こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
You ought to..
by parajumper at 15:36
Latin shema..
by williamyb4 at 13:25
louboutin pu..
by christian at 10:00
I blog frequ..
by ray ban ne at 13:12
Heya i'm for..
by canada goo at 09:04
http://silde..
by sildenafil buy at 23:40
Laterget htt..
by oripsojo at 20:23
http://www.g..
by nike roshe at 00:14
http://www.w..
by nike mercu at 11:58
Indelicate ..
by allanjy4 at 08:37
メモ帳

<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

大神・狼

備後の国の西の国境の山中をうろうろ。
赤名峠の備後の番所のあった横谷から、岡三淵の集落へ。
d0089494_16264927.jpg


ここは中国新聞が数十年にわたって取材をかさねている「中国山地」シリーズでよくあつかわれ、もっとも深い山中の集落というイメージをもっていた。

日本で最強だった哺乳類は、人でなくオオカミであった時代がながくあって、オオカミから大神を連想していた。もっとも恐れられる神だとしても、おかしくないだろう。江戸時代には狼の集団におそわれ、村が壊滅したという記録もある。
岡三淵・オカミフチの名から、狼を大神としていた人々の集落であっても、・・。番所のあったR54沿いの「室」から分岐を西へはいると、すぐお寺になる。ここに数十の石仏がならんで置いてある。すべて牛の供養だ。そうか、狼にでも襲われたか、などと妄想して登ってゆく。峠からつづらを下ると、あたらしいオシャレなプレハブの家もあるあかるい谷間に岡三淵の集落があった。背景の山々は、標高1000mに近いが、もうそそり立ってはいない。その真ん中におおきな茅葺の民家があった。殿敷・三上家と表示されて、解体整備されたものらしい。門は閉ざされていた。そのりっぱさに。これまでの山中の一番奥まった集落というイメージはふっとんでしまった。
d0089494_16271361.jpg

表示に南北朝時代に奈良から下ってきた三加美安房守藤原氏がここから一山越えた、島根県赤名の井戸谷に住み着いた。それから150年たって三加美氏は戦いに敗れ、その子と母がこの岡三淵へと逃げ込み、ここで500年のときをすごすとあった。ここでは三上と名乗っている。

備北には三上の姓は多いときく。この岡三淵から下って、江の川を越えると、御神本という所がある。古いが美しい薬師堂が丘にある。この御神本と同じ名が益田で勢力をもった御神本氏があって、源平時代石見で唯一源氏方であった。のちに益田氏となっている。平家一辺倒のこの地方にあっての源氏はこの一族がただものでないように思っていた。益田氏は石見から安芸にかけて沢山の係累の領地を広げていて、血縁の強い一族であったようだ。

というには、この益田氏の関係地に柿本人麻呂の神社・小野神社や春日神社があって、石見から安芸にかけてに、あるとき中央からの移住がおこなわれたという。すっかり歴史の中の霧の向こうの話ではあるが。
その春日神社がここにあることから、変な連想をはじめたという訳。ここの三上氏は奈良から下るさいに、この春日社をもってきたと、表示されて、そばにりっぱな春日神社が鎮座している。
d0089494_16273493.jpg

赤名から落ちのびた道は、最短ては集落の北側の釜崎からの出雲への山越えになる。やっと舗装されている道をたどると、廃屋が一軒あって、そこで道はブッシュになっていた。
d0089494_1634198.jpg


三上家にもどって、もう一つ、間道とおもっている赤名からの道をさがした。しっかりとした道がこれも最後の民家でダートへとかわった。赤名でもダートにきざまれた轍があったから、きっとつながっているのだろう。
神社まえには三叉路ができていて、すべて江の川へくだっている。

この岡三淵は、むかしはおおきな交差点であったようだ。いまも6つの道がはいってきてる。その一つは廃道になっているが。
南へくだると江の川の港という町へでる。いま作木道の駅にのあるところだ。河川交通の盛んなころのなごりの「港」なのだろうか。山中の産物と海から運ばれる荷物は、牛の背中で運ばれたのだろう。御神-ミカミ-三上。御神-オンカミ-岡三。そして国に境、「フチ」だろうか。
[PR]
by forumhiroshima | 2009-09-25 15:10

希望のケルン

高野の高暮ダムをすぎて、高暮の集落にはいると、川沿いに小学校の廃校がある。先年この跡地を利用してつくられた「ふるさと高暮村」も閉鎖になっている。
d0089494_18453490.jpg
そんな状況の廃校でも、朽ちていってるようにはみえない。校舎には明かりがついていたりする。校庭の桜並木はみごとなものだ。その校庭に、生き写しのような銅像が二つ並んでいる。
d0089494_18445159.jpg


