こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
You ought to..
by parajumper at 15:36
Latin shema..
by williamyb4 at 13:25
louboutin pu..
by christian at 10:00
I blog frequ..
by ray ban ne at 13:12
Heya i'm for..
by canada goo at 09:04
http://silde..
by sildenafil buy at 23:40
Laterget htt..
by oripsojo at 20:23
http://www.g..
by nike roshe at 00:14
http://www.w..
by nike mercu at 11:58
Indelicate ..
by allanjy4 at 08:37
メモ帳

<   2008年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

飯石

掛合・三刀屋・頓原・吉田は出雲風土記では飯石郡・イイシノコホリに位置している。このイイシの名となったのがイビシツベ命。

イイは米のことでなく、スゴイ!って意味だというから、すごい石っへことか?

このイビシツベ命のおられる飯石神社が二つあることは知らなかった。以前六重・ムエって場所で飯石神社が荒廃していて、ショックだったが、しらべるともう一つある。

その神社は出雲・尾道往還とよばれる古道と急流な小川をはさんで杉の木立にあった。入り口も古道からひそやかに分かれる路地がそうで、こんもりと茂る森がそうだとわかっても、ぐるりと新道を回ってしまう、そんな場所だった。

ザワザワとながれる小川・飯石川のそばで鳥居をくぐると、真っ白な広場と川岸の杉の巨木の並木だけ。そのずーっと奥に、本殿、拝殿がすみっこに、それでもりっぱな建築で、出雲大社の山奥の須賀社や神魂社のように、いかにも出雲の屋代だった。人気の神魂神社よりもひなびて、神の降臨される神聖さがあるように、気に入ってしまった。虚飾のない日本建築っておもうほど、白い境内と風雪にさらされた木造と小高い杉と、せせらぐ流れ。
d0089494_1433492.jpg

本殿の奥に二重に玉垣でかこまれて、おおきな石が牛のようにうずくまっていた。
d0089494_1434849.jpg

飯石川の源流になる菅谷には有名な菅谷たたらとその関連施設・山内・サンナイがいまも保存されている。そこから尾根越えで下ると吉田の町にでる。田部家の本拠。
武士であった田部家は浪人してここにたたら製鉄を始めたとあるが、その施設や従事する人々。また精錬技術は、おいそれと浪人して、なにしようおか?なんて悠長なものとはとても思えない。武士・刀・鍛冶・富とながいながい年月の関係、まして鉄が出るという、場所の情報。いったいどこから伝えられ、そして出雲鉄としてできあがってきたのだろうか?

吉田から県境へとむかう。出雲・尾道往還が頓原から掛合へとはしるラインはR45とは離れてのこっている。その頓原への途中民谷を通過。そこで石神に地図にもない場所で出会った。おおきな石が二つ、すっかり蔦におおわれて、空き地にゴロンの風情。

d0089494_14344753.jpg

ここから都加賀へ這い上がる。特別だと感じるほど「アツイ」。このあたりは今松江-尾道高速道路の工事がそこかしこでおこなわれて、古道がりっぱにひろい車道へ。もうずーっと以前からこの高速は計画されていて、これまで高速道路の工事にはいるための道路整備が終わっているようにおもった。ガソリン税でもめても、やめられない計画なんだろう。ながーい方針がデーンとこの国にはあるようにすらおもうほど、民家もすくない谷をこえてひろい車道がつづいていた。
田部家のタタラのように、人々のつながりが、その計画をとめられないのかもしれない。
が、やさしくくねくねと上る古道は残してほしいね。ガソリンなくなって牛や馬に頼ろうにも彼らはトンネルにははいらないでごねるだろうから。

八重滝の有名な古道は、路面に草ものびていて、スリリングな下り。ここに八重神社がある。それを見逃さないように、ずるずるとくだった。ちいさな八重神社の表示をみつけた。が、どこかわからない。ままよ!と山道をのぼる。長い石段がのぼってゆく。と、正面にこちらに落ち込んでくる巨大な岸壁。そこのくぼみに祠があった。
d0089494_143516100.jpg

