こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
You ought to..
by parajumper at 15:36
Latin shema..
by williamyb4 at 13:25
louboutin pu..
by christian at 10:00
I blog frequ..
by ray ban ne at 13:12
Heya i'm for..
by canada goo at 09:04
http://silde..
by sildenafil buy at 23:40
Laterget htt..
by oripsojo at 20:23
http://www.g..
by nike roshe at 00:14
http://www.w..
by nike mercu at 11:58
Indelicate ..
by allanjy4 at 08:37
メモ帳

<   2009年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

神道?

備北三大祇園社のひとつ、庄原・山内の日吉神社は閑散として、秋の日差しが明るすぎるとおもえる様子だ。ここから馬洗川を南へ遡るコースのスタートにした。三次・庄原は江の川のながれる盆地にあって、中国山地を北側にして、ここから南への瀬戸内海までは、つい下っているように思おうのだけど、実は盆地の南端には山がつらなって、のぼりになっている。三良坂、上下と地名がよく示している。
d0089494_14163373.jpg


高速道路のすぐそばの「甲平」という数軒のあつまりの集落へ入った。自動車道のブーンという音のなかに。よく通る声が聞こえてくる。午前の日差しがやっと、朝霧を追い払った時間だ。なにか仏事でもおこなわれているのかと、はしっていると、「払えたまえ・・・」といっている。たしか地図にはここには神社はでてなかった。道路そばで人影がうごく。ここから声が聞こえてくる。

神主の衣装のおじさんと、そんばにおばあさん。道路と彼らまでは、2mほど。生垣がわりの芝が隔てているだけ。御幣がサーと振られて、一礼。道路にたってる自分にされたのかと、勘違いするほど。はずかしくてこのにある木の陰へ。
d0089494_14165158.jpg

立ち去られて、覗き込むと、ブロックでかこまれたちいさな池のそばに、一本の御幣が差し込まれている。この池にお払いがあったようだ。
d0089494_14171851.jpg


ラッカディオ ハーンに「古風な迷信、素朴な神話、不思議な呪術-これら地表に現れた果実の遥か下で、民族の魂の命根は、生き生きと脈打っている。この民族の本能や活力や直感も、またここに由来している。・・・この国の人々の美の感覚も、芸術の才も、剛勇の炎も、忠義の赤誠も、信仰の至情も、すべてはこの魂の中に父祖より伝わり、無意識の本能にまで育まれたもの・・神々の国の首都より」
西洋人に指摘されたくはないことだけど、ここのちいさな御幣は、彼の観察がいまも正しいことを証明しているかのようだ。
[PR]
by forumhiroshima | 2009-10-29 14:17

古頃

庄原から高野への国道から離れて、比和の手前から高野への古道が入る谷が二つある。庄原に近い谷の古頃という古い集落がある。ココロかコゴロか、判らない。ココロがいいな。
d0089494_1859618.jpg


川にそって、小さな田んぼが続いて、小さな家の集まりが三箇所。その中央に中先途の集落があって、八幡宮と、その鳥居に対峙してきれいな小学校。学校の側の川の向こうに、長い平屋の大きな農家が見える。一本の横に置かれた軒の長さがこの家の古さを誇示している。
d0089494_190511.jpg
昔ここに大木があったことを示している。
お宮の鎮守の森には、大山神社も併設。ちいさな祠も杉の大木の森に点在している。
d0089494_1903026.jpg


周囲には、数軒の民家が点在しているだけだが、廃校となった校門にこの学校ができて120年の式典があったことの石碑がある。そこに明治から大正の間に、学校が数度増築されたとあった。裏手の校庭には、草がのびだしている。その向こうに、だれもいない保育所の建物がすわっている。
d0089494_190514.jpg

旧家のそばに。大きな岩がある。赤子岩とカンバンがあって、いまも成長しているから「赤子」なんだそうだ。
d0089494_1923955.jpg


古頃の集落の中心にあたる場所であることは、神社・学校そして旧家でわかるが、明治7年にこの学校が創設されたようで、その事実と今の景色との落差、そして学校はオシャレに真新しいことに、混乱してきた。

このごろ「維新」という言葉をよく聞くが、明治維新そうそうに、学校をつくったこの山中の人々の子孫たちは、どこへ消えたのだろうか。近年ここにあった保育所で育った子供たちは、いまどうしてるのだろうか。「坂本竜馬」もここに今きたら、維新ってなんだったのか?なんて思うに違いないだろうな。

