こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
You ought to..
by parajumper at 15:36
Latin shema..
by williamyb4 at 13:25
louboutin pu..
by christian at 10:00
I blog frequ..
by ray ban ne at 13:12
Heya i'm for..
by canada goo at 09:04
http://silde..
by sildenafil buy at 23:40
Laterget htt..
by oripsojo at 20:23
http://www.g..
by nike roshe at 00:14
http://www.w..
by nike mercu at 11:58
Indelicate ..
by allanjy4 at 08:37
メモ帳

<   2008年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ただよう人

出雲。比田。ここ黒田に金屋子神社がある。

江戸時代に書かれた「鉄山秘話」に、兵庫県の北部・中国山地に千種という町に岩鍋という地名がある。そこから金屋子の神が白い鳥になって、ここ比田の黒田の山中の桂の木にとまった。神がここの朝日長者に鉄造りを教えた。長者は阿部という人をつかって鉄精錬をはじめた。と記載されている。

先年この千種へ走ってみた。津山から山中をぬけ、広く明るくなった小さな平野が現れると、坂をくだって町へ入った。金屋子の神社をさんざんにさがしてみたが、杉の巨木の森には大山祇の神の神社があるだけ。刀の材料として千種鋼はしられた材料だそうだけど、そんな鍛冶もないようだった。

横田の大呂でも吉田でもタタラの製鉄師・ムラゲたちは真冬におこなわれるタタラ製鉄がうまくゆかないとき、この比田まで裸足で参拝したという。もちろん金屋子神社はかならずタタラ場には勧請されているのだけど。またそこには必ず桂の木がある。
奥出雲と呼ばれるそこかしこに桂の巨木がのこっていて、記念物にしていされたりしている。タタラの名残なのだろう。
d0089494_19472019.jpg

千種に金屋子神社がないってことは、この神様を背負って、この比田にやってきた一団があったということに「秘話」はいっているのかもしれない。
神社前にはケラというタタラでできたおおきな鉄の塊がいくつも置いてあった。その説明に神社宮司・阿部とあって、「秘話」が現実になってくる。

比田は西と東とに区分されて東西にながく広がっている。西比田に比太神社が鎮座されていた。ここにはケラは置いてないがすぐそばの神追神社にはおおきなケラが参道にデーンとある。神を背負った人たちでなく、追っかけた人たちってことだろう。

東へ走ってみた。標高400mばかりの土地だが、すっかりガスが降りてきて、湿気の中をすすんでいるような、泳いでいるような走りになった。その分景色が浮き出て、この季節しかない時間をぬけてはしる、幸せな時間をすごせる。
この川沿いの狭い平地を上り詰めると伯太の町へと下ることになる。横田・仁多・比田・伯太と「タ」づくし。南は三沢・三所・三成と「三」づくし。その北西は尾代・佐代・八代と「シロ」づくし。
いえいえ広島県側も三和・比和・口和と「ワ」づくしでまけてません。が、どうして?

登りの分岐にマア・・でっかい神社にぶつかった。縄久利神社とある。近くには廃屋が一軒のみ。いかにも古風デンとしておられる。案内に大山祇神を祭るとあった。もちろんこの神様は瀬戸内海・大三島の神様。


鉄山やタタラに従事した人たちはそこで山仕事がなくなると、移動する。兵庫から出雲への訳はわからないけど、きっと移動があったのだろう。昭和になってタタラの仕事は製鉄所に追いやられ、中国地方の鉄山師たちは、九州の炭鉱へと移動していったという。それが「青春の門」や」花と竜」などに描かれる姿なのかもしれない。
夕張の炭鉱夫たちは。どこへ移動したのだろうか?その落ち着き先に金屋子の神はなくても大山祇の神はおられるだろうか。神を追う人々は、うまく神に出会えただろうか?
[PR]
by forumhiroshima | 2008-06-26 20:18

