こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
You ought to..
by parajumper at 15:36
Latin shema..
by williamyb4 at 13:25
louboutin pu..
by christian at 10:00
I blog frequ..
by ray ban ne at 13:12
Heya i'm for..
by canada goo at 09:04
http://silde..
by sildenafil buy at 23:40
Laterget htt..
by oripsojo at 20:23
http://www.g..
by nike roshe at 00:14
http://www.w..
by nike mercu at 11:58
Indelicate ..
by allanjy4 at 08:37
メモ帳

<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

石神

赤浦から自然歩道の急坂を東へでると、峠になる。小学校と中学校がある。ちょうど子供たちの下校時間だった。向こうから元気な挨拶がとんでくる。出雲でも石見でもそうだった。すごく新鮮な気分になれる。

ここからすこし坂浦へもどると分岐があって、立志と地図にある二軒ほどの集落へ入る。ここに、石神がおられる。この石神へは車道から入る踏み分けの道をみつけなければいけない。先般やっと見つけたのは地元の農家のおじさんに案内してもらってから。そこへの標識があったのだけど、はなくなっていて、そのままになっているところをみると、部外者は歓迎されないのかとも思った。
d0089494_12272549.jpg


石神は、二つがそそり立っていて、その前の空間に注連縄が張ってあるだけ。それが、なにか強い圧力でせまってくる。
d0089494_1227254.jpg


石神はシャクジンとも読まれるが御と様をつけて、オシャクジンさま。それがオシャモジにもなったという。宮島のシャモジを考える。石が成長するという考えが過去にはあったという。それが信仰になっているのだそうで、3月にはじまる東大寺のお水取りの最後に、川原から持ってきた小石を柳にはさんでお供えするという。君が代で、さざれ石が巌になると歌うが、明治に作られた歌といっても、古今和歌集が元になっているから、ふるくからの石への信仰なんだろう。司馬遼太郎がおばあさんが道から覗いている岩を踏んではいかないと、教えられたとかいている。二世代まえまでは、はっきりとした信仰だったのだろう。

そんなむかしを感じたくて、ここの石神をさがしてみた。
石神の前にあぐらをかいてみた。ここが普通の空間ではナイことは感じる。でも、そこで瞑想し、カラッポになるって気分にはなれなくて、すぐに立ち上がってしまう。そばにおいたグローブを取り上げると、なにか黒い長いものがついてきた。ビックリする。ただのスギの枯れ枝だった。あとで取った写真をみると、大半がぶれていた。手振れ防止機能がきいてないのだ。
ふと、自分は修験者にはなれないと確信した。と、その時、一畑薬師の修験者たちは、赤浦とこの石神とを回る修行をして、目の悪い人々の回復をねがったのではないかと思えた。赤浦で海草を採取して、また寺へ供えるなって、普通でも出来ない。だから、修験者たちは、その人々の願いをかなえようとそて、今に続く一畑薬師の信仰をかちえたのではないか。

その思いを打ち消すものが、赤浦にあった。地元の子供たちがかいたカンバンにあった奥の院が倒壊していて、そのそばに「この建築物は一畑寺とは何ら関係ない。また一畑薬師如来の分霊ではない。一畑寺」とあった。
d0089494_12544939.jpg


一畑薬師の参道にある饅頭屋の屋号は「開眼堂」とあた。
d0089494_12554031.jpg

でもこのお店は弊店してあった。
[PR]
by forumhiroshima | 2009-02-28 12:58

海から来る神仏

大山の大山寺の地蔵菩薩は海の中から島根半島の東端の美保の浦に上がってきた伝承がある。
出雲・一畑薬師は寺院から北の4.5kmの坂浦の西へ、中国自然歩道を1kmあるいた赤浦から上がった仏という伝承がある。坂浦には、オオクニヌシの協力者のスクナヒコナが上がってきたという。スウナヒコナは美保にも、石見・大田にも上陸伝説がある。

こんな話を聞くと、そこへ走りたくなる。ワクワクしてくる。神仏は空から降臨してきたり、海から上がってきたり。面白い。話としては聞いていても、ここです!という案内にはなかなかであえない。行きたいけど、判らないことが多い。
坂浦へ宍道湖からのぼる峠に、子供たちの書いた案内のおおきなカンバンを見つけた。そこに赤浦に一畑薬師の奥の院が書き込まれていた。
d0089494_1712627.jpg