校門に座って、正面の高い杉の森のなかの鳥居の景色をみてると、なんと、なつかしい景色なんだろうと、思えてきた。自分は広島市内の中央の小学校にかよっていたのだけど、なぜかそう思う。
シャレにもならないが、昔の頃の景色(古頃)のこころがあるな。
赤子岩はこれからも成長して、きっとここに新しい景色が出現する、とも思った。
[PR]
by forumhiroshima | 2009-10-27 19:04

金尾峠

備北の山岳地帯をぬけて出雲へ入る峠を走ってみたが、出雲への中国山地脊梁の峠の南にもいくつかの峠があって、けっこうしぶとい。その峠のなかに口和から高野への金尾峠に走った。
d0089494_1422104.jpgこの峠は高野から南下して口和へ下るには、どうってことないが、口和へのトップからの下りは、もう結構です、ブレーキにぎってる手がいたくなってきてます。という下りになる。

もうずっと前にこの口和からの登りで、まいった経験があって、今回は比和から王居峠のトンネルをぬけるという、イヤなコースをとった。トンネルが、あの口和からの登りよりマシ!と、弱虫根性。

口和からは、市場というちいさな集落をぬけて、宮内の「タカイカミ神社」前から登りになる。旧道の九十九は、新しい農道になって、なぜかこの農道をつくる「緑資源機構」の設計は、ジェットコースターみたいな、見れば美しいけど、自転車にはとんでもない。この道が西の君田から東へ。君田から西へは、問題になっていた芸北の十方林道になっていた。機構がなくなったらしくて、すこし安心している。

この道に、都から隠岐へ島流しになった後鳥羽上皇が通った伝承がある。上皇は隠岐で亡くなった。備後の国の最西の作木に、上皇が密かに島から脱出して、作木で亡くなったという伝承にもでくわした。その訳はわからないが、ひそやかな土地にある、悲しいけど、どこか華々しい話だ。
上皇が隠岐へ流されるルートにこの金尾峠ごえを選んだとしたら、大変な旅だとは、よくわかる。

この峠のもうすこしでトップというところに「スイス村」という、不登校の子供たちが生活する施設がある。ここの子供たちは、標高差500m/距離8kmが通学路になっていて、自転車で通うことがあると聞いた。
d0089494_14214239.jpg


北へ向かって、暗い茂みが覆いかぶさる、間道の急峻な峠は、おかしな機構とやらでなければ、自動車道を作るってことを考えないだろう。その茂みの暗さと、波頭くだける北の海の孤島とが、よく合わさって、冷え冷えとした道になっている。
その道をママチャリで通学する子供たちがいることは、なんだか希望の光のように思える。
なのに、今回は高野から下っている。なさけない!ばかり。
[PR]
by forumhiroshima | 2009-10-25 14:22

朝日と横笛

朝いきなり気づいた。今日は10月第二日曜日。

数年前の朝、黄金山からくだるのに、あまり入らないルートへ。どこからか、笛の音が聞こえる。朝の住宅街に、あわせて太鼓の音がかさなって聞こえる。市内にお神楽を舞う地域はないはず。お神楽は山の集落からやってくるもの。

丹那の町は交錯した路地がある。そのどこからか、聞こえてくる。音を追ってみた。いるいる!白い浴衣のすそをはだけた若者の集団が、早朝に家々の戸を叩いて、獅子を舞っている。すんだ横笛に音色と太鼓の調子が、かぶさっている。ゆかたのすそをひきずった中学生らしい男の子が、お供えをあつめているようだ。集団の横を抜けると、笛の音が追ってくる。屋根のむこうになってくると、自分の周りに、なんとすがすがしい、凛とした風が舞いだした。広島の市内にも、こんな風がまだ吹くのだ。

その風に、秋の空になると、あたりたくなってくる。7時すぎには、獅子は踊りだしているはず。
飛び出して、丹那へ。
d0089494_1195233.jpg


大河の交差点を東へ回ると、いきなり「風」が吹いて、横笛の音にぶつかった。遠慮なく家々の戸がたたかれ、つぎつぎに開いて、獅子が侵入している。朝だ!!祭りだ!!獅子を舞わせろ!笛よ、もっと歌え!「お払いだ!お払いだ!」「いいことやってくるぞ!」ピーヒャラ、ドンドン。
d0089494_118578.jpg


吹いてくる笛の風があつくなってきた。こそこそと、きっと留守になってる祭りの神様の神殿へゆくことにした。「穴神社」出雲の神様・スクナヒコナが鎮座されている。いや、この神様は紀州の神様でもある。いまは自動車工場となった、海で紀州からきた漁師たちが引き網を引いた。いわしを一網打尽。その網が丹那のもたらされている。スクナヒコナは海の向こうからやってきて、国造りがすむと、粟にはじかれて海の向こうへかえってしまった。はじかれた粟は、紀州対岸の阿波の国にあったという。阿波の漁師も瀬戸内にも、また安房を名をかえて関東へもいっている。

