こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
You ought to..
by parajumper at 15:36
Latin shema..
by williamyb4 at 13:25
louboutin pu..
by christian at 10:00
I blog frequ..
by ray ban ne at 13:12
Heya i'm for..
by canada goo at 09:04
http://silde..
by sildenafil buy at 23:40
Laterget htt..
by oripsojo at 20:23
http://www.g..
by nike roshe at 00:14
http://www.w..
by nike mercu at 11:58
Indelicate ..
by allanjy4 at 08:37
メモ帳

<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

7,8

上下の町は日本海へはいる江川水系と瀬戸内海へ流れる芦田川水系の分水嶺になる。上下とはよくこの地形を示した名だと感心してしまう。
d0089494_15453155.jpg


上下の町から下った甲奴の町に小童川が上下川へながれこんでいる。JR福塩線のガードをくぐって、数キロの山手に大きな鎮守の森がある。このあたりが小童で、ここに須佐神社がある。
d0089494_15455185.jpg


小童はヒチとよむことに、引き寄せられていた。私事だが、自分の名に七がつく。ふりがなをシチとするかヒチとするか、中学校ごろになやんだ。で、なぜか「ヒチ」にしてきた。パソコンの変換では「ヒチ」では七は表示されないことになって、不便ではある。

古事記によると、天から地上におりたった神を天孫とよぶ。アマテラスの孫ってことだ。この神様は7歳の子供であったという。関東の秩父にも7歳の子供が降臨して北辰の神様になった神話がある。古代7歳までの子供は神だったのだそうだ。
備後の小童もスサノオが子供になって南の矢野から来たという神話がある。7がここではヒチになっている。ヒチには納得して満足しているが、スサノオが南から来たことに不満がある。やはり出雲から、北からきてほしかった。

小童の須佐神社は本殿のまえに回廊があって、絵馬がたくさんかかっている。おおきな神社で備後三大祇園の一つ。
d0089494_15461842.jpg
あとは駅家の須佐神社と鞆の沼隈神社だそうだ。備北三大祇園もあって、この小童と総領町の八幡宮、庄原・山内の日枝神社。どこも祇園社とはいわない。
それは祇園社の本山の京都・八坂神社がそうであるように、祇園社という名が明治の廃仏毀釈できえたことによる。広島の安佐南区祇園の神社は安神社となっている。祇園社は寺院とおもわれたことによるらしい。でもいまも祇園は祭りや地名でしっかり残っている。

八坂の神社は、古代渡来した「伊利之・イリシ」という人が、故郷のソシモリからスサノオを勧請したとある。ソシモリはいまの慶州だという。スサノオはソシモリの牛頭山におられた。ここに備後国風土記の武塔神またの名スサノオが南海にいる海の大王の娘バリサイ女を嫁にもらう旅の途中に、一宿をたのんだのに金持ちは断って、貧しい弟は、こころよく泊めてくれ、かえりにわざわざ立ち寄って、金持ちを殺害、そのとき弟の一族まで殺害しないように「蘇民将来」という魔よけの札をくれたという神話の武塔神が後に牛頭大王となって、そしてスサノオにむすびつく。祇園社は牛頭大王が祭られている。この神いや仏は、八人の子供を生むが、これが八王子になる。

八坂は八尺で、出雲の八岐大蛇につながるとう話もあって、七のあとは八ってことになって、神話はぐるぐると回りだす。

小童の須佐神社のお祭りは、神社のすこし南にある武塔明神社へ神輿の車が渡って、一日そこですごして、また帰還するのだそうだ。武塔神の社もりっぱなつくりで、この須佐神社が半端な神社ではないことが良くわかる。
d0089494_15465231.jpg
それに、その道沿いの家々には御幣をつけた棒が、玄関や軒に飾られている。ある仕事にかかわる集団を古代「部」とよんだ。ここは小童・宮部という。ここの住人は宮へ使える集団であったのだろうか。日差しに白い御幣がそんな空想をさせる。
d0089494_15475037.jpg
「部」という集団を構成する人々の考えは、大陸の遊牧民の方法だそうで、慶州に南下してきた民族をおもわなくもない。上下川のここから川下の古代の寺院跡が渡来の人々によって作られたものだけに。