死者たちの夢

広瀬の町へは能義の大神のいます飯梨川の河畔から国道をできるだけさける道をたどって入った。広瀬は江戸時代に水害で全滅した歴史があったという。

酒造メーカーの月山の煙突だけが空に伸びる。ビルの少ない空の町を対岸から眺めて入ろうとおもっていた。道は大きな石垣でかこまれた城塞のような寺院にぶつかる。寺の前にショウブの白い花畑があって、自分としては珍しく参拝に石段をのぼってみた。そろそろ老体モードにはいったのだろうか。
寺をでて広瀬の町と反対になにか新しい石垣が標識と目に入ってきた。狭い谷口の向こうはV字に広く開けて、あかるい傾斜の尾根に家が点在している。新しい石垣の前の表示に尼子氏奥津城とある。この広瀬の城主尼子氏の墓所。表示はこのV字の谷にいくつもの墓があると書いてあった。新宮谷とよぶのだそうだ。

そこには尼子を滅ぼした毛利の墓。尼子氏の内紛で殺害された一族の宮。尼子氏が一時城を追われて、その間に入場し、また尼子氏に追われた塩冶氏の墓。そして最後の領主となって、城を放棄した堀尾氏の墓と1395年に尼子氏がこの富田城に入城して後427年、廃墟となるまでの主人やそれに連なる人々がすべて眠っていることになる。
d0089494_17285162.jpg

お花畑に祠って、初めての風景だ。

地名で古い埋葬地を芦屋とか後谷とか、つけられるのだけど、古墳がある場所でもそうなんだが、どこも明るくて風が通る良い場所になっている。死者たちの安らかな眠りを祈っている場所なんだろう。都会でビルの中の小さな小部屋に埋葬されるより、海に散骨してほしい、って気分は良くわかる年頃になって、走っていても、ここはそんな死者の眠る場所では?なんて気になりだしてきた。そして結構当たる。ヤバイかもしれない。お迎えちかいのかな?

広瀬の町にも尼子の墓所はあるのだけど、1666年の大洪水があったと知っていれば、その墓所はきっと記憶のなかで再建されたものかとも、おもってしまう。それより、きっとこの明るい谷では、みなさん、快適のお過ごしなんだろう。
谷にはたくさんの地蔵が道端におられた。
d0089494_17292672.jpg


ふと石見の山奥の杉の森にあった尼子墓を思い出した。そこは後谷であった。島根県観光課発行のふるさとの散歩道・広瀬のページにこの谷が山中鹿之助生家の場所として記載されていて、その地図にこの谷の川が後谷川とあった。なくなれば皆一緒って、日本でね。
[PR]
by forumhiroshima | 2008-06-22 12:46

賀茂・加茂・鴨

三沢にある三沢神社は風土記でオオクニヌシの子息のアジスキタカヒコネ命が成長してもうまく言葉ができなかったが、夢のお告げで三沢にいったところ、しゃべれたという記述がある。
三沢神社の案内には、風土記に記載されているから祀っている風に書かれてあって、オヤ1とおもった。
d0089494_12432353.jpg


このアジスキタカヒコネ命は奈良・大和に鎮座されている神で、そこでは神名にカモとつく。
また島根半島の美保関神社の神様コトシロヌシ命もオオクニヌシの子息だが、この神様も奈良・大和に鎮座されていて、カモチヤエコトシロヌシと呼ばれる。

その美保関から中海にはいった場所に安来の町と港があるが、そこから加茂川をすこし遡ると加茂神社がある。風土記にも記載されている。
三沢神社は巨木の杉の森のなかに鎮座されていて、三沢がふるびて、またきれいなところだけに神々しい。三沢のすこし奥を鴨倉という。
d0089494_12452030.jpg


安来から広瀬や伯太へぬける幹線道路そばに、これ以上は古びることはできないくらい風雪にあらわれた大きな社殿が加茂神社があった。この神様も当然アジスキタカヒコネ命になるのだろう。
d0089494_13144686.jpg

