があった。ほんとはどちらがうまいのかと,つまらない質問をしてみた。はっきりいって平均点はノウルエーだそうです。
仁摩は漁村風で路地も迷路のよう。
いまでてきた宅野のありようは,整然としている。すっごく昔から瓦を屋根にできるような人々の集落であったのかもしれない。もうすこし石見の古代の痕跡をさがしてみたい。

d0089494_1336595.jpg

[PR]
by forumhiroshima | 2007-01-22 13:37

大森の石見銀山

世界遺産登録間近といわれる,石見銀山の海岸から山中へと走っている。

銀山について,二つの疑問がある。
一つは銀山開拓の伝説についてだ。
「14世紀初頭にはここに銀があるで開発がはじめられていたのだが,本格的な開発は戦国時代になってからである。博多の廻船問屋神谷寿貞が,仁摩町宅野の沖合いを航行中に,南の山が輝いているのを見つけ,出雲,大社町鷺浦の銅山主三島清右ヱ門とともに1526年に入山してから(島根県の歴史散歩)」

山が輝いているのに気付いて・・が一番おかしい。銀山のある仙山の西にとてもめだつ二つならんだ山・大江高山があって,この山は航海するときの目印になる,アテ山として知られていたという。この沖を航海したり漁をしたりする人々が必ずみている。その後にこの大江高山よりも高い仙山のかがやきなぞに気付かない人はこの16世紀まで,いなかった,なんてことはナイダロウ。
古代金属をもとめて上陸してきた神話の主人公スサノオとその家族はすでにはるかむかしこの山を見つけ出さなくて,神話の主人公などになれるはずがない。息子のイソタケ,娘のオオヤヒメの痕跡はこの山をめざしているのじゃないか!

二つは銀が産出されだして,その銀を運び出す港が,毛利氏の占有,そして後の江戸幕府と,山越えをして温泉津になったこと。
開発の伝説にあるように,宅野の港が銀山にはいちばん近いし,山越えも温泉津よりやさしい。

銀山入口に城上神社がある。この神社そばに代官所ももうけられているのだけど,この神社へ古道が仁摩(宅野の隣町)から峠越えではいっていた。(廃道になっている)
この城上神社・キガミジンジャは大江高山にあった。それをここに移したといわれる。


高山の麓に海岸から細い線で道がはいって突き当たりに神社マーク。この神社は出雲大社や佐多神社とおなじように,また近くの大浦にあるスサノオの韓神新羅神社にもおこなわれるウミヘビを奉納する神事がいまもおこなわれている。乙見神社という。

仁摩の町へ海岸そばにつけられた車道をとおって,なぜか皇太子殿が浜を展望したという展望台をすぎて琴が浜へ。鳴き砂は仁摩でなくこの浜のこと。なぜか鳴き砂ミュゼアムは仁摩にあるのだけど。そんなことはいいとして,ここの集落が北側が神子路,南は馬路,その次の岬を抜けると神畑。
神子路と馬路の中間になるのか小さな小川と郵便局があって,そこからJRの下,珍しい,きれいなアーチのトンネルをくぐると,神社への参道になるのか,畑のなかの一本道。数軒の集落と駐在所。エーこんな民家のなくて,正面はJR路線の土手の駐在??。ここらを鳥居原。

雨ですこし疲れて,上がるのがきつかった神社は,江津のやはり山中の谷奧の神社とよくにていて,もし,古代部族がいくつかこの地方の海岸に出現したとしたら,あの江津の神村の人々と同じ部族だろうと,えらくなっとくしてみた。