投入堂のようだ。でも?ここは神社。そんなことより、ここにこんな岸壁があるって、どうして知ってたんだろう?それって、砂鉄があるって、タタラはじめた人たちの仲間??
[PR]
by forumhiroshima | 2008-07-31 14:36

砂の器

仁多の町、警察と「砂の器」の作家・松本清張は現地をすごくよく観察して記述されているとおもう。そのままの景色がいまもあったりする。

亀嵩の部落にはいると、おもったより大きな町並みになっていた。この辺りの家も檜皮ぶきの屋根が多く、なかには北国のように石を置いている家もある。算盤の名産地だと署長が説明したが、事実、町を通っていると、その算盤の部分品を家内工業で造っている家が多かった。「砂の器」
d0089494_15364978.jpg


集落をぬけて、砂の器の石碑が正面にある湯野神社は映画では巡礼の親子がその床下でやすんでいることから、保護される。小説にはでてこない。
その先に新しい道の駅と温泉がある。その道の駅にTVのセットだった交番が展示されている。湯野神社は出雲風土記に記載された風土記社だけど、その表示はみていない。ここの神様はオオクニヌシとスクナヒコナ。オロチとイナダヒメとスサノオでない神社はこのあたりでは久しぶりだった。

真冬にぼろぼろの衣服で笠をつけた巡礼の親子と、こもった発音の方言の映画の印象は、なぜか出雲らしい・・というより、この映画がそんなイメージを植えつけたようだ。出雲は冬、変わりやすい天候だけど、高い山もなく、セメントのビルもすくなくて、ひろびろとした空があるようにおもうのだけど。
ただ集落のはずれにおおきな石灯籠とそれを囲む六地蔵がある。そこには、巡礼のにおいがこもっているようで、静かな、家内工業もみられない集落とあわせて、島根半島の浦々で潮をくみ一畑薬師へ巡礼する人々がいたことを思い出した。この国は今もそんな信仰の営みを自然にうけとめる、あたりまえのような場所であることは承知している。
d0089494_15371931.jpg

松本清張もきっとここを訪れて、そんな風土を感じたから、「砂の器」で表現したかったのではないだろうか。

集落をあとに引き返して、木次線をまたトレースしはじめた。
[PR]
by forumhiroshima | 2008-07-21 15:39

亀嵩・カメダケ

JR木次線を横田から仁多へとる。斐伊川の上流を町のはずれからはなれ、古道の峠道が、木次線路ぞいにのびている。加食・カジキの数個の集落をすぎて直線に線路沿いの道は下りで快適!国道のひろい車道の出口が亀嵩の駅。
d0089494_12323692.jpg

d0089494_12334851.jpg

松本清張の「砂の器」の舞台。この亀嵩でこの小説は、出雲神話にまけないくらい、いまもそこかしこに表示されている。昭和48年発行のこの小説は映画でヒットして、それから2度TVドラマになってるのだそうで、ヒットしたころをしっている自分もなつかしい。
東北ズズー弁が遠く離れた出雲でも語られるということは、衝撃だった。日本って奥深い!なんて、それが作り話でなく、真実だけに印象にのこった。

出雲のサイクでここを通り抜けるたびに、小説を思い出したが、消えうせていて、この木次線トレースのまえに通して詠んでみた。

砂の器でライ病になった父親とその息子が、亀嵩に現れる。巡礼しながら病気の回復をねがっていた。彼らが亀嵩に入った道は、なんだかこのルートにおもえた。古道然としていた。

松本清張は小説のなかで、この景色を描写している。「亀嵩の駅が見えて、道は線路に接着した。半鐘を吊った火の見やぐらが見えた」と犯人を追う刑事が亀嵩の町から三成の警察署にかえる場面だ。この火の見やぐらは、いまは見られなかった。木次線からはなれて、亀嵩の町へ走ってみた。小説を読んだあとだったから。
d0089494_1233633.jpg