アジは切れ味のアジでスキは農具のスキだといった解説があったり、古代朝鮮ではアジは刀だという説もある神様だが、鉄にかかわっていつ神様だという。

古代鉄は朝鮮半島から輸入されたもので、これを叩いて道具にする人たちがいた。和鍛冶とよばれていた。材料から鉄を作りたいという望みは強いものだったのだろうが、鉄鉱石から鉄を取り出す炎の温度がだせなかったという。彼らが鍛冶に使う炭へ酸素をおくる道具をハブキといって、皮袋をひろげたりへこましたりしていたのだと。

武器としての長い剣が生産できだしたのは、後に朝鮮半島や中国から渡来した韓鍛冶とよばれる人たちによることになる。かれらはハブキからもっと巨大にした送風機・タタラを使用したのだそうで、出雲では忌部でその時代の製鉄所が発掘されたという。走り回ったけど、どこかわからなかった。
アジスキタカヒコネ命はカモ族の神様になる。カモと呼ばれる人々にそんな製鉄の能力があったのかもしれない。

風土記でこの神様は平田郊外や、出雲市に記載される。大東町から流れ出る赤川が斐伊川に合流する加茂も関係あるのかも?とここも走ってみたが、当然わからない。当然!。この加茂に加茂岩倉遺跡があって、その尾根を宍道湖へ越えたところが、あの荒神谷になる。和鍛冶の人々と韓鍛冶の人々がつながってくるように思えた。

安来は日立金属工業の大きな工場がある。和鋼博物館もあったが、水曜日休館だった。ここの日立金属が横田の日刀保のタタラ場のオナーだ。ここもあの荒神谷や加茂岩倉の遺跡とつながっているようだ。
[PR]
by forumhiroshima | 2008-06-20 13:14

神は忘れられた場所に出現する

奥出雲町横田は数年もまえに積雪で埋まったころ、大呂の日刀保のタタラを見学にきてから、なにか奥出雲に用件があれば訪れる。気に入ったコースがたくさんある。

その中心部に伊賀多気神社がすこし小高い場所に鎮座されている。祀神はスサノオとイソタケ命。石見大田の海岸に上陸という伝承の神々は出雲でもそこかしこで祭られている。

その境内に略記として、スサノオとイソタケの両神はこの地方で行なわれるカンナ流しによる、土砂の流失の災害を横田・稲田に住むアシナズチ・テナヅチからきかれ、そのカンナ流しをおこなうオロチ族を退治されたとあった。
ここから西の佐白にも伊賀武神社があった。そこから八頭峠へ上ると表示があって、ここでスサノオが八頭のオロチの頭を切り落とした場所だとあって、オロチ退治のあと救ったイナダ姫がお化粧をした鏡池もある。
宍道湖へ斐伊川が流れ込む場所にも、稲田姫のところに通ったスサノオが朝帰りしたという谷もあった。スサノオなくして出雲ではないのだ。

が、出雲風土記には横田は横に長い田があって、横田という。と記載され、そこかしこで産出される鉄でたくさんの道具をつくるとも記載される。オトチ族退治どころか、主産業が製鉄ってこで、現在も唯一ここでタタラ製鉄がおこなわれているってことは、どうなるのだろうか?