平成5年5月5日に設置されたと碑文にある。ひとつは校長先生、もうひとつは都会にでられて業績をあげられたお医者さん。ご両人はこの高暮の集落の出身者だとあった。銅像の足元にはびっしりスミレが広がっていて、木造の校舎とちいさな校庭をかこむ桜並木。その手前に神瀬川がながれている。標高が500mをこしている校庭へふきこむ川風が、キリと肌にさしこむ。そんな春がここの大舞台なのだろう。
その遅い春の5月にこの小学校の廃校の記念行事で、りっぱな郷土の誇りが建てられたことになる。今の日本の誇りといえば「イチロウ」。小生「コヒチロウ」まったく関係ないです。なら、書くなって。

もう一つ校庭に石が積み上げてある。「希望のケルン」と名がついている。基礎の石組みが5つ。これが高簿の集落数。中段の36ケは総戸数。上段の97ケは総人口。平成11年5月5日設立。
d0089494_1845991.jpg


中国山地の標高500mをこえてある学校はもう芸北、吉和ぐらい・・?。吉和は小中が一つになってる。
ちいさな分校や山中の小学校は、学校整備される時代に村の共有財産を拠出して作られたものがたくさんあるのだそうで、子供たちにりっぱな教育をしてやりたいと、県に陳情し学校を整備し、そして先生の派遣をしてもらうために、宿舎を用意したという。そして、東京大学の木「イチョウ」が校庭に植えられた。

朝の車のラジオで政党の選挙の演説の解説が聞こえてきてたことを思い出した。「地域社会の一体感を大切に・・・」が公約だという。もう、いいですよ!ここでは「希望のケルン」が、もう出来ています。子供たちの教育が希望だったときと、いまは違ってしまっても、高暮の「希望のケルン」は出来てるのです。あとは、ガンバ!!と思うよりしかたない、のですが。新しい胸像ができるの、待ってます。
[PR]
by forumhiroshima | 2009-09-21 18:45

ワニと温泉

島根県仁多に恋山・シタイヤマという名の土地があると出雲風土記に記載される。このごろは「鬼の舌振・シタブルイ」として観光地になった渓谷のことだ。「むかしここに美しい女神がおられた。この女神をしたって、ワニが海からはるばるさかのぼってきたが、女神はおおきな岩で川をふさいで、拒絶した。ワニは悲しんで体をふるわせた。」ワニが鬼に、慕って震えることから舌振となった、という。この近くに美女ケ原という地名ものこって、優美な神話だと思う。

この川を遡ると真木という集落にでる。ここは、昔、隠岐の島からつれてきた隠岐馬を飼っていたという。隠岐からワニの群れをだまして、因幡の浜へワニの背中を飛び越えてきたウサギの話を連想する。真木は牧場の牧だろうが、ワニと呼ばれるサメ料理の材料を石見から備後へ運ぶルートが草峠だという。その峠の西に、やはり真木という土地がある。では、ワニは馬ではこばれたのか?

真木を南へ脊梁の山へ入る間道に、近くの加田温泉をスタートした。
d0089494_11123529.jpg
ここのバス停は「潮橋」とあった。ここから西へ山越えると、大和・潮温泉がある。出雲国風土記の海潮郷は、海から潮が押しあがってきたことからの名だといい、ここの海潮温泉はご存知だろう。
大きな津波を連想する話だが、温泉と潮とも、なにか、つながってるのかも。

古代に海岸線はいまよりもっと深く入り込んでいて、この国へ渡来した人々は、陸影に近づくと、海水をなめて、その塩の辛さがうすまると、川を感じて、河口をめざしたという。そして、河口をさかのぼり、湧く水をさがし、上陸して森へはいったという。我々は冒険者を祖先としていることになる。冒険者たちが、開拓が一段落したとき、故郷の味をおもいだした時、ワニが食べたくなったとしたら・・・。

ある日地平を揺らす地震があって、そのあと、川が逆流しはじめた。津波がさかのぼってきた。その水が引いたとき、一匹のワニが河畔に打ち上げてられていた、としたら。ワニをたいそう喜んだだろう。そののち噴出した温泉を潮のなごりと思ったとしたら・・・。