[PR]
by forumhiroshima | 2008-07-20 12:34

坂根

車で横田へ移動して、また三井野原へ走る。昭和23年に開拓がはじまったと、高原の記念碑にあった。昭和21年生まれの自分とおなじ年頃ってことか。

この三井野原への横田からの登りの起点はJR坂根駅前からの旧道を登って、オロチループとよばれるりっぱな車道は下り用においておいた。
坂根とよばれる集落は駅と国道とにそって数軒。坂の根っこで坂根とはわかりやすい。つまりここに坂があって、その始まりか終点が「根」とよばれたのだろう。つまり「坂」があってこそ、ここに人が住み始めたってことだろう。
そこにはたくさんの湧く水がでていて、駅構内の泉は延命水と呼ばれて、その日も幾人かが水をくみにきておられた。案内に百年もこの水をのんで生きたたぬきがいたそうで、自分はあと40年も生存したくない、と飲まなかった。この水を峠を往来する馬に飲ませたともあって、峠を行き来した人たちにとっては欠かせない場所になっていたのだろう。その旅人相手に集落は発生したのだろうか。
d0089494_18392834.jpg


ふと、この峠を往来した人々は出雲の人では?と思い出した。というのは備後落合は、「オチアウ」って地名だろう。山中の交差点を出合、落合、東日本では追分。なんだか山からと海からと方向があるような。

三井野原が坂と泉としられたのは、いつごろだろうか?三井野原から西へ比婆山の懐に六原とか四原とかの地名が地図にのこっている。横田のタタラ製鉄の炭はここから運ばれた様子だし、また六原にはカンナ流しの遺構が記念物として残してある。それは江戸とか明治とかの昔で、スサノオがカンナ流しで川の洪水を起したり、タタラの火がオロチの赤い眼であったのでは?という古代のことではない。

坂根からの旧国道は標高差140mをツヅラでのぼっている。標高差ほどの急坂はなくて、この道は国道であるまえ、馬を追ったバクロウたちのふみ跡だと感じさせるほどやわらかい登りだ。
JR木次線は坂根でスイッチバックというツヅラに稲妻マークのような路線を汽車がいったりきたりして高度をかせぐようになっている。いまのジーゼルエンジンのワンマンカーがスイッチしながら走るのかどうか?はわからなかった。きっと自分の足でも列車より速くのぼれそうな???そんなやさしい古道だった。でも自動車の轍はまったく残ってなかった。そのうち廃道になるんだろうな。
d0089494_18385938.jpg

[PR]
by forumhiroshima | 2008-07-19 18:39

備後落合

JR木次線が芸備線と連絡する備後落合には早朝に到着。

山歩きを高校生のころから始めて、初めての泊り登山はここから歩いて道後山の山の家だった。深まった秋には山小屋では自分たち用にまきストーブがたかれて、なんだか大人になったようなあつかいにうれしかった。翌日に山をおりて備後落合の駅まえの食堂で新聞をみた。「ケネディー暗殺」の記事がでていて、ショックだった。

それから道後山へは車になって、この駅にくることはなっかた。あの食堂がどこだったか?わからない。車道から駅への入り口に古いタバコ屋があって、そこかともおもったけど、食堂らしくはない。
d0089494_146676.jpg
駅舎のすぐ前に廃屋になった美容院と、タクシーの連絡所が崩れ落ちそうにならんでいた。田舎の駅近くや港のフェリー乗り場には散髪屋がけっこうあって、ふるびた町の残ったカンバンなんだけど、ここは酷い。


出雲から到着した列車が三次方面に行くために、機関車を付け替える。その時間に駅ではうどんやお菓子を売っていたと聞いてた。大阪への急行列車だってあった。スキーがブームだったころ、ここから出雲へ上り詰めた三井野原にスキー場ができて、それは大変な人出だった。列車をおりてすぐに滑れる、がキャッチフレーズだったか。

谷間にスジになってさしこむ朝日にだれもいないプラットホーム。路線には雑草も。
d0089494_1462345.jpg

木次線を自転車でトレースするって試みにいくつかのパターンを考えてみた。もちろんその中に広島から走って・・ははいってない。
芸備線から備後落合では到着が昼前で遅すぎる。宍道まで高速バスは、自転車載せてくれないことがある。宍道から備後落合への列車は日に二本だけで、それも昼過ぎ。レールと駅舎は昔と変わらなくても、列車がはしらないのだ。