ここにはもう一つ伝説がある。この高山にあった大師堂からお盆に琴が浜の住人たちは,踊り始めて,この坂をおどりながら浜にでて,踊りならが夜を明かしていたと。その大師堂そばに池があるという。辛くなった坂登の途中に干上がった池とそばにおおきな平地があった。なにか大師堂の痕跡と,あがしてみた。すこし登るとりっぱなお墓が四基ならんでいる。
その墓標がすごい。「五代目琴ケ浜惣之助」「琴ノ濱金治郎」「京 十四太郎」「金碇 吉士郎」
最初,お相撲さん??
いや,きっと,海にむかって,踊りながらくだってゆく人々に踊り歌をなげかけた人たちにの墓標ではないか?
銀山の銀なんぞ,いつ発見されようが,どこから運ぼうが,ここには,この歌と踊りがあったのだ!自転車なんぞより,踊りたかった!!よ。
d0089494_20245836.jpg

この踊りはきっと,無礼講で賑やかで,警察はこまったのだろうな。だからここにあるのだ!
[PR]
by forumhiroshima | 2007-01-20 20:26

鬼村

大屋姫のおられる大屋へ入るまえに,イノシイ君遭遇峠をくだって三叉路を,鬼村へと進路をとった。

山中の集落の中心地には,郵便局とお寺があるものだ。そして,その前が旧道になっている。このパターンは鬼村には通用しなかった。簡易郵便局と保育所があった。子供達がまだここにはいる!のが,うれしい。

集落は川沿いのすこし開けたところに点在する民家。その大半がこだかい尾根ちかくにある。目指すは鳥居マーク。
直線の道路がカギ型にまがるところにこんもりとした森があって,どうも鎮守の森。

その森をはさむように,エーって感じるほどのおおきな農家が白い塀でかこまれて二つならんでいる。そのなかに大歳神社があった。石見でははじめて,真新しい出雲仕様?のぶっとい注連縄がつけられて,まだワラは青い。これも,うれしいことだった。

神社一角はどこか不思議がただよっている。神社のトイメンにちいさな地蔵さんの祠があって,そこから,まあたらしいコンクリートをひいた小道が,もう白くなってきた竹薮にはいっている。
もうすこしすると,竹の落葉の季節,そのあとに梅が満開になる早春。の予定が今年はちがっているかもしれない。

などと,自転車をおりて,そのコンクリートへはいってみた。

おおきな杉のもりと竹薮にぐるりと鉄条網がはられて,その一部を切って,鉄製の扉。厳重さで何かとのぞきこむと,杉の根元はすっかり耕されて,ヌタヌタ。ここもイノシイ君たちの場所らしい。

鉄条網とコンクリートの空間がぐるりとまわって,森の中央がスッポリぬけおちた,雨でなければ明るいだろう広場にでた。奧にずらりとこけむした墓石が林立している。りっぱな墓地にでた。

道路にかえる道順をおおきな民家横にしてみる。いくつも籾の袋がつみあげてある。ここが豊な土地だと主張しているようだ。

傘をさした老婆とであう。どちらさんでしたかいな?。いつもの田舎のあいさつ。どこどこの誰平なんて答えなくていい。雨がうるさいですね。わたしはバスにのりますけえ。気おつけて。どちらさんも。きゅうに,どちらからきなすった?。大屋へゆきます。・・・これで会話になる。すこし警戒されたのかも?出てゆけば問題ないのだ。
d0089494_1362219.jpg

森のおおきな木が道路まではみだした木陰に消えていった。
[PR]
by forumhiroshima | 2007-01-19 13:08

逢浜川・オウハマカワ

昼からはあがるという小雨の予報に,また石見へと。
神たちの神話がなぜかいっぱいにひろがった日本海・石東の海岸ちかくの湯迫温泉に駐車。小雨でもここに帰り着けば天国,といった軟弱設定で予報はずれの保険をかけておいた。

スサノオのこどもたちが大浦から,神別れ坂というロマンチックな登りから,イソタケとオオヤ姫はその坂をくだったところに河口のある逢浜川にでたようだ。
そこの五十猛の集落にイソタケ神社がある。

今回は妹・大屋姫の名のその川上の集落・大屋へ温泉のある仁摩から山越え。

この山越え山中でイノシシ君に正面からであった。峠中腹にヌタバをつくっていたイノシイ君,まだ子供のようだけどウリ坊でなくて,クログロとしていた。ヌタバの傾斜でうしろすだりできないようで,バタバタしている。これは写真とらなきゃ!と,フラッシュたくと驚くのかと。
残念ながら驚きもしなかったし,写真は暗すぎて(おそれて,離れすぎてか?)まっくろ。
せっかくの猪年の年初のであいだったのだけど。あとで,そばに親がいたら・・・!