中心から南の丘陵地帯へ入り込む。開けた谷を回るように、またその尾根を下るように、古道がまわっていて、そこに深い森を各家ごとにもっている屋敷といえるりっぱな民家が点在している。すべての森を回れるほどクネクネと道は交差してひろがっている。

その中腹におおきな鳥居の奥に稲田姫神社があった。鳥居のしたの説明版にこの神社はここの出身で九州の炭鉱で成功した人が作った神社だとあった。広島でも高宮や大朝のタタラ製鉄が衰退すると、その関係者の人々が、たくさん九州の炭鉱へ出かけている。製鉄と石炭と、その技術はにかよったものなんだろうか。
d0089494_16585044.jpg


江戸時代に世が落ち着くと、沢山の郷土史家が輩出したようで、そのころ注目された古事記た書紀が、出雲神話として広がったという。神社は名すらないところも多いし、その祀られる神の名は表示してないとわからない。そのころ神社の神々に名がつけられたのだろうか。

雨がポツリと落ちてきて、そろそろ温泉か!と走り出すと、サワサワとながれる道端に稲田姫産湯の池という表示があるのに気づいて急ブレーキ。農家の庭先へはいって奥の田へと上ってみた。ミズナラの巨木のしたに古い木造の鳥居と玉垣に囲まれた泉があった。
d0089494_16591226.jpg


神は忘れられた場所に出現する。という文章を思い出した。ここにイナダ姫かどうかはわからないが、神は降臨される、に違いない。

大東町の佐世に風土記はここで頭に小枝をサシてスサノオが踊ったとある神社でブナの若い芽を持ち帰って、店に植えている。稲田姫の誕生の地のミズナラのドングリから発芽したばかりの若い芽をそのそばにおいておきたくなった。
d0089494_170106.jpg

[PR]
by forumhiroshima | 2008-06-19 17:11

伊弉冊・イザナミ

広島県と島根県の境になる王貫峠を仁多へ下ると小さなトンネルにであう。国道沿いに流れる阿井川にそこでイザナギ川が合流している。この川をさかのぼったところにイザナギという地名があった。

この国をつくったイザナギ・イザナミの女神になるイザナミを地名にしてある。
広島県の比婆山にイザナミの墓所となるという御陵が山頂にある。イザナミの墓所は他にもたくさんあって、和歌山県・熊野も有名だ。比婆山と東につらなる毛無山との鞍部に出雲峠という標識があっても道が消えていることをこの地名を見つけたとき、思い出した。

瀬戸内から大社参道道とか、一畑薬師道とか石碑に出会うと、遠い場所へ引き込まれる標識のようにおもってしまう。脊梁の中国山地の小さな鞍部が出雲への門だという名は遠くへいきたがっている自分のハートにドーンとひびいてくる。

イザナミの集落は、その出雲峠へでもつながっているのだろうか?と小さな流れにそって上りだした。地図にある鳥居マークの神社は鳥居もない祠にただサカキの木がまつってあるだけで、境内とはいいずらい平地の端に青竹で四角に結界されて白い御幣が風にゆれていた。ちかごろ誰かがここで神事をとりおかなわれたのだろう。
d0089494_13241512.jpg

その主人を訪ねて、この地名の訳も聞きだしたかった。

また一のぼりして、空がひらけて明るくなった谷間に二軒の民家があった。田んぼで老婆が作業されているが、道からはそこは遠い。また次の尾根を回ると、立派な黒い瓦葺の民家とはなれて作業小屋がある。うろうろしてみたが、留守のようだ。
d0089494_13243169.jpg

そこが行き止まりだから、イザナミの集落は3軒ということなんだろうか?
民家前の田は水がはられているが、田植えはできていない。その奥にもう黄色く枯れかかった早苗の塊をみつけた。
この家の主は、田植えの準備途中でなにか異変がおきたのだろうか?

