こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
You ought to..
by parajumper at 15:36
Latin shema..
by williamyb4 at 13:25
louboutin pu..
by christian at 10:00
I blog frequ..
by ray ban ne at 13:12
Heya i'm for..
by canada goo at 09:04
http://silde..
by sildenafil buy at 23:40
Laterget htt..
by oripsojo at 20:23
http://www.g..
by nike roshe at 00:14
http://www.w..
by nike mercu at 11:58
Indelicate ..
by allanjy4 at 08:37
メモ帳

<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

指南

指導者を指南と言ったりするが、南を示すことが教えるってことになったという。南北を決めることが出来る、こと。それが指導者の資格だったということになる。

先日枚方の交野山が、古代平城京から784年に移されて、都となった長岡京の中心線を決めた山だときいて、わざにご苦労さんに、走った。残念にも山頂には上がれなくて、そこから京都平野をながめることができなかった。
重苦しいTVのニュースから離れたくなって、大阪から京都をむすぶ京街道と京都から西宮をむすぶ唐街道(西国街道)へと。

京都、九条の東寺からR171という、面白くない唐街道が、やっと向日市で古街道にであえる。この町に長岡京の中心、大極殿が公園となって保存されている。が、とっても判りにくい。ここが都で遭ったのは14年ほど。宮殿も大阪・難波宮の移築とあって、影が薄い。遷都1228年になってるのだけど、ね。
d0089494_2014115.jpg

d0089494_2014129.jpg

大極殿の南の空に交野山があるはず。ちょうど春分の日があったばかり。午後の太陽は真西ちかくに沈んでゆく。その90度左の景色を探した。

平城京から長岡京への遷都をきめた桓武天皇は、交野に幾度か行幸している。そこで中国の道教のお祭りを実施した最初の天皇で、あとはその孫にあたる天皇がおこなったきりのお祭り。
天皇の母は朝鮮半島の百済からの渡来の人の系列で、その祖先は百済王につながるという。しかし、この地では母の父は下級書記官であったという。天皇家の血筋ながら傍系であった父が、急に天皇となり、その息子桓武天皇は、母・高野新笠の実家、この向日にあったといわれる、で育ったという。百済からの渡来の人々は難波の猪飼野の百済郡と交野に多く居住していた。その交野の信仰の山が交野山だろうという。父の光仁天皇と母は無名の時代に結ばれていて、傍系貴族と渡来の下級官僚の娘という家庭が、なにか、想像だけどほほえましい感じはする。

桓武天皇が渡来の文化の影響がこい人であって、交野に特別の思いがあったとしても、長岡京の中軸線を交野山へおくことが、現実にできたのだろうか?なぜに、そんなに南北線にこだわるのだろうか。指南してほしいものだ。
d0089494_20395216.jpg

公園に長岡京の絵があった。
d0089494_20402430.jpg

この絵は中心軸をまちがっていて、石清水八幡宮のある男山に置いている。これって現地にゆけば実に普通のことと判る。実際的なのだ。しかし、この男山に八幡宮が宇佐から勧請されるのは860年で、ここ長岡京が建設されるころには京都・平安京も、もちろん存在していたかった。

大極殿から細い道がすこしうねりながら南下している。地図に大極殿と交野山とを結ぶラインを引いておいた。
d0089494_20471370.jpg

これをトレースしてゆく。家並みと工場のビル、高速道路や新幹線の高架橋で見通しはきかない。アパートやマンションの階段にあがってながめてみる。まるでアキスネライ状態。でも見えない。
d0089494_20464132.jpg

d0089494_20465380.jpg

d0089494_20472810.jpg


桂川が淀川となるすこしの河上にかかる橋から、やっと男山のすぐ東に交野山らしい、ぽっこりの山陰がみえた。
d0089494_20494476.jpg

これかな?と決め手はない。しかしどこか枚方でみた山容におもえる。
d0089494_2051590.jpg

山はなにかそう思うと神秘的な様相におもえる。
[PR]
by forumhiroshima | 2011-03-28 20:52

トライアングル

地図の中の古道らしきもので長い直線とか、四角形とが、人工的な道をみつけると、どうしても走ってみたくなる。ただし、地図の縮尺は実際にはとても大きくて、その直線的な形をとらえることはみつかしい。見通しのきく直線の景色のであったりして、想像、いや妄想に落ち込むことになる。