赤名から布野へまわって、高野から草峠へ。峠の取り付きの整備された車道はすぐに古道の幅にかわった。ここは広島県の大万木林道になりのだそうで、清流と広葉樹の森にちいさなベンチがおいてあったりする。すっかり朽ちはじめてるが、たしかにここは広葉樹のすばらしい森がある。
d0089494_11125920.jpg

きっつい最後のアプローチで峠の切り通しをぬけると、出雲国風土記で国引きの杭とされた三瓶山が正面に現れた。
d0089494_11132013.jpg

d0089494_1112367.jpg

加田温泉は茶色に濁ったぬるめの湯、ひとりになったとき舐めてみたが、塩辛くはなかった。
[PR]
by forumhiroshima | 2009-09-20 11:13

国境と間道

備後と石見・出雲の西の境は赤名峠になろうか。古代には赤名越えよりも草峠越えが主要路だったのか、風土記には頓原に関所を示している。

下って、江戸時代には、主要道は赤名になっているようで、出雲・赤名と備後・布野が宿場に指定されている。この間に番所が、いまの横谷のR54にある郵便局あたりにあったらしい。そして、その東の捨金という場所に間道の番所があったという。時代劇っぽくて、いいじゃないか。

赤名のトンネルは自転車で走ると、大型車が離合すると、壁までよせないといけないほど狭くて怖い。旧道はトンネルの上にしっかりのこされていて、スギの森の中で湧水もあって、快適なんだが、舗装されていない。先日のパンク、タイヤ断裂から、ダートに弱気になっていて、出雲への自転車道さがいていることもあって、はしりにいった。

d0089494_1611196.jpg


赤名から西の真木からも、
d0089494_1626354.jpg
東の谷からも道はダートだった。残念ながら回避。MTBなら、もってこいの感じがする。こわごわ赤名のトンエルをぬけて、すぐR54を左にはなれる。ここが江戸時代より振るい往還道らしくて、「出雲街道」のカンバンがある。吉谷の分岐をすぎて、次の分岐をはいる。蔵がならんだ大きな屋敷の家もあって、それは出雲吉田の田部家のミニ版の感じ。山中の一軒屋の屋敷はむかしの鉄山師の家だそうだ。りっぱな石垣が、その加工に手馴れた人たちによるものだとおもう。なんせ岩を相手の仕事なんだから。

吹谷までの道がダートで途切れた。地図には民家マークがあるが、車では入れない。やはりMTBか!
引き返すみちに、ふるびた、いかにもふるびた神社をみつけた。須佐神社とある。表示に10世紀後半に、出雲横田から神様が降臨したとある。
d0089494_16264471.jpg


この山中には縦横に道がある。その道をいまも作業道として改修されたりしている。尾根一つで赤名や高野に接している。ただ車だと布野から君田をぐるりとまわることになる。MTBがいいのだ。
君田と高野の間の宮原に杵築神社があって、この山中一円の信仰があったという。この神社は9世紀後半に出雲から勧請されたという。
d0089494_1627096.jpg


すっかり、備後と出雲の境をはしっているつもりが、この山中一帯は出雲の神々のテリトリーってことになった。
赤名と布野の間15kmの幅は、国境なんてものでなくて、そこは別のエリアなのだろうと思う。そこへ通う道はいまも自動車を受け入れてはないようだ。神々に仕える人々の主が、あの蔵をならべる屋敷の主人であったのだろう。
[PR]
by forumhiroshima | 2009-09-19 16:22

養蜂家

出雲と備後の国境をうろうろ。赤名峠の東の鞍部に、メイン街道・銀山街道をはずれた間道がある。雲石往還の一つだと聞いて、地図での破線にはいってみた。当然ダートになってるのまでは、予想していたが、車の轍がつづいていて、これは作業道になっているようで、そうなら県境をこえるみちでは無いのか?と不安になって。引き返した。

道が舗装にかわる場所に、たくさんのハチの巣箱をみていたところに車が帰りには入っていた。帽子にネットをかけたおじさんがおられる。
d0089494_1111625.jpg


今年の早春に、全国でミチバチがいないことが報道されていた。温暖化なのか、と問題になって、果樹園での受粉作業に支障があるほどだとあった。その報道に付帯して、今年の夏は寒いかもしれなっから、米つくりの農家では、田に堆肥をおおめにいれて、地熱を期待するのだと、東北地方だったか、その予感にえらく感動した。ミツバチが知らせる情報を読む農業・・・自然に対峙する人々に感動してしまったのだ。

