こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
You ought to..
by parajumper at 15:36
Latin shema..
by williamyb4 at 13:25
louboutin pu..
by christian at 10:00
I blog frequ..
by ray ban ne at 13:12
Heya i'm for..
by canada goo at 09:04
http://silde..
by sildenafil buy at 23:40
Laterget htt..
by oripsojo at 20:23
http://www.g..
by nike roshe at 00:14
http://www.w..
by nike mercu at 11:58
Indelicate ..
by allanjy4 at 08:37
メモ帳

<   2007年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

魂の坐

d0089494_13172683.jpg
R54が中国山地の脊梁を出雲へと越えると,急な長い下り坂がすこし平坦地にかわるところに,掛合,三刀屋のまちがあらわれる。山と平野の境のようだ。流域はこの降りが神戸川から離れ,三刀屋川となって,簸伊川へと合流する。

出雲へと流れ,石見とこ国境を作ってきた神戸川の流域は一山越えた谷になっている。
出雲の神話よりも,荒神谷で発見された銅剣や銅鐸があたらしい博物館に展示されて,やはり出雲は大和よりも古くて,やはり古代出雲王国があったのだと,出雲の人たちは確信していることだろう。それは神戸川の流域になるのか?そんな疑問が湧いてくるサイクリングをしている。

古代出雲の中心は,どこであったかと,なるのだけど,なにせ大樹の古木や岩倉,巨岩などを信仰した人々がその痕跡をのこしているとはいえない。だからこそ,大量の銅剣や銅鐸が地中に埋もれていたことも,一艘その古代出雲大国への夢が沸き立ってくるのかもしれない。

自分か神戸川の流域を,古代出雲大国はどこ?そんな眼で見渡してみたかった。三刀屋は出雲風土記でま御門屋(ミトヤ)と記載してあって,そこに三屋神社がある。
この神社の裏の尾根に古墳群があって,そこに出雲では一番古い前方後円墳がある。廃校になった中学校が今は保育所になっている広いグラウンドのそばから,小さな山道を墓所のあいだでぬけると,大樹があかるい空間にそびえて,その根元に古墳があった。そこからいくつかの古墳をその尾根にならべて,静かな陽射しが木漏れ日となって,ちいさな一面の黄色いお花畑にそそいていた。

前方後円墳は大和勢力の証しだと,どこかで読んだ記憶があって,その勢力は吉備の国から中国山地をこえて川上からやってきたに違いないという説もある。だとしたら,ここは古代出雲大国が国譲りを強いられた最初の場所になるのだろうか。その川は三刀屋の川なのか?スサノオのおられる神戸川なのだろうか?

古墳群をぬけると尾根からいったん降りて,ちいさな谷をつめる尾根をこすと小さな谷間が次々と現れ,その谷ごとの尾根の近くに民家がちらばってある。後谷と地図にあった。その尾根を下り終えると仏谷にはいる。神戸川の支流になる稗原川。低い尾根と田園の境にある,ちいさな民家の塊は稗腹町の中心になるのだろう。
これまで,三刀屋の古墳でみたような,疎林とあかるい小さな谷間と赤瓦の横長の農家の景色は,この谷が昔の祖先の埋葬地であったり,かれらがとどまっている魂フル場所であったりという,地名をもっていることに,納得する。

それは石見でもそうであったように,魂となった祖先たちは,その大樹や巖倉を依代として,降臨してくる。そんな大切な場所になるからだろう。この景色の気分を自分は出雲風だと,いつからか確信しだしている。

その景色の中央にまだしりきれとんぼな状態だけど,二車線の車道が田んぼをつぶして切り裂いてある。春山から降臨した神々が秋,収穫をおえるとまた山に帰られると信じられた田んぼをつぶすということを受け入れたとき,
なにかがここも変わったにちがいないのだろう。自分は田んぼと尾根の森との境にのびる古道をはしっている。

ペットボトルを取り出した時,ふと気付いた。この新しい車道は出雲市や三刀屋の町の巨大ショッピングセンターにつながって,ここの住人たちも,またペットボトルの水を求めるのだろうか?この谷にうまれる水を長い間命綱として汲み上げてきた営みが,いつか,シールに記載された場所をしんじるしかない水にとってかわられている。のか?

古代出雲大国も大和へと変化した歴史は,このペットボトルのように,この谷とはちがうもの,よそから運ばれるものを選ぶことになったのだろうか?

三刀屋が御門屋であったころ,この谷間を望んで,御門という名をつけたのではないのか!この明るい空間こそ!!!そう叫ぶしかないようだった。
[PR]
by forumhiroshima | 2007-05-24 13:28

狐の神様

頓原からのR54のくだりは,高速道路化してしまったように,車一辺倒で自転車でチラホラってわけにいかない。自転車は軽車両と分類されているようだけど,交通安全とは自動車優先にほかならない法律のように感じるルートだ。
川沿いにくだる旧道ってのが,自転車優先ライン。波多という集落にはいってみた。集落は旧道を外して,でっかい車道ができている。その旧道との分岐にりっぱな神社がある。波多神社とあってハタツミ命だと掲示してある。
出雲風土記に記載されている風土記社で,この山間地域一帯の神様であるという。そのそばに赤い鳥居が並んだ稲荷神社が新緑に映えてうつくいい。

ハタという地名は石見でも波田という場所もあったり,島根半島の一畑藥師のそばに畑という地名がならんでいたりする。どうしても稲荷神社と古代の豪族泰氏との関係を想像する。
泰氏が京都・伏見に建立した稲荷社はウカノミタマという稲の神様で,ここのハタツミ命の神様とは重ならないようだ。風土記にあるぐらい。古い神様なのだろう。

