こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
You ought to..
by parajumper at 15:36
Latin shema..
by williamyb4 at 13:25
louboutin pu..
by christian at 10:00
I blog frequ..
by ray ban ne at 13:12
Heya i'm for..
by canada goo at 09:04
http://silde..
by sildenafil buy at 23:40
Laterget htt..
by oripsojo at 20:23
http://www.g..
by nike roshe at 00:14
http://www.w..
by nike mercu at 11:58
Indelicate ..
by allanjy4 at 08:37
メモ帳

<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

スサノオが来た訳

県北の東城の町周辺をうろついている。

小奴可はその東城の町から北上して道後山にぶつかる裾野にある集落である。この地を知ったのは、ここで砂鉄を採取するためにカンナ流しがさかんにおこなわれ、土地の景観がかわったことを知らなかった、東京の高名な学者が小奴可地形となずけて、特異な土地だと感嘆した。が、そこは地殻の変動へ出現したのではなく、山を崩し砂を高圧な水で流し、比重差で砂鉄を採取したあとだとわかって、また中国地方ではそこかしこで出現する景観であることが、のちにわかったという。

古代韓国のソシモリにいたスサノオは「ここは自分の居るところではない」、と出雲へと直線的にきたことになっている。
古来鉱山師は森を目指し、そこで木々を炭に替え、高熱を出現させて金属を精錬する。そうして森を伐採しつくすと、また他の森をめざす。
スサノオはまた石見へも上陸した神話をもつが、その神話にはイソタケという木々の神を同伴している。

スサノオたちは森を目指し炭を焼き、赤土にふくまれる砂鉄をカンナ流しで採取して鉄をつくったといわれる。

小奴可の集落の北に道後山がそびている。この山はカンナ流しのために山頂をけずられ、その土砂がここを流れる川を伝い下って、岡山の倉敷へと流れ込み、ここに平野を出現させたという。道後山の二つある山頂のひとつは岩樋山と呼ばれる。水路を樋という。岩をくりぬいて水をながしたのだろうか。
d0089494_13432969.jpg


尾根では小高い標高をつかいらせん状に水路をつくり水圧をあげて、土砂をながす。そのためことろどころに鉛筆の先のように小山がのこり、その周辺は流された土砂が平たくのこり田畑になる。家屋はその小山そばに点在する。ながされる土砂が傾斜地にむかえば、そこに石垣をきずいて受ける。それが棚田になっていたりする。

小奴可は緑の鉛筆の先が大小ほこほこと点在して、実りの秋の黄金色の海のなかの小島のようだ。
d0089494_1344157.jpg


そんな景色の中鉛筆の先をめぐる小道にはいくつものコンバインがうろうろとうごいていた。
この景色は石見でも出雲でもであう。おおきな鉛筆の先の小山には一本の巨木とそのしたに小さな薬師の祠が配置され、巨木はときにヒガンザクラであったりして、春にはテレビにうつしだされたりする。ちいさなエンピツの先には古来からの神社が置かれている。

この景色をさがして走っている。古代から営々とつくりあげられた人間たちの営み。スゴイ!と思っていた。
が、先日ある鉄の歴史書が出版された。古代から発掘される鉄の原料は砂鉄でなく磁鉄鉱で、ほとんど原産地は中国であるという。その持ち込まれた鉄素材を炭でとかし、かたい鉄につくりかえる。その過程で触媒として砂鉄がつかわれているのだそうだ。砂鉄から鉄を取り出す作業はずっと下って、室町時代ごろだという。古代の溶鉱炉からは、磁鉄鉱が分析されるのだそうだ。

スサノオはそのふところに磁鉄鉱をいれて、森をめざして石見や出雲へとあらわれたことになる。はるばるやってきた小奴可は製鉄のずっと新しい時代の景観ってことになるのだ。

てっきり出雲の砂鉄がこの国を席巻したとばかりおもっていたのだけど。
[PR]
by forumhiroshima | 2008-09-29 13:44

国境

出雲から大和・京都へ陸路をとるとしたら、どんな道なのか?
なんて出雲をたどっていると、出雲神話が中央で語られ、それが出雲にかえってきたという観想が消えなかった。また出雲の王オオクニヌシは大和へ国譲りをしたという。その大和からの使者たちはどこのルートをたどったのだろう。
お盆は兵庫県の中央を縦断し瀬戸内と日本海を平地で連絡する水上回廊。今度は仁多から中国山地を横切ってくだる地点の東城の小奴可へ。ここからも古道のルートが福山へのびている。

備後の国は吉備の国が分割されてできた国だけど、山地を出雲からくだって最初の里になる東城と備中の国との国境がある。

自分がまだ青春って時代のころ、日本海から岡山の中央へ旅をした。西へ、新見から東城へぬける道側に若山牧水の歌碑の案内があるのをみつけた。
d0089494_12113972.jpg

車道から古道へはいると松ノ木峠という場所にその歌碑があって、そばに備後・備中の境界の石柱が二つつったていた。境界を示すのに棒を昔の人はたてたらしく、棒示と、なずけられた峠はこの境界のことをしめしている。

この国境を牧水は学生時代に通過して、「幾山河越え去りゆかば、寂しさの果てなん国を今日も旅行く」をよんだ。歌詞の国は備後か備中か?なんて思ったことがあった。

同じ日本という国の中の国境。歩くか、自転車でしか味わえない時間がそこにあるようだ。
d0089494_12115433.jpg

[PR]
by forumhiroshima | 2008-09-18 12:12


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