神殿入り口に、すっくと二本の幟がたっている。丹那青年会奉納。
d0089494_1191675.jpg

[PR]
by forumhiroshima | 2009-10-11 11:09

蓮と天皇の御陵

作木の山中へ出かける。
d0089494_17285049.jpg


江の川の河畔で地図をみていた。尾根の上にある集落への道が地図では細い線で、これが未舗装だったら、またパンク・・と、不安だった。川沿いの県道から急坂であがる入り口にいる。そこへ、スーっとタクシーが入ってゆく。どこかで道は未舗装になるやも、知れんが、・・と後を追った。

急坂から九十九にかわって、ありがたい勾配で、やれやれ。登りの道幅は狭くて、車がいっぱいの状態。無住の家と洗濯物のある家だけの二軒の集落をすぎるころ、タクシーが帰ってきた。路肩ですぎるのを待つ。タクシーが止まって、運転手が窓から笑って会釈してくれた。舗装は続きますか?どこへ。判らないけど、この先へ。大丈夫!道は改修されてよくなっとるよ。
やはり整備されていたか。古道は消えてしまってるか。と、先ほどまでの未舗装の心配から、車道の急坂の登りがまってるのか?トホ・ホ。と、ご都合主義です。

尾根にあがって、空を見る。台風の予報がきになるが、走り出したのだから、しかたない。ただ、先ほどからいっさい鳥の鳴き声が聞こえない。虫たちはうるさいほど。そらにこうもりが飛んでいる。やはり、普通じゃない。

すこし予定をかえて、香淀へ走りだす。江の川(可愛川)がここで大きく曲がっている。淀は流れがたまる所、香から香魚・あゆを連想した。いまはカヌーの里だろうだけど、あゆが跳ねた里だったのだろうか。

新しい車道の下りで、おかしな墓標が眼に飛び込んできた。止まると表示板に後鳥羽院御陵とある。鎌倉時代に幕府転覆行動で隠岐に流された天皇。隠岐で死去されたはず?表示に「ひそかに島を脱出。香淀で死去」とある。油木には鎌倉幕府転覆、南北朝期をおこした後醍醐天皇の墓があった。本物なら宮内庁管理とあるはず。備後の国は尊王の国なんだと、歓心してしまう。

道は尾根の上を走ってる。空がひろいが、怪しくなってきてる。台地が広々としたところへ入った。寺谷と地図にあって、寺のすくない作木の寺ととってみた。ひろい田園の中に、大きな赤い瓦屋根。古びていても、どこか凛とした風情。開け放たれた境内にはいろうとすると、一台の乗用車が入ってきた。先にいってもらう。おじいさんがお布施とかかれた封筒片手に、ここへこれで(自転車)できたのか?ごうろうなもんじゃの。と自転車覗き込む。せっかく来たのじゃから、ハスを見ていってくれ、といわれる。寺からすぐに池があった。
d0089494_1729247.jpg


夏の花・ハスが、まだいくつか開いている。キャベツほどもある大きな花。いけにはその花びらが浮かんでいる。もう少し早くくれば、満開だったろう。その景色見たかった。
d0089494_17293891.jpg


江の川への下りはまた急坂になった。丘の上に、このひろい場所があるとは?だからかくれ里で、御陵伝説が生まれたのだろうか。御陵にふさわしい蓮の池だ。
[PR]
by forumhiroshima | 2009-10-09 14:26

荷車の歌

R54で横谷の天神トンネルをぬけると、旧道に天神社がある。すこし赤名へ登ると道路脇に農産物販売書があって、「荷車の歌」とカンバンがかけられている。

「荷車の歌」は、戦時中に思想犯として投獄されていた「八代 巴」の小説の題名で、三国錬太郎主演の映画になっている。学生時代にいま話題の「蟹工船」とおなじような小説として読んだ覚えがある。三良坂に「八代 巴記念室」もあるほどで、この地方ではわすれられない小説だとおもう。が、内容はすっかり忘れていた。

岡三淵の殿敷屋敷の前にある表示に、この建物の案内に並べて、荷車の歌の案内があって、赤名峠を荷車をひいて往復した主人公が、この屋敷に女中さんとして奉公していたとある。学生時代の思い出がよみがえってきて、おどろいた。「ココカ!」という印象だった。
d0089494_13322234.jpg

この小説は、実話からできたと作者もいっていて、赤名峠に県道ができた明治から、馬車に変わり、自動車に変わる交通の変遷が時代として書かれていて、読み返すと、先日来この備北山中の生活が仔細に語られて、どうしても、走ってみなきゃイケンと。