「目の悪い人は一畑薬師の籠堂から、毎朝赤浦まで下りて、海の彼方から流れよる海草をひろって、仏前にあげる信仰がある。-日本の庶民仏教/五来重」と書いた本があって、それなら一畑薬師から、赤浦へ走ってみようと思った。赤浦は地図には記載されてなかった。カンバンのおかげだった。

坂浦から中国自然歩道を歩く。この入り口がわからなかった。ちょうど船を浜からあげているおじさんに聞いた。港の端から、朽ちた木の階段を教えられて、歩いていけるのかな?とも。いってみます。
d0089494_17223026.jpg

岬を登るとけっこうしっかりとした道で、踏み跡もある。さきほどのおじさんなら、船ですぐ、ってことしか浮かばないだろうと、歩くなんて、やってられないだろう。まして自転車でやってきたなんて、おかしいだろうと、思ったりした。道が下りに入ると、鋼鉄製の階段が現れた。自然歩道とは思えない。
d0089494_1722868.jpg


赤浦の海岸は幅2,300m。そこに赤い石が青い石と敷き詰められていた。たしかにアカ浦だ。
d0089494_17241926.jpg


この浜まで、薬師のある山から、目の不自由な人がこれるだろうか?それも毎朝。いや、そんな人があったから、ここへ鋼鉄製の階段が置かれたのだろうか。そうなら、なんとやさしいお役人がおられたものだ。下ってきた坂浦の急坂を、登り返すって、思っただけで、けっこう気が重いのだ。そんな根性じゃ、いけんのだけど。
[PR]
by forumhiroshima | 2009-02-27 17:32

ポケナビ

瀬戸田の港そば、高根大橋の下の海岸にお地蔵様が海の中に鎮座されて、満潮にはドップリ海に使っておられる。
d0089494_17552360.jpg

佐木島にも、因島にも泳いでるお地蔵様がある。海に向かって座っておられる。海水につかったり、出たりと、まるで水垢離の修行をされているようだ。

瀬戸田のお地蔵様の裏の丘に三重塔がそびえていて、国宝に指定されている。国宝のある丘といったイメージだが、この丘には大きな寺院がいくつもあって、小さな祠た生口神社もある。ちいさな丘にはそこらじゅうに石仏がおられ、聖地といった趣で、NHKに登録したいぐらいだ。
d0089494_18171040.jpg


越後の国の中世をさぐった、中野豈任という学者の著述の中に、「朝日が昇るところが、薬師如来の東方浄土として、夕日が沈むところを西方極楽浄土を考えられていたのかも知れない。そしてその浄土と思われた場所に{忘れられた霊場」がある。」とあった。その土地の拡がりの中にその土地の信仰が、コンパクトに実現されている生活を中世の生活といっておられる。

瀬戸田の美術館の南から、ちいさなサイクリングロードが整備されている。集落が尾根にむかって途切れるすそに、ゆっくりとした勾配で東へのびている。自転車用に設計されたようで、車道の側に歩道と兼用してあるそこいらのサイクリングロードとはちがっている。おすすめです。

ただ残念なのは短くて、すぐに終わってしまうのだけど、その終わりのところの尾根の中腹におおきな寺院がある。島の南海岸と御寺が四国の石鎚山を正面にうけている参道をもっているのには驚いたが、おの御寺と石鎚山頂とを結ぶ直線上に、ここの寺院もある。そしてこの寺院の西に三重塔がそびえている。持参したちいさなポケナビがそう判定していた。
三重塔から彼岸の太陽はこの寺院の上のあがり、ここから夕日が三重塔へ沈む。西東の浄土をかんじながら、瀬戸田の人々は暮らしてきた、ということか。太陽を日々拝むという生活があれば、ナビなんていらない!ってことでもあるのか。
d0089494_19243673.jpg