難波宮から有馬への道が、尼崎の昆陽寺のそばを抜けて北西に伸びていたという歴史学者の見解のなかに、この寺を三角形に囲む直線の古代道があるともかかれている。さあ、妄想の時間だ。
有馬道、と加茂道に西国街道がつくるトライアングル。有馬道がこの国最初の官製国道の設計だとして、西国街道は駅舎が設置されるもうすこし後の時代で、これも設計は直線であった痕跡があるという。いまの西国街道は豊臣秀吉の朝鮮遠征の際に整備された「唐道」だというから、時代はずっと新しい。が、寺の前に石畳のひろい古道があって、唐道・西国街道とはちがっていて、「なにか!」がそこにあるようだ。
d0089494_12471471.jpg

d0089494_12472621.jpg

加茂道は北西にすすんで、川西市の鴨神社へ吸い込まれる。この間に自衛隊の駐屯地が横たわっていて、直線の道を分断している。

直線で囲まれたもの、三角、四角、五画、六角・・・・直線が交叉するもの十字、は不思議な印象を送ってくる。それが古道で、その時代も古代であるとすれば、なおさらだ。古代の幾何学てき存在って、引き込まれる。

地図上での想像を実際に実行するとなると、とくにその痕跡がとぎれとぎれである場合は、どう走っていても、正しいと思い込んでしまう。そして、また降り出しへ帰らなきゃいけない。JPSがあるのじゃないか!と。でもそれって古代の設計を最新技術でなぞってみても、その正確さのギャップを感じるだろうし、道をリサートする判断力をうしなってしまって、機械だよりって自転車のりらしくない。自力進行。
d0089494_12475152.jpg

d0089494_12487100.jpg

案の定、昆陽寺からの北上は試行錯誤で、あきらめて、加茂社、いまは鴨神社から南下に変更。神社の鳥居からそれなりの直線で参道が延びている。
d0089494_12482331.jpg

d0089494_12483951.jpg

この神社は標高40mの丘に鎮座しており、この丘には石器時代からの遺跡がかさなって発掘されているのだそうだ。このあたりの中心地であり、聖地であったことのようだ。
参道にならぶ民家は、そんな長い時間をここに保持されているのだろうか?なんて、キョロキョロしてみる。

振り返ってみても。マンションや民家に遮られて、この丘がみわたせることはない。そこで、すこし東へ移動してみた。中国道をこえる陸橋ちかくから、丘にひろがる鎮守の森がみえた。この丘を目指して直線にのびてきた参道のランドマークだったのか?
d0089494_1249251.jpg

昆陽寺そばに南北朝時代に殺された幕府の武将・高師直の記事が「太平記」にあって、ここに堤があったと記されていると、その墓標に書かれている。
ここに武庫川の船着場でもあったのか、そこからの参道か、と、知ってる限りの情報をつないで妄想の時間に浸ってみた。
[PR]
by forumhiroshima | 2011-03-26 12:49

温泉旅行

神戸、六甲の北にある有馬温泉は、なにせ歴史がすごい。蘇我馬子の時代にはこの温泉は知れ渡っていた「摂津国風土記」にあるぐらい。その馬子の子供や孫が朝廷のクーデターで敗北すると、この国最初の都が大阪・難波に置かれた。大阪ってところが、ちょっと不思議です。大阪人には、すみません、です。
クーデター騒ぎが落ち着いたころ、天皇が有馬温泉にでかけてます。この時代温泉は大地からの力を授かるところで、天皇の許可なく入浴できなかった、らしいのです。

そのクーデターで、国つくりのプランが発表されて、法律になったのですが、その法律に畿内を決めています。畿内は天皇の鎮座する都の千里四方、よくわからないけど60km半径「王城の方千里以内」としています。
d0089494_20192115.jpg


古代では山陽道は有馬温泉経由ってことのようで、大阪城のあたりの難波宮から天神橋商店街を天七までもぬけて、長柄橋へ。そこから宝塚へ直線に。古代の道路のならいの直線道です。
d0089494_20232380.jpg

この道がいまに判別できるって、情報を発見!です。ご報告します。

d0089494_20241592.jpg

d0089494_20243082.jpg

歴史地理という学問があるようで、すごく刺激的です。なにせ、古代の道を走れるのですから。もうびっちり、妄想状態に堕ちてます。
d0089494_20263584.jpg

地図での直線確認もOK!
今の地図にコースおとしてみます。
d0089494_20275138.jpg

d0089494_2028391.jpg

d0089494_20281420.jpg

d0089494_20283645.jpg


淀川の長柄橋までの直線みルートはみつからないのですが、猪名川にこんぽラインは渡る場所まで、痕跡を見つけられます。そしてこのルートにランドマークのように神社がならんで、そしてのそ祭る神様が多くはスサノオです。猪名川にそばの椋橋神社には、こんな表示がありました。
d0089494_20331180.jpg

阪神タイガースの根拠地にカープですよ。それもスサノオの乗り物ですよ。ことしはいけますよね。どちらが、かは?