波多には新しい温泉施設が新しい車道わきにできていると聞いていたのだけど,残念ながら水曜日は休館だった。そばの集落にはいってみた。

昼下がりに人影もなくて,集落のそばのすこし石段をのぼるお寺へあがってみた。無住の様子。そこからながめる家並みは,ほとんどがトタンの屋根が赤く塗ってある。家々はどこもカーテンがひかれて,住まわれているのか?どうか判別つかない。

その向うの車道に時たまトラックが走り去ってゆく。家々が農村のどっしりとした構えでなく,ここがなにかの集積地で商いの集落であるような,寂れた都会風であるように思えてきた。
稲荷神社は泰氏の居住した地域に広がった後,平家の清盛が稲荷のお使いとされた狐をインドの神様で仏教が伝承してきた,人の心臓を食ってしまう怖い仏さまとして信仰したのだという。清盛様らしい。これが墓場の火の玉を狐火ということになったらしい。それで稲荷社をまつれば,その禍から逃れられるとなった。江戸時代に豪商たちが,稲荷社を禍よけに信仰することが流行して,稲荷社は金持ちになれるとなってきた。
稲荷の神様は,どうも強欲とむすびついているらしい。都会的な神様にようだ。
波多が一時の栄光の時間をいまに稲荷社として残しているのだと。想像できなくはない。それにしても,その栄光はほんの一時期であったのだろう。豪邸らしき建物はみられなかった。

寺の石段をおりると,老婆が電動三輪車で走り去っていた。

急に,なにかこみ上げてくる。寂れたとはいえ,この街道脇に連なる家々は清潔に家も道も維持されて,崩れ落ちる風情ではない。でも,寂しいのだ。

自分の青春であった1960年代から1970年代初頭,フォ-クソングが流行していた。そんなフォ-クの一節が浮かんできた。

  胸にしみる 空の輝き  今日も遠く眺め 涙を流す 
  悲しくて 悲しくて  とてもやりきれない
  この やるせない モヤモヤを  誰かに 告げようか

あの時代失ってゆくものを,こんな歌詞でさがしていたのだろうか!
えらく感傷的にさせる場所だった。
d0089494_13114178.jpg

[PR]
by forumhiroshima | 2007-05-24 13:13

国の境

石見から出雲へと入っても,国の境が定かにはわからない。山脈とか河川とかがあれば,わかりやすいのだろうが,この二つの国の境は判然としていないようだ。
出雲風土記に頓原に国境警備隊があったとかかれている。今R54そばに琴引スキー場ができているその琴引山の東にある草峠がその関所で,警備隊はそのためにあったようだ。今の国道は西に赤名峠をトンネルで通り過ぎる。

この頓原はいかにも駐屯地とトンみたいな名だとおもっていたら,この町の神社が由来八幡神社で大田市の八幡神社からの勧請ってこともあって大田八幡と称していたり,後に京都石清水八幡を勧請していたりと,なにやら神様が交錯している。
風土記にある警備隊の時代から石見からの物資の交流の時代がかぶさってみえる。銀山から江戸へ銀を輸送する陸路もこの土地に入ってくる。

この赤名・頓原の盆地は出雲へと流れる神戸川の源流域で,出雲の国になることは当然のことなんだろうが,八幡のように石見の顔も見え隠れする。というのは,頓原から西へ,今の来島ダムの西側の尾根を越えて降る古道の峠に「猿丸」という小さな集落をみつけて,この猿丸という名が石見と深い関係にあるようにおもっているからなのだけど。

いまは頓原から来島ダムをとおって,八神にはいりそこから江の川へ一山こえると三瓶山からながれた尾根の谷間に猿丸という集落がある。ここは小野という名がかっては多かったようで,サクラの並木がある数軒の集落に猿丸太夫の娘の墓という祠があって,そのそばに数軒の民家があった。民家は二つの尾根の中腹に点在していて,道路わきにその集会所がサクラの中にあった。なにか特別な様子でもないのだけど,個々の民家へは別個に道がはいっていた。並んでいないことが,この山深い山中で,そういえば不思議って感じだ。

小野猿丸太夫とは近江の小野一族に関わる人々で古代,歌舞にかかわっていた人びとだという。小野一族に遣唐使の小野妹子がいて,あの時代にいきなり中国に派遣されても,通用した人の語学的な才能には脱帽!いやこの小野一族は渡来系だとも。
古事記を編纂した人々は太安万侶も語部の稗田阿礼もこの小野一族だとも。
石見には小野一族の柿本人麻呂もいて,石見国じゅうに小野の地名もちらばっている。

猿は近江の日吉神社の神さまの使いで,猿といわれた豊臣秀吉の墓も日枝神社の真西に比叡山の尾根をこえた京都の郊外につくられた。この真西に西本願寺が,秀吉の墓を破壊した江戸幕府によって建立されたという。

古代,神のお告げを伝える人々がいて,彼らは石見と深い関係にあったと思える。小野と同族の春日という一族も石見一面に春日神社をのこしている。その春日神社がある場所に猿という名がのこるこどがあるのだそうで,江の川の川本にも猿谷という地名がある。

猿丸をぬけて長い降りから江の川方面にでて,石見銀山大森から赤名にぬける銀山街道にはいり,街道が赤名へと曲る谷に光八幡神社がある。ここで街道をすててこの谷をつめる。つづらの急坂を登りきると数軒の民家が峠にへばりつくようにあった。峠の名は光峠。峠にいくつかの石碑がたっている。どうもこの集落の成り立ちが刻んであるようだけど,判別できなかった。

それにしても光峠。だれがつけて,だれがのこしたのだろうか?石見か?出雲か?
d0089494_1654346.jpg

[PR]
by forumhiroshima | 2007-05-04 16:06


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