一年中田舎をうろうろしていると、季節は四つでなくて、八つぐらいには感じることがある。昔から24季というほどだから、もっと自然を感じるのが、日本人だろうが、変化するのもとして、季節をとらえても、予想など考えられない。温暖化と一口にいっても、寒い、暑いほどのもので、自然から、その変化を皮膚でかんじることなどできそうにない。が、そんな人々がおられるのだ。これを感動といわなくて、田舎うろうろしていては、それがなんだ!と自分に言ってみる。

養蜂家のおじさん、気合はいった人にたいだ。久留米ナンバーのトラックに、8888とつけている。
d0089494_1112633.jpg
数十個あるミツバチの巣箱に1万から3万の蜂たちがはいっているそうで、そうなるとここに百万のハチがいるのだ!
もう九州にかえる準備にこの奥まった場所におられるのだそうで、ハチがねてる夜には、九州へかえるといっておられた。

ハチたちは今年は?花が変わってきてる様子で、彼らも戸惑っているようだ。ただすごいスピードで世代交代しているから、人間とちがって、対応は早いだろう。その変化への対応におじさん戸惑っているようだ。ハチは今年雨の夏を予想していたとおもいますか?それは彼らに聞いて見なきゃわからんよ。でもきっと話してくれんだろうね。

幹線ぞいには、ナシやりんごのカンバンがでている。彼らのお仕事の結果は、ことしまずまずらしい。
[PR]
by forumhiroshima | 2009-09-17 11:10

ワニとジャムパン

備後と石見との往還道として使われた頓原と高野を結ぶ峠が、出雲国風土記で荒鹿の関とよばれた「草峠・クサンダオ」。石見から運ばれた、塩サバや酢タコなどと、備後のお祭りには欠かせないワニ・サメの古名もこの峠を越えたという。「ワニの道」ともいわれると聞いた。牛市で著名な頓原や出羽に、牛が列をつくってこの峠を越えたという。標高は930mもうちょっとで1000mという高度を、日常行きかった人々にあやかって、登ってみたくなった。
d0089494_11443092.jpg


頓原からスタート。布野から君田、高野と広島県側へまわって草峠の予定が、赤名峠を越えて、R54をはなれて「出雲街道」の古道へはいると、「パーン」と澄んだ音がして、後車輪がボコボコといいだした。石をはねた感じがあって、タイヤを見ると、バッサリ、タイヤ半分も切れている。応急の処置をしても、はたしてこれからの残った50kmほどの行程を乗り切れるか?。自転車屋としても、なさけないほど自信がないと感じる程のタイヤの切れようだ。
もう一度バーストすれば、万事休す!あとは歩きになる。ならば、とまた赤名へ上り返す。赤名峠は古道は未舗装。しかたなくトンネルに。恐竜の咆哮とおもえる軽四の音のおびえながらぬける。幹線道の下りで、バースト転倒なんぞしたくない。すぐに銀山街道の古道へ。パンク後のタイヤが内側に貼ったシールが落ち着いてきたようで、2mmほどの亀裂の拡がりが止まった。これなら、まだ走れそう。
そうなると、やはり草峠への未練が出てくる。

赤名の町をすぎ、銀山街道を中学校の下で別れて来島へ。ここから東へ小田川にそって登ると島根県県民の森があって、それから峠へ合流する。このルートを選んだ。県民の森は杉の森にあって、オシャレなロッジもあるが、夏休みがおわってるからか、閑散としていた。ただ十人はこえるぐらいの作業員さんが居られた。

県民の森のセンターをすぎると、いきなり通行止のなっている。
d0089494_11204354.jpg
いつのも強行突破をねらってるが、作業員さんたちがいる。しばしウロウロ。彼らが事務所への出入りのすきまに、サッサと突破しようと、陰に座って地図を見る。一本道を地図でたしかめてもしかたない。亀のように首のばしてみても、いつも幾人かが居られる。
と、通行止の向こうにおいてある作業車に数人が向かってくる。もうかくれてはいられない。
「あのー、草峠へ行きたいのですが、見逃して!!」その中から、自転車ならいいじゃないか。とありがたい。リーダーらしき人が、陥没してるところは一ヶ所で、自転車なら渡れる。ついでだけど、道にある溝のふたを大雨のためずらしてるから、注意して。注意しますとも!!。それよりこちらはタイヤの時限爆弾もってますから。ビクビクなんですよ。と心の中でつぶやいた。