夕日を眺めに三重塔へ帰ってみた。黄砂で、白茶けて海が夕暮れの光が反射していた。そうだ、ここで夕日の時間をすごすのじゃなくて、ここをどこかから見てなきゃいけないのだった。極楽浄土の真ん中にオレがいてどうする。
[PR]
by forumhiroshima | 2009-02-15 19:29

約束はたしました

瀬戸田へ。
因島へ行く予定だったけど、あのアヒルたちへエサ持ってく約束が重かった。

尾道駅のデパートで焼きたての食パンを一斤。四つに切ってもらった。瀬戸田の町並みの南の丘を越える田舎道はなんど走っても、「イイ!」すごく気に入ってる。
尾根を越えて、南への登りから、ため池へ向かった。アヒルたちの縄張りだ。

いたいた、四羽が二つにわかれて道で寝そべっている。
こちらを見つけると、不服そうにガー、だけ。向こうの二羽は無視。

ガーへ、さっそくパンをちぎって投げてみた。一目散にパク。向こうの二羽がとことこ。気分は走ってるのだろうが。オヤ?ビッコひいてるみたい。
マー食べる、たべる。そこへ一羽のカラス。ほっとくとケンカしそうで、ちいさいパンをひとつ。くわえると、すぐに飛び立った。

もうないってころ、アヒルたちも満足のご様子。ふと、誰かエサくばられてるのかな?先ほどの様子だと、お腹すいてたようだ。足ひくずってたアヒル、いまはシャント歩いてる。食べてないのかな、もうこないよ。
d0089494_18254087.jpg


そこへおじいさん運転の軽四トラック。アヒルたちは、そばの水溜りの水飲んでる。オイ、側へよらなきゃ。おじいさんノコリともせず、アヒルにらんでる。でも、やつら動かない。
側によって池の側へ押し込んだ。軽四ブーっと走っていった。いつもこうなんだろうな。
d0089494_18255612.jpg


この図太さなら、大丈夫みたいだけど、おせっかいだけど、すこしかわいくしたら!エサもって来る人きっとできるよ。
[PR]
by forumhiroshima | 2009-02-13 18:27

ご無沙汰でした

生口島の北海岸・瀬戸田へ。

瀬戸田の港から南へ古い路地を走ると、もっと細い路地が交錯する福田に入ってゆく。この集落の発生の由来を宮本常一さんが残している。瀬戸田は農業の集落で、肥料にこまっていた。三原の漁師たちが沖合いの漁の途中にする排泄物に注目。ぜひにオカにあがって、用をたしてほしいと、要望。それで出来た歴史があるという。三原・幸崎の漁師たちは、瀬戸内海あちこちに拠点をつくった人々だというから、用足しだけで、ここに集落をつくったわけではないだろうが。
瀬戸田の集落と福田は天神社で境界がおかれて、井戸を中心に四方にのびる路地などが、お寺をとりまいてつくられた瀬戸田の有り様とちがっていて、かすかになってはいても、違っている景色がおもしろい。

福田から裏の小山にも家が連なっていて、その間をかよう道も瀬戸内って感じる定番の景色で、家々の甍ごしの、キラキラと広がる海と島並みの青い濃淡は、いつまでも残ってほしい。その路地がいったん新しい車道と交差してみかんの木々が連なる谷道が登りだすところに、ため池がある。

もうずっと前にここへ来たとき、池の側の小さな家のおばあさんが、池を泳ぐアヒルへエサをくばっていた。季節も忘れてしまったけど、青空の真っ白な雲をうつしているようなアヒルのおどけた泳ぎっぷりと、ザンバラな髪のおばあさんとに流れる時間と、雲の風にゆっくりと押される時間とが、重層して記憶にのこっていたようだ。
池のそばのガードレールにアヒルたちが寝そべって、そばにとまった自分を起きるでもなく、ながめて、ガーという。おばあさんのお家は、ガラス戸もこわれた廃墟となっている。おばあさんはどうした?ガー。亡くなったの?ガーガー。お前たちのエサ持ってこなかった。お前たちを忘れていた。
d0089494_12544261.jpg
記憶がいきなり回転しだした。おばあさんが腰掛けていた岸の石も草のなかに消えている。

ちかじか、きっと、パンでももってくる。約束する。待ってろ。
[PR]
by forumhiroshima | 2009-02-06 12:55


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