もう一度の登りからすぐ,地図にある鳥居マークをみつけた。めずらしく鳥居に神名がある。大屋姫神社。拝殿は出雲様式なのかぶっとい注連縄。川下を正面に鎮座されていた。

姫神ののぼったであろう神話の川を下ることに。
田んぼの中にかくれるような細さでくだってゆく。この国に上陸して荒野とすすむには,山の尾根をたどるのだそうで,川沿いにつけられた車道を自転車で走るなんて,とっても安易だとは思うのだけど,安易がすきだ。

景色は枯野を見渡すといったことで,民家も点々と山際にあるだけ。そんな中,ウーンと音がきこえて,ホークリフトが車道までうごいている。おおきなテントとあたらしい事務所と,尾根ぎわにおおきな送風菅。ウーンはそこから聞こえてきた。三菱金属とある。鉱山なんだ。

そろそろ,河口になったか?とおもわせる。あの海が近いとおしえる空。でもまだ小雨がおちてきている。道端にあたらしい石碑。「国分寺霹霊神社」とあって正面の尾根に古代の神社があったと記される。主神は別雷神とあった。この神様は強風を利用して製鉄など溶鉱炉をつくり産鉄したといわれる。その光が稲妻にみえたのだと。

スサノオは韓国から製鉄の技術をもちこんだ人々だという。韓からの出発点が古代製鉄の中心であったウルサンということでも,とそんな説をおもいだした。鉄が自然界から入手するに難しい金属の一つだとあって,その技術はきっと神業だったのだろうか?

川が大きく蛇行するその内側の小山にイソタケ神社が南,川上にむいて鎮座してある。

神々が上陸した大浦のそばにながれこむ川だからオウハマガワ,で,逢浜と名つけるのは,ロマンチックだとおもっていたのだけど,大屋姫神社からほとんど直線にくだる川はもしかするとこのイソタケ神社と対峙していて,イソタケとオオヤヒメは逢っている設定では?

地図でこの二つの神社を直線で結ぶ。西に約7度かたむいて南北。だとすると,地図はこの地方では西に7度かたむいて南北になるのだから,大屋姫神社から北極星をみると,地上にイソタケ神社があることになる。
ついでに,南へと落としてみる。

そこに大森銀山の仙山があらわれた。降る途中に民家二階に天文台を見つけていた。子孫達だよな!!
[PR]
by forumhiroshima | 2007-01-18 14:42

神の名

日本書紀に「五十猛神,天降ります時,多に樹種をもちて下りき。しかれども韓国に植えづして,ことごとく持ち帰りて,ついに筑紫よりはじめて,すべての大八洲国のうちに播殖して,青山に成さずということなし。この故五十猛命をたたえて有功の神となす。すなわち紀伊国にまします大神これなり」
また「スサノオの子,号を五十猛命ともうす。妹は大屋津姫命,次に抓津姫命。すべてこの三神,また能く木種を分布す。すなわち紀伊国に渡し奉る」とある。

石見・大田の海岸,大浦,五十猛に上陸した神々の神話は紀伊の国・和歌山でもあることになる。

おなじく,日本書紀に「スサノオ,その子五十猛神をひきて,新羅国に降到りまして,ソシモリの所に居します。いわく,この地は吾居らまく欲せじ,とのたまいて,遂に埴土をもって舟につくりて,乗りて東の方に渡りて,出雲の国の斐の川上に所在る,鳥上の峯に至る」ともある。

上陸地点は出雲になっている。五十猛は和歌山・出雲ではイタケルと読まれて,石見のイソタケとはちがっているのだが。
そのイタケルは出雲風土記が羅列する神々で韓国イタテとある神社が6社。イソタケ・イタケル・イタテとおなじような名が古代記憶されているのだ.