手入れされたスギの森なんて、なかなかお目にかかれないきれいな景色の中、舗装のみちが登っていく。ここでタイヤが終わっても、歩けばいい。と森が気分を楽天的にしてくれる。急坂にはいって、九十九になってきて、陥没箇所に到達。たしかに車は無理。へっへっへ、自転車OK!。と向こうから二人つれが歩いてくる。登山の帰り道らしい。挨拶して、お互い、なにか複雑な気分が流れる。「おまえここ通行止じゃないか」。
たしかに山歩きに通行止なんてない。歩きが最強ですよね。たしかに。

高野と頓原をむすぶ峠道へでて、高野側へ峠のトップに走る。すごい景色が背中にある。振り向けば三瓶山がボッコリ突き出している。そのすぐ上に秋の雲がのっかっている。これを越えて、ワニ背負った人たち、きっよ三次の町でまってる人たちの顔が浮かんできてただろう。そうでもなきゃ、ここを通ることないだろう。
d0089494_1121637.jpg

d0089494_11212383.jpg


ふと、先日高暮ダムから高野のこの上り口へ走ったとき、そばの食料品店で買ったジャムパンを思い出した。
よくあることだけど、田舎の食料品店は賞味期限がない。判ってるが、店のおばあさんがこちらジッとみていて、パンの期限なんぞ確認できそうにないし、腹へってるから、頭はジャムにするか、コッペにするかしか、動いてない。店そばの陰にすわりこんで、コーラとパン食べるとき、やっと、「またやられちゃった」と。
d0089494_11213749.jpg
ふと生産地をみるとなんと鹿児島県です。
「ワニ」のあのアンモニア匂がたまらんらしい。日本海からはこばれた「ワニ」と「ジャムパン」が重なった。
[PR]
by forumhiroshima | 2009-09-11 11:19

クラブランコース

古代の安芸の国と備後の国の国境はどこか?いろいろ考えてみるが、三次が備後の国ってことで、よくわからない。江の川から北、可愛川から東らしいが、同じ水系では同じ国だと思うが、この二つの国の境はあいまいだとおもう。江の川と太田川の分水嶺は上根峠にある。そこから備後って思えない。方言の分布では高宮までが、広島弁でそこからは石見弁との境ともきいてる。

R54の西・作木が備後とも思えないので、備後の国の東を走り終えたとして、一応だけど、西の端あたりを徘徊しようとおもっている。あくまでの自分の感覚であって、作木・布野・君田は古い三次郡だ。
d0089494_1572447.jpg


以前サイクリングクラブでよく使ったコースに君田から高暮ダムへ走って、君田へかえる40kmばかりがあった。登りは古い古道で車は少なくて、帰りは下り10kmとダウウンヒルコース。初めてのツーリングで、自転車が面白くなるってコースだ。いまは君田に道の駅の温泉までついている。

神之瀬川をさかのぼる道はゆるやかに高度をとっている。道幅に大型車通行困難のカンバンがでているこれはは自転車には、最適コースのカンバンになる。道は渓流にそって九十九にあがって、そこかしこにその渓流にながれこむ小さな流れが、道そばで滝になっていたりする。
大きな岩を掘削して切り開いた後がいくつもあって、一つあるトンネルは、コンクリートでおおわれているが、いかにも手作り。
d0089494_1585266.jpg

芸北の王泊ダムのそばに古道がある。これはタタラ製鉄に従事していた人たちが開いた道で、タタラ場へ炭や食料などを運んだみちだという。すっかり廃道になっていたが、ゆっくりとした傾斜と切り開いた岩の有り様を、この高暮ダムの道ではおもいだす。
人力での開削の景色は、けっこうわかるものだとおもう。というのは、このダムは1940年の戦争中に工事が始まったという。その際に沢山の朝鮮半島から連行された人々がこれに従事したと、戦後このあたりにたくさんの朝鮮半島の人たちが居住していることをしった人たちによって、ここでの強制連行が知られてきた。
この人力開削をかんじさせる道は彼らの労力の結果なのかとも思う。このダムは戦後もひくつづいて建設されているから、彼らの労働の結果だけとはいえないのかもしれないが、人力の開削にちがいないと、タイヤから伝わってくる。
d0089494_1582277.jpg


ダム堰堤に、その強制連行の結果、なくなった人々の慰霊碑があった。これは地元の人たちや学校の先生・生徒によって作られたとあった。
d0089494_1591397.jpg

韓国に酒が供えてあり、掃除のいきとどいた小さな広場にむくげが咲いていた。韓国の国花だという。「ムグンファ」と呼ぶ。
d0089494_1575418.jpg

[PR]
by forumhiroshima | 2009-09-03 15:06


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