「ナナシキ(小説では地名は変えてあると作者がかいてある)は大地主で、地上にみえる財産もはかりしれないが、地下にかくされた財産もはかりしれない。それは朝日輝く三本杉のもとに埋めてあると言い伝えられていた。・・ナナシキの旦那を殿様のようにあがめていた。旦那がでかけるとなると、近所の一軒残らずから一人づつのお供がでて、籠をかついだり荷物をかついだりして、荷次所まで送って出た。」そうかかれた屋敷があることが、おかしくて、その屋敷を整備する力が小説にあったことに、驚いた。
d0089494_1333244.jpg


その旦那を存在させたこの岡三淵は、中国山地の脊梁にある。そばの人々は荷車を押す仕事でもしないと、生きてゆけない。なのに、旦那はいる。このことが、どうも気になるのだ。この土地に秘密があるのだ。
そうなら、この土地へ入る道をすべて走ってみようか。

岡三淵はひろい空がひろがる東西1km南北500mほどの標高460m盆地で、お屋敷の前で川が合流して淵をつくる。西からも、南からも、東からもうっそうとした杉の森の中500mをこえる峠、それも急坂であがってくる道を登る。
d0089494_1334194.jpg


d0089494_13345072.jpg

不思議なことに気づいた。西には天神川の深い谷があり、南から上ると、天神社が鎮座するところから、細い道が九十九になる。東の横谷にも天神さんがあられる。北の赤名には、出雲国風土記にも書かれた、天神さん・菅原道真の祖先・ノミノクスネがいる。
宮本常一は、天神社はその地域の境をまもる神として、境界に鎮座することが多いといっている。大宰府は海外との境。防府は九州かな?
そうなると、この岡三淵は東西南北、天神でかこまれている。当然岡三淵の人たちが境界を引いたのでなくて、その外の人たちによって境界されてると、考えるほうが自然だろう。
荷車の歌のなかにこんな歌があった。「国境にいざよう雲や、国ばらの、雪もしぐれもこの御山より」
寒くてしんどい冬は山からやってくる。そんなところに暮らす人たちは・・。

今年の紅葉ははやいと新聞がかいていた。御山に冬の雲がかかるのも速いのだろう。
[PR]
by forumhiroshima | 2009-10-02 13:31

廃寺

作木の山を走っている。幾つもの尾根と谷、その間のすこしでも広いところに民家が点在している。といってもすべての民家をたしても、百にはならないだろう。30km四方をはしってみて、そう思っている。

自分の想像を掻き立ててくれる神社は、集落ごとまではいかないけど、けっこう存在していて、よく維持されてるとおもっていた。ところが、この地域にはお寺が少ない。赤名峠すぐの室と、江の川へ下り終えた伊賀和志にある。布野はここでは大きな町でお寺があるのがあたりまえだが、それにしても出会わない。

地図に山中の行き止まりの集落が寺前という地名で、そこにお寺マークがあるのを見つけた。行き止まりは、現在の情勢のなかで起きてることで、この尾根と谷の地形では尾根をこえる往還道はそこいらにあったはず、そうでなきゃお寺と寺前という地名がつくはずがないと思う。ありがたいお寺にちがいなく、有名なものだろうと、登ってみた。
d0089494_20365431.jpg


尾根をまいて集落へはいると、広々として、数軒の民家の赤い屋根のなかに、大きなお寺の赤い瓦屋根が構えている。
d0089494_20371781.jpg
修験者たちの真言か、浄土真宗か?などと、近寄って驚いた。前面すべて、やぶれ障子。障子の穴から覗いてみると、仏壇やしき台座があるだけ。本道に惹かれたたたみはほこりで灰色。すこし強く降り出した雨の雨漏りの音がどうか、ボウ、ボンと音がする。
d0089494_20373632.jpg


これまで廃寺となった寺がいくつも見てきた。たいていご本尊は、どこどこの寺へと、案内があって、お寺はそれでも、集会場のように、座布団や机があったりしていた。
本堂が障子では、この地方の寒さにはいかばかりかと、感じるが、それいじょうに、寒い気分に包まれた。すぐそばの民家からおばあさんが現れた。ここは放棄された集落ではないのだ。

住職なし、本尊なしとなった、寺はただの建物でしかなくなったのだろう。それを、そのまま放置するしかない、ここの皆さんの思いとは?
おばあさんと眼があって、お互い会釈できたが、雨もあって、話できなかった。できなくて、よかったのかも。この廃寺を受け止めているのは、おばあさんなんだから。
[PR]
by forumhiroshima | 2009-10-01 20:36


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