韓国からやってきた渡来の神にツヌガノアラヒトがいる。北陸の敦賀にわたってきて,ツルガという地名をのこしている。そのアラヒトが敦賀をでて,「嶋浦につたよりつつ,北海より回りて,出雲国を経て穴門(下関)に到る」時,ここの王だとなのる人物がでてくる。伊都都彦・イツツヒコと名のっている。それから時がすぎて,天皇が下関へ九州の敵と戦っているとき,降服にあらわれた人物がいる。五十ト手・イトテという。

スサノオは出雲風土記では須佐の神様として記載されて,それ以上の活躍はないようだけど,古事記にはアマテラスオオミカミの弟とされる。

神話は土地にあるもの,それを中央が都合よく編集したものだと,いわれるが,たしかに,その地元でのつじつまがあわない。

古代も今の人々は移動する。その人々がそれぞれの神話を運んだのだろう。そこで,記憶がウズのように混在してきたのだろうか。

スサノオの石見の上陸地点にある韓神新羅神社は岬にかこまれて静かだった。浜からすこし小高い場所に鎮座する神社の鳥居がすこし浜へと傾きかけていて,長い時間をすごしてきたのが見える。この神社は出雲大社や佐田神社とおなじく,神在祭の時期,うちあがるウミヘビを御神体にしているという。ウミヘビははるか沖縄の海から海流にのってやってくるのだそうだ。古事記も日本書紀も知らなくても,神々は人たちには見えるのだろう。
d0089494_167116.jpg

[PR]
by forumhiroshima | 2007-01-15 16:08

神々の上陸地点

山陰の海岸には古代の記憶がちらばっている。
大田市・静間川の河口にも,その南にひろがる浜にも,古代の神々の上陸地点が点在している。

芸北町から店にこられたお客さんは昨年,雪が背丈ほどあったのに!と。彼はヨットの設計をされていたが,今は山ごもりだそうだ。雪はやはり,なくちゃ!中国山地越えもこの雪不足がこちらには幸いして,ラクラク日本海にでられる。

静間川の河口の南側は平という地名。平は比良ともあって,黄泉のひらさかはあの世との連絡道。なにやら古代の匂いがしてくる。その南の魚津の集落の海岸におおきな洞窟がある。
万葉集にここにオオクニヌシとスクナヒコナが国造りを相談した場所とある。静間川をさかのぼると物部神社の南に比良神社があって,ここもオオクニヌシとスクナヒコナを祭っている。そして三瓶山の立石にスクナヒコナがおられた。出雲の神々が点々と痕跡をのこしているようだ。

魚津へは急坂をつっこむように下る。小さな集落は冬の風を正面にうけとめてうずくまっているようだった。浜からもどると旧山陰道で,静間社がある。もとは浜にあったのだそうだ。旧山陰道は国道9号線と交差してJRの路線にそって南下してみた。
逢浜川のちいさな橋をわたる。川沿いの小道はJRのガート下をくぐっている。丘になった住宅地に五十猛神社があった。ここらは五十猛という集落の一部。住宅の中の細い路地をゆくとまたJRと交差する。路地はうねって田んぼをぬけガード下,五十猛駅にでた。

正面に岩山が二つ。これをくりぬいて国道がはしっている。岩山に彫りこめられた祠がみえ,またここに弥生時代の古墳があったと石碑がたっていた。五十猛の集落でちょうど葬儀がおこなわれているようで,喪服の一団が笹をたてて,各自菊の花をかかえて,路地を回られていた。笹の緑,菊の白,黄色,そして老人たちの黒がゆらめいてゆく。ドーンという波音が花火のように,聞こえた。