備後落合から三井野原まであがって、また引返して、車で横田へ移動。そこから三井野原へ。折り返して、木次線を宍道までトレースときめた。宍道から4:02発の横田行きで輪行の計画に落ち着いた。三井野原までののぼりで一台も車に追い越されなかった。もちろん自分が速いわけじゃなくて。
[PR]
by forumhiroshima | 2008-07-18 14:06

尻婚と新婚旅行

ロードレーサーってものを知り始めたころ、もう40年ほどのなるのかな?サドルは腰を包んでしっかり固定してくれるのだ!なんて教えられた。サドルはどうみてもソファーじゃないのに?

そんなサドルはやはり、おフランスなんだそうで、イデアルってメーカーは牧場で専用に牛飼ってて、それはそれは馬の鞍と同じもののロードレーサー用だと。

自転車の旅ってものしか、理解できなくて、ツールドフランスがTVで放映なんて考えられなかったころの話。古い!!
そのイデアル社のフランス製(後日はフランス製でなくなったらしい)のサドルを、なんと新品でいただいた。それもチャンとメンテされて、包装紙にくるまれて倉庫で眠っていたもの。

セライタリアのロールスってサドルをロードレーサーにつけて15年ものってきて、すっかり表皮は擦り切れてしまっている。イデアルのサドルはそれは、美しくも、クラシック。一年に一回、レースに参加させてもらってるが、その情景にはイデアルは重い印象なんだ。
でも、まあ、そろそろ年がいもなく、お邪魔な選手は、いいか!と、交換。
d0089494_14392561.jpg


たしかに、外見はいい感じ。ツーリングのお供にはバッチリ。とまたがって、それはそれは恐れ入った。たしかに包んでくれる感触。

レーサーって存在は、その人がおもっている自分の能力のレベルを軽々と超えさせる。とは、昔にあったセミナーの講師のお言葉だったが、この年で実感なんて、これまでの自転車ややってきたのは、なんだ!と、サドルに恋してしまった。今年中国地域ロードをとったジュニアの大野くんに、無理やりまたがせると、同じ感覚。うれしいね。(でも家ではスゴイけどカッコウが??だそうです)

そうなら、新婚旅行に出かけなきゃ!いけん。実際に実感しなきゃ。それもすこしは長い距離いっしょにいなきゃいけん!と、大好きな出雲をクネクネと回る木次線を比婆の備後落合からスタートすることに。
[PR]
by forumhiroshima | 2008-07-17 14:45

操車場

出雲・木次。時代はR54のロードサイドに移ってしまった。町の中心はおしゃれなカラー塗装になっても、時間はそれまでと同じようにすべっていってしまった様子。そこにJR木次線が入っている。

線路は出発点と終点で名がつくようにおもっていた。この木と次は木次と三次?いや終点は宍道のはず?
JR木次駅は車社会からみれば、幹線の道は斐伊川の堤防を走っていて、そこから路地のような道を下って、やっと出会う。そこに操車場が並んでいて、その周りも路地で囲まれている。自転車で迷い込んだような感覚が起きてきた。
d0089494_1514653.jpg


旧道の古い商店街へ操車場の踏み切りをわたってでる。そこに以前は貨物の荷捌き場であったような広場があった。その広場に木造の倉庫がならんでいて、古い看板はそのままに残っていた。映画のセットそのまま。こんな景色に会いたかった。
d0089494_152779.jpg


出雲・石見の文化遺産とまでいっては、怒られるだろうが、和菓子屋と鍛冶屋はいまも活動中で、すっごく嬉しくなった。
d0089494_1523247.jpg

d0089494_152489.jpg


小学校に入学したてで、小児結核で休校することになって、いつも安静といわれてふとんの中の一年をすごした。その憂鬱な時間をすごしかねて、覚えてはいないのだけど、無理いって広島駅につれていってもらったと聞かされた。