こうしてこの田も自然にかえっていくのだろうか。この力を古代オロチといったのかも?しれない。
d0089494_1324476.jpg

[PR]
by forumhiroshima | 2008-06-15 13:25

オロチ

「その長さ、谷八谷渓(ヲ)八尾に渡る」と記載されたオロチはそこかしこに伝説をのこしている。が、いったいどこにオロチはいたのか?ってことはどこも私の処です、なんていっていない。
こんなにでかい蛇がいたという形跡がないと、八頭だの八尾だのと切られた跡の伝説も尻切れオロチってものんだ。

がオ尾呂地神社をついにみつけたのだ。尾原ダムが工事まっさかりの斐伊川のそばの石壺神社の境内にちいさな石碑となって存在していた。
d0089494_1913064.jpg


ただここも尾を祀ったとあった。斐伊川下流の加茂の八尾大明神も尾がまつられていた。

JR木次線を広島県側からくだると、三井野原、三森原、三成と三があってそのそばに三沢、三所と三のつく地名がつづく。三が巳ならヘビ、八谷八尾根にたしかにひろがっている。

八頭のオロチが古代出現したのは出雲だけではない。九州国東の宇佐の神も八頭のオロチとして出現している。

垂仁天皇とサホ姫の間に生まれたホムチワケは大人になっても口がきけなかった。出雲大神のたたりと出雲に詣でて、突然言葉を発した。そこで肥長姫をもらったのだけど、夜覗いてみると姫は大蛇だった。肥は斐伊川の肥だという。
風土記で斐伊川とよばれるのは木次あたりだけで、下ると出雲大河、その川上は湯村あたりが漆仁川シツニ、また温泉川・ユカワと記載されているだけで、今のように全流を斐伊川とはいってないようだ。
では肥長姫のいた場所は??

三沢の神社にアジスキタカヒコネという神様が鎮座されていて、この神様はオオクニヌシの息子とされていて、髭がながく伸びてもよく泣いてばかりで言葉を話せなかった。オオクニヌシが夢で息子がミザワという声をきいて、その場所へゆくとココダといったという。
d0089494_200221.jpg

この神様は国譲りのために出雲におくられた神々が任務をわすれて定住していることに怒った天の神が矢で射殺した。そのアメノワカヒコの葬儀に参列して泣き叫んだ神様でもある。この様子を「二つの谷、二つの丘にまたがって輝いていた」と古事記にある。オロチよりスケールがちいさいかな?
またこの神様は風土記で安来市、出雲市にも鎮座されていることがでているが、大和にも鎮座されて、それから放浪して京都賀茂神社へうつられる。

広島県の賀茂郡も同じ賀茂なんだろうが、神々はそこに、なにかのわけをもって鎮座されるのだろう。八代の田舎道で田んぼ中央にポツンと一抱えの石が残してある。神が鎮座されているのだ。
d0089494_2063670.jpg


松江藩の藩主が出雲大社に神宝を見たいと、無理難題をふっかけて、覗甲としたとき大蛇があらわれ藩主は片目が見えなくなったという。神在祭に海からウミヘビが寄り付く浜で神事が行なわれる。
出現するオロチを神々としてきた人々の中へ走りこむ時間がまちどおしいのだ。
[PR]
by forumhiroshima | 2008-06-10 20:10

メガネのミキ

出雲・斐伊川は湯村温泉の上流で川幅が狭くなって、今の国道はトンネルへ入っている。古代の道は尾根をたどっていたといわれるから、でもないが、本郷という地名から槻屋・ツキノヤへののぼりへ入ってみた。国道にオロチ伝承の神社というカンバンもあって、なぜか上ることが、苦にないと勘違いしたにすぎないのだけど。

神社は田んぼに円くかこまれた高台の高く伸びた杉の森になかにあった。ここに住んでいたアシナヅチ、テナヅツの間に生まれた八人の娘が次々にオロチに殺され、稲田姫ひとりになったとき、スサノオが現れオロチを退治した。アシナヅチ・テナヅチの墓所が万歳山にあったのを、ここに移して祭っているとあった。温泉神社とあった。
d0089494_19464420.jpg

斐伊川の両岸にはたくさんのオロチ退治の伝承がのこっていて、ほほえましいのだけど、なぜか、オロチに力点があって、スサノオが隠れてしまっている。

今回は槻屋を経由して尾白、佐白と斐伊川の北・風土記の仁多郡の古代中心地を走ろうとおもっていた。槻屋でいきなり通行止にであった。斐伊川に作られている尾原ダム工事が新しい道を完成させるまでは、国道しか仁多へはいるルートがないようだ。