旧山陰道は国道と交差してまた浜へと下ってゆく。その入口に「神別れ坂」の石碑。旧道はこの石碑のある車道ではなくて,海につきでている磐の尾根にあったようだ。

坂を下り終えると大浦の集落がある。長い浜とそれに句読点をうつような岬。その下に大浦がかたまってみえる。ここも神々の上陸地点だという。

朝鮮半島から舟でスサノオとその息子五十猛,娘の大屋津姫,と抓津姫・ツマツヒメがやってきて,この大浦の神島に。スサノオがここにとどまり,韓神新羅神社に祭られ,五十猛命は隣の逢浜川河口に鎮座,大屋津姫は逢浜川をさらにさかのぼった大屋に祭られ,抓津姫は静間川をさかのぼり,物部神社のすぐそばに漢女神社に祭られている。物部神社から三瓶山へのぼる最初の坂を抓坂という。

物部神社のウマシマジ命は出雲を征服したように記紀にはあって,それだけをみると,余所者って感じ(スミマセン神さま!)なんだけど,これほどドラマチックに舞台装置を今にのこしているってことは,征服者としてあったとは,とても思えない。

大浦の岬をまわると,静かな漁港にたくさんの漁船が繋留されて,その浜の丘に韓神新羅神社があった。スサノオは新羅といっていた半島の国出身みたい。そこの標示に,韓神と名づける神社は国内ここだけとあった。グローバルなもんだ。スサノオの時代まだ米国なんてなかったよな。
d0089494_1923516.jpg


この神々のスポット,自分としては冬,それも雪がふきつける風景の中に神々の舟がやってくる光景を想像していた。神々は風にのってくる!!
芸北に山ごもりしてしまった海の男に,そんな想像を話すと,舟は風が強いと航海できないよ!潮だよ!と,ロマンチックな夢を一蹴,でした。
[PR]
by forumhiroshima | 2007-01-11 19:26

河口

鳥井の集落から旧山陰道を南下して静間川の河口にむかった。
大田の市街地中心を経由した三瓶川と合流した静間川の河口付近はたしかな川幅でくだってくる。河口の浜にでてみて,おどろいた。河口は砂に遮られて,海へつながる河口は3mもない。
三瓶山で水の女神たちをおっかけてきて,その水流はとうとうと日本海にながれこんでいるとおもっていた。

谷間から平地へとながれでた水は,きっと地中へとすいこまれて,みることはできないけど,地下水となって海とつながっているのだろう。
そのむかし,この地は海と川とが一体となった潟であったように思えだした。いまのように町や水田は存在していなかったにちがいない。

そのころ物部神社のある川合は,静間川がその潟にながれこむ地であったのだろうか。

物部の人たちが出雲にあらわれるのは,記紀に西暦30年ごろに,物部十千根大連・モノノベのトオチネのオオムラジが出雲の宝の点検にあらわれる。8世紀に書かれた出雲風土記には,物部一族はすこしだけ居住が記載されている。
先般島根半島をたずねたとき,日本海に面した小さな集落に二箇所,物部氏の神,石上神社を参拝したことぐらいしか,その痕跡はないようだった。

物部神社は社伝によると,518年の創建となっている。
物部氏は587年に蘇我氏と聖徳太子に仏教の国家的布教を反対したことにより,滅亡しており,一族は朝廷に追放された人々と,降服して恭順した人々があったとされる。外物部と内物部といわれたりする。
物部竹子連という人が西暦80年ころ,この地に降臨したウマシマジ命ののち祭祀をつかさどり,その子孫が645年大化の改新によって長田川合氏と名乗り,この大田の領主となっている。(日本の神々7)

河口から静間川をさかのぼることにした。河口からすこし走ったところに神社マークがある。この神社は三瓶山の西原のそばの浮布池の女神,ニエヒメを祭る。三瓶川はサヒメ神社からはじまり,河口から離れているが,鳥井の集落にサヒメをまつっている。
はじまりと終わりの所にそれぞれの川の女神がまつられていることに,不思議がある。

ニエヒメ神社はすぐに見つけられた。松のまばらな境内にあった。その境内にたくさんの車が駐車されており,拝殿の階段は靴でいっぱいになっている。のぞいていると,派手な衣装をきた子供達が走り出てくる。おどろいて,また覗くと,障子があけられ,子供がまたでてきた。同時に笛と太鼓の音がとびだしてきた。子供神楽を演じているようで,拝殿の中は人でいっぱいになっている。子供達の親御さんらしい。