蒸気機関車はこの木次駅の操車場にはいない。でもそんな駅にいきたがった休学児童が、きっとひろびろとして、どこへでもでかけられる駅をあこがれていたのか?と。

時代はここから移動していった。でもあの時代が輝いていまにあった。ここで気づいた。
やっと、どこへでもでかけられる?あの世でも・・・なんて。
[PR]
by forumhiroshima | 2008-07-08 15:06

飯石の守護

三刀屋、木次はR54の桜の名所。そんな印象だけど、この町がある郡名は飯石郡という。その飯石の名になった神様はイビシツベ命だと出雲風土記にはある。このイビシが飯石・イイシになったのだそうだ。イビシツベなんて今の日本語では解読不可能な、といっても出雲の神様たちはみな解読できそうな名ではない。だから古代朝鮮語を引っ張り出されたりする。弥生の時代に稲作や金属精錬の技術をもった人々はみな渡来だから、そんな論法がみょうに真実だと思わせる。

この飯石の名になった神様は三刀屋た木次ではなくて、今飯石川とよばれる流域に鎮座されていて、古代の中心地はR54線とはかなり離れて、ひっそりと時間の中にあった。といっても、じつは小さな集落が低い丘陵の尾根ぎわに固まって、点在しているので、中心地って地図ではわからない。

出雲湯村の国道ぞいの駐車場にパークして飯石の国へ。神代・コウジロにループになったのぼりで入った。神の代って名から、ここがイビシツベが鎮座?。それにここが先日走った佐代、尾代、八代の続きのシロシリーズでもあるから、最初にプランしてみた。

谷奥の行き止まりに神社マーク。ここは神代神社だった。風土記の記載があった。
d0089494_18333061.jpg

ここから西へ六重・ムエへ。ここの神社は尾根が平地になられこむ、いわゆるヤマサキに鎮座されている。神々は山の上、谷奥、道の分岐、峠とサコとかサキと名がつくところに鎮座されている。神々しく森が囲むことで発見しやすい。それに日章旗がたなびくことも多い。
が、この六重の神様は森もなく、なぜか薄汚れた参道と雑草がのかたまりの中の石段。そして敗れた拝殿であった。お寺が壊れていることは幾度かであった。神社は小さな祠であってもやぶれていることはこれまでなかった。とくに出雲・石見では。ショック。神額はなかったけど、社務所に飯石神社とある。これが、郡名となっている神様なのか!
d0089494_1833533.jpg

神社の横の古道はいま改修されてりっぱな車道へかわっているが、この道が古い出雲・三次往還。お地蔵さんも点在して、田も森も緑濃くなって、新緑の緑のにぎわいからひとつの緑色へかわって、家々の赤い屋根がいっそうひきたってきている。よき道である。いつかこの往還を通しで走りたいな???

こうなると、古道を楽し走ることに専念。神社マークもおっぽりだし。

多久和の集落で幾つかの分岐になる。そこには郵便局も旧道にあって、市という地名でもある。飯石川がおおきく湾曲する分岐の自販機でコーラを。正面に巨木が川面にせりだして、なにやらの雰囲気。ここの分岐で古道を離れて、三刀屋の三谷に入ることに。三谷はどこにもある名だけど、一応走ってみている。これまでと同じ印象があるかもしれない。なにせ出雲の大河に最初に雲が湧き出る谷が三谷だったし、三沢、三所、三成とめぐったばかり。

急坂からちらりと鳥居と真新しい神社の建物がみえた。が、のぼりで引き返す勇気はなかった。

風土記を開いてみると、飯石神社は二つ。それも六重と多久和に。アレだったのか!
ふと、ワが最後につく地名は鉄に関係している。それも東北の出羽、長野の諏訪。遠い国々からの便りのように、中国地方に散らばっている。石見の出羽・口羽、備後の三和、口和、比和などなど。風土記に「飯石小川、・・北に流れて三屋川・ミトヤガワに入る。マガネあり」とあった。
[PR]
by forumhiroshima | 2008-07-06 18:33


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