須佐神社と武塔神の社の間に、古代の窯跡があった。そこに地元郷土史の作られた表示がある。「弥生時代末期にここに邪馬台国の前線基地があって、48の武将がいた。その武将たちの間に内乱があって、ここが荒廃してしまった。が千三百三十余年まえに白馬の若武者があらわれ再建された。そのころ内乱で滅亡した48の武将の霊がこのあたりにただよっていた。一人だけ供養されたのだが、のこった47の武将の霊はいまもただよっている。皆こころして供養せよ。」
これをここに掲示した人はきっと眼光するどい老人にちがいないとおもってしまった。この人こそ宮部だと。そうしてこの掲示を容認しているここの人たちも、やはり宮部なんだ。
[PR]
by forumhiroshima | 2009-11-30 15:50

天平の甍

備後の史跡の写真に、田んぼにこわれた五輪等がポツネンと建っているのがあった。それが三谷廃寺の三重塔の礎石だという。備後の国に、壮大な寺院が奈良時代の始まりのころにあったという。天平の甍、ということになる。
d0089494_1233119.jpg


古代の記録に、備後国三谷郡の大領が依頼した 朝鮮半島から渡来した放済という僧侶が三谷寺を造立した記事がある。この三谷寺が発掘によって特定されている。

朝鮮半島にあった百済という国が、中国の唐にせめられ、大和朝廷の援軍もろとも敗れてしまった。その国の高官たちが、国を逃れてやってきたという。いま開催されている正倉院の宝物もこのころのものだともいう。

渡来した人々のレベルは驚異的なものであったようで、古墳時代から奈良時代へと転換する。太平の甍の出現の時代到来。その甍の跡が備後の国の三次・塩町そばにあるという。
古代にかの国の文化をそのまま出現させるだけの力があったことになる。中国山地の裾野にそれが出現したとき、人々はどう感じたかは、判らないが、その場所にいってみたくなった。
d0089494_12321054.jpg


あたらしい農道が入った寺町は、名ばかりの数軒の農家が南むきの斜面に点在するところ。ちいさな標識が「史跡 寺町廃寺跡」とあった。そこには、発掘された瓦は7世紀に創設され、様式は備後・吉備・出雲の各地限定版だとあった。渡来した人が仕事できる基盤はもうここにあったということになる。やるもんだ!この寺院の瓦がこの奥の尾根でつくられたことがわかっている。
d0089494_12323380.jpg


田んぼのなかに写真でみたとうりの、五輪等がポツンとある。そばに座ってみた。ここは上下川、本村川、美波羅川、国兼川が馬洗川に合流する地点から、東へのぼった尾根になる。河川交通の要所だとおもうが、ここからは、それが見えない。案内板に掲載されていた壮大な伽藍や三重塔も、川面をゆきかう人たちからは見えなかったのでは?ランドマークとして、人々をおどろかす為政者の意図より、この地が信仰にとってなにかの意味があったのだろうか?なんておもってみる。

なにはともあれ、ここはすごいや。
[PR]
by forumhiroshima | 2009-11-19 12:37

雨の紅葉

朝露に光る紅葉はきれいなものだ。雨にぬれた紅葉の山々はそれをでかく拡大した景色になる。

強風に予報に、紅葉の山々が吹き飛んでしまうかも?と、雨の吾妻山へ。中国道をかこむ山々が、油絵の様相でつづいて、もっと高度がある中国山地脊梁部の景色はいかに、と弾む気分で比和のいちばん北にある山王の集落からスタート。
d0089494_1232767.jpg


赤や黄色にそまった尾根の道は、田んぼにおられた神々が山へと帰られるとき、そこの命が燃え尽きて、炎の色に変わるのだという。一厘の風が通り過ぎると、木々の緑が紅にかわる景色があった「もののけ姫」の映像どうりだと、おかしな感心をする。