鳥井からここまで,家々にしめ飾りもすくなくて,正月らしい光景に出会ってなかった。いきなりドッカンとやってきた。正月3日に子供神楽,なんだ!!
d0089494_1611532.jpg

[PR]
by forumhiroshima | 2007-01-08 16:13

鳥居

お正月にノーマルな装備の車で中国山地越えできるなんて,思ってもみなかった。
なぜか?水曜日には石見へゆきたくなる。

大朝で高速を降りて,中三坂トンネルをぬけると,道脇にところどころ雪がのこっている。三瓶山の周囲は,雪があるのか?と大田の物部神社へ。ここなら平地で,それにこの神社での暮れから正月にかけての神事が気になっていた。

日本の神々7山陰で物部神社は特別待遇ほど詳しく述べられている。その暮れの神事で,三瓶の名のもとになった,この神社境内にある一瓶社でお酒造りがおこなわれるとあって,12月に訪れたとき,その一瓶社には,そんな神事の跡もなくて,ガッカリはしていた。
また日本の神々の中で,お正月に供えられるものに,ミハシラモチがあるとも記述してある。一斗餅を五枚にかさねて柱にしたものとあって,これを見たくなっていた。

境内は3日の早朝では参拝の人もまばら。拝殿の三方を確認したけど,どこにも見えなかった。本殿裏の八百山へあがってみる。ここにはこの神社の神様ウマシマジ命の後神墓といわれる小石を饅頭につみあげた一角がある。新しい御幣で飾られていたが,その参道は落ち葉がちらばって,とても新年を迎えるといった,リンとした空気はない。
石見一宮とよばれる神社だったら・・・。
神々の領域を,感じることがあるとすれば,それは気持ちを緊張させるなにかだとおもっている。サムシング・グレート,なにか荘厳なもの,が頭を垂れ,柏手をうたせる。

神社をでるとすぐに「古代祭祀遺跡・折居田」という石碑にであう。ウマシマジ命が鶴にのって,降臨した場所だとすると,オリタとは,すこし安易なんじゃないか!などと,不満な気分でおもってしまった。

やはり日本の神々のなかで,物部神社について,「当社の一の鳥居は8キロ離れた鳥居町の海辺にあり,すべての鳥居をこの地区の人々が修理することになっている。また,正月には海辺の人々が海から小石と大量のジンバ(海藻)を持ちきて,御神墓と社殿に供える」と記述されている。墳墓に海藻はなかったが,この鳥井町へ。

鳥井町は旧山陰道が通過している海岸の集落。ちなみにこの昔の幹線道路はいまの大田市街地はとおらない。海辺をぬうように走っている。
鳥井の海岸には鳥居はみつけられなかった。神社の鳥居はおおきな金属製で,鳥居の修理はいらないようにおもっていた。鳥井の集落の浜には鳥居はみあたらない。集落の北に神社をみつけた。

鳥居が参道,拝殿と,なんと4つ。3つは不思議じゃないけど,4つは初めて。
神社の名はどの鳥居にも掲げていない。道路のわきにある神社の由来の掲示は,すっかりあせて読み取れないのだけど,その主際は金山彦命とみえた。もしかして,この神社は佐比売神社かもしれない。

三瓶山の佐比売神社が八ヶ所ということから山麓を数回走り回ってみた。まだ二つの神社しかしらない。

鳥井の集落も西隣の和江も,なぜか正月のしめ飾りがかかげてない家が多い。ふと,無人かとおもってしまってのぞいてみる。営みはみえるのに。

石見では寺院が荒廃してきて,無住はそこかしこ。でも神社は,はじめから無住であるためか,清潔だとおもっていた。
正月という節目に,どうもここはちがっているのだ。
d0089494_1546471.jpg

[PR]
by forumhiroshima | 2007-01-04 15:47


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