迂回して佐白へ入った。ここはR45と木次でつながる仁多からのルートなんだけど、普通は山越えは選ばないルートだとおもう。この峠が八頭峠。とうぜんオロチの八つの頭になる。ここでスサノオがオロチの頭を落としたという伝承があるのだそうだ。稲田姫が鏡につかったというちいさな池があった。スサノオ峠でなく八頭峠なんだ。佐白の中心にもどると伊賀武神社とそこに八垣神社がならんで鎮座してある。この八垣神社にはアシナズチ・テナズチがスサノオ夫妻と祭られているとあった。

峠を下るといきなり八重塔と神社が目に飛び込んでくる。コンクリート製で、なんだか新しい宗教施設かと。そばに奥出雲佐白記念館がデーンとそびえていて、郊外型商業施設といわんばかりのメガネのミキがあった。ミキの創設者がこの佐白の出身なんだそうで、立身出世の暁には神社を再興する誓いをもっておられて、結果がデ-ンとそびえたことになったのだそうだ。
d0089494_1947023.jpg


アシナズチ・テナズチは関東平野や兵庫県でもまつられている。この神様はオオヤマズミという山の神様の子孫とされている。オオヤマズミの神様はイザナギ・イザナミから生まれたカグツチという火の神様が母親を焼き殺したため、チチに切られる。三分割された遺体からうまれている。火にかかわる人々は金属精錬の技術をもっていて、その道具としてツチが必要で、ツチと火でその技術を顕在化できたのだろうと。
結果、神様になった。ミキの創業者もそんな思いだったのだろうか。でもここで商売になるのかな?私は商売ヘタですから、このツチの神様にお願いしなきゃいけないのだ。
d0089494_19471494.jpg

[PR]
by forumhiroshima | 2008-06-07 19:56

エイドステーション

石見もそうだったが、出雲でも山中の小さな町々に和菓子屋さんが生きている。特に人どうりや車の通行もすくない旧道ぞいに、そんなお菓子屋さんがあると、絶対にのぞいてみることにしている。そこに出来上がったばかりのお饅頭なんぞが、パックに入ることなく並んでいたりすると、すぐに財布の出番になる。生な和菓子なんぞ、広島でも専門店ぐらいしか買う気分にならないし、まずそんなお店に入ることもない。が、古びた町では引き込まれるのだ。

「砂の器」シリーズと自分だけで銘打って走っている出雲の山間部の八代の町にもそんな和菓子屋さんを発見。映画にでてきたか?はわからないけど、出雲弁が聞こえそうな奥に声をかけた。店先に柏餅の札も貼ってあって、ガラスケースの上に一ヶのパッケージのもちがあった。二つだけとお願いして、そのパッケージを開けて二ついただくことができた。「ダンダン!」
d0089494_13404041.jpg

そばの川にかかる橋のたもとに、どうしてか小石に色つけがしてお人形になって並んでいた。まづお供えして、黙祷。川の流れがキラキラしている側でご馳走様です。
d0089494_13402681.jpg


「砂の器」の亀嶽の駅ほどで、すこし雲行きが怪しくなって、いそいで三成へ。ここに牛そばなるものがあるのだけど、断然好みとして、牛丼がうまい!吉野家の大盛り二杯ぶんの値段でもいいのだ。
d0089494_13441240.jpg

ほんわかやわらかくて、プリプリのお肉が仁多米にのっかっている。以前いただいたときより、甘めな味付けになってるけど、おいしい。肉は仁多牛かいな?。TVがなぜか、吉兆のレポートやってるのだ。米は表示してあるが、肉はかいてなかった!なんて、つまらない気分になってしまった。
[PR]
by forumhiroshima | 2008-06-06 13:59


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