吾妻山休暇村へのルートはほとんどが杉の森で、その濃い緑とすこしだけのぞかせる広葉樹の黄色のコントラスト。休暇村の入り口からの下りは、横殴りの雨となった。路面一杯にひろがる落ち葉もぬれねずみで、黒黒とひろがって、そのうち肘が震えだした。
大馬木におりて、ずぶぬれの上着を着替えても、寒さがぬけない。これはあぶない。

大馬木のJAの食料品店にとびこんだ。もう暖房が入っていて、うろうろしながら体を温めようとしても、いっこうにもどってこない。男性の店員さんが一人で、となりのJAは横田へ移転していて、もぬけのカラになっている。「お湯もらえませんか?」「いいですよ、ちょうど沸かしたところです。きょうは特別寒いですよね。自転車では大変でしょう」
カップラーメンにお湯だくで、とにかく胃袋に突っ込む。座れといわれたけど、たってる足元は水浸しになってるほど。そこへ郵便屋さんがやってきた。彼もバイクで配達途中。寒いからと、ここへ。
「旅人になりましたよ」と、どこかで聞いた旅人への親切が、現実になって自分にきている。

なんとかもう一度やってくる峠越えへでかける気になることができた。
雨具は、店で取り扱ってる自転車のウエアーのメーカーのもの。自転車でひどい雨でも走るって、きっと想定してないのだろう。一応使ってみるが、たよりないのだ。紅葉って、日の光加減と、水分の絶妙な関係な景色なんだ。そこえゆけば、きれい!って紅葉は、お庭にかえでぐらいなもんだ。と、ウエアーをうらんでしまった。でも、だから「旅人」になれたのだけど。
ぬれないレイインウエアーさがすしかない。いつも「親切」にたよっておれん。

お店で大馬木はすごい!スピリチアルだ!と、叫んでいると、店員さんも郵便屋さんも「・・・?」。さっそく、昔の民俗調査を送ることにした。いいとこ住んでるから「親切」できるのだと。ありがとうございました。
d0089494_12311835.jpg

d0089494_12314010.jpg

[PR]
by forumhiroshima | 2009-11-12 12:32

だいこん

備北山稜の吾妻山に冠雪の新聞記事に、こりゃあせらにゃイケン、と吾妻山の西にそびえる大万木山の東に備後と出雲をつなぐ峠へ。これを走れば、まがりなりにも両国をつなぐ峠で、ロードで走れるところを走ったことになる。冬が来る前に、完走したい。
d0089494_1621351.jpg


新雪と、落葉してしまって遠くからはグレーにみえる広葉樹帯、その下に紅葉している赤や黄色、そして針葉樹の緑と、これらの山々は5色にそまる。これが、高地の晩秋の醍醐味。

高野の町の一番北の谷に広がる和南原へ。中国山地のすその中腹には、石見の出羽とか、備後の三和・口和・比和など地名に「ワ」がつく場所が広がっていて、一説に「和」羽は製鉄のふいごの表現だという。ふいごは鳥の羽ばたきから連想されたと。ロマンチックですきな話だけど、はたして?
その「ワ」の最終地点の和南原は、一面緑色。高地の今年最後の収穫のダイコンがひろがっている。

すでに収穫されたダイコンは沢沿いの小屋へ運ばれて、
d0089494_16123051.jpg
クルクルだいこんをまわして洗う機械に流し込まれていた。その後、おおきな水槽でもう一度あらわれ、ハッパを切って、つみあがっていく。その小屋のまえで、しばし観察していた。
d0089494_16124831.jpg

おにいちゃん、一本どうか!おにいちゃんと呼ばれて、とびあがるほどうれしかったが、自転車乗り、まさか腰にさして走るってわけにはいかない。

小屋の屋根にも昨日降った雪がある。その寒さのなかで、だいこんが真っ白になって、緑の葉っぱがいっそうあざやかになる。まるで五色に染まった山の両端をぎゅーっとちじめたようだ。
d0089494_1612718.jpg

[PR]
by forumhiroshima | 2009-11-05 16:12


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