ではこの直線の道の設計はどうしたのか?いつものランドマークをさがします。ひとつは宝塚にくだる六甲山の尾根にあるお寺、塩尾寺です。ちょうど武庫川の左岸の直線も道の正面の尾根にあります。このお寺は聖徳太子が四天王寺を建立するときこの尾根に観音菩薩を安置したという伝承があって、その菩薩が宝塚の温泉を教えたという神話もあるのです。尾根の塩尾寺の上宮の写真はネットにありました。
d0089494_20401822.jpg

ここの立ち木に鏡をぶらさげて、クラキラと光らせたら、充分の目印ですよね。ついでに鳥居は、その鏡の働きが鳥のようだ、なんて。

その尾根を正面にみて、後にもう一つのランドマークがあれば、この直線の設計が完成です。
d0089494_20433556.jpg

これがその尾根の断面で、
d0089494_2044498.jpg

これがその尾根の写真です。さあ、どうですか?

もう一つのランドマークは古墳です。御願塚古墳といって、標高7mほどの小山に神社が頂上に鎮座してます。これなら、古代この氾濫源だった河原の目印になった、なんて考えました。
d0089494_20472452.jpg


この直道が古代の道であるなら、古代って「なんなの」といまの自分を問わなきゃいけないのです。古墳から後の山陰をさがしてみたけど、家しか見えない。でも椋橋神社前の橋からはかすかに尾根がみえるのです。塩尾寺のピークらしきものも。そういえば自動車のってると、振り返れない、ですね。自転車いいですよね。
[PR]
by forumhiroshima | 2011-03-22 20:53

直線/直道

最初のコンピュターが一神教の世界でつくられたというのは、けっして偶然ではない。一神教の神様はこの宇宙をプログラマーのようにして創造した。ここを空に、あそこは土地を、そのむこうには海を配置して、そこに魚や鳥や陸上動物たちを適当な比率で生息させていくという、自分の頭にあった計画を、実行にうつしたのがこの神様であった。神様さえこういうコンピュター・プログラマーのイメージを持っているのであるから、その世界を生きてきた人間たちが神様のようになろうとしたとき、最初に思いついたのが、コンピューターを発明することだったのは、ちっとも不思議ではない。
 ところが、アメリカ先住民の戦士やサムライの祖先を生んできた、環太平洋圏を生きてきた人間たちは、世界の創造をそんなふうには考えてこなかった。プログラマーは世界を創造するのに手を汚さない。ところが私たちの世界では、世界を創造した神様も動物も、みんな自分の手を汚し、体中ずぶぬれになって、ようやくこの世界をつくりあげたのだ。頭の中に描いた世界を現実化するのが、一神教のスマートなやり方だとすると、からだごと宇宙の底に潜ってゆき、そこでつかんだなにかとても大切なものを材料にして、粘土をこねるようにしてこの世界をつくるという、かっこうの悪いやり方を選んだのが、私たちの世界だった。中沢新一/アースダイバーより

この意見では、環太平洋圏のサムライやインデアンにはプログラミングできそうにない。残念!!

自転車でサイクリングには古道が一番だ。車がすくないということは、信号もすくない。車は速く走りたいから、多少の勾配よりも直線を選択する。人力の自転車はこれにはこまってしまう。古道は高低差をできるだけ少なくし、ゆるやかな勾配を持っている。それはこの道は牛馬の道でもあるから。

そう信じてきた。が、大阪を走り始めて、どうも様相がちがってきている。
これは大阪の古代、平安時代ごろの道の地図だ。
d0089494_19404998.jpg


いまの大阪城の東の天神通りを北上し、新大阪駅の東をぬけて、吹田の垂水神社へ、古代には橋が直線に架かっていた。その長さ4km、といっても、淀川がつくった河口の砂州の島々を結ぶ橋の総称ともいわれる。長柄橋といって、812年架橋の記録がある。

「摂津名所絵図」より
「長柄橋は孝徳帝豊崎宮の御時より、かの島々に掛けわたして、皇居への通路なり。今諺に云う、長柄橋は長さ壱里ありしと、いい伝えたり。一橋の名にあらずして、島より島へわたして橋のおおくあれども、地名によりてみな長柄橋といひならわしけれ。委・スエは名柄豊崎橋なるべし。古来よりも今の北長柄より豊島郡垂水庄にいたるまでを、長柄の橋跡といふ。」
d0089494_1955483.jpg

大阪からみる垂水の神社あたりは、千里丘陵の南端で、神社の北に45mほどの尾根がある。いまはこの尾根の北側はびっしりと住宅がつまっているが、古代ここに大きな滝があって、ちょうどギアナ高地のエンジェルフォールのように、一筋の白い流れがみえたのでは?なんて想像する。「難波の柏の渡りのあらぶる神々の鎮座するところ」といわれた八十島のあったところに、直道をつけなければならないことは、よほどのナニカがあったのだろうから。ここに柴島とかいてクニシマとゆう町があって、そこの鎮守の柴島神社には1232年にこのあたりが水害にあって、この神社のある場所がわずかに高く、人々の避難所であったとき、小さな祠が柴の束にのって漂着した。水がひいて大きな土地があらわれた。そこでその場所を柴島となずけ、クニシマと呼んだという。
d0089494_19552555.jpg


今の柴島には垂水神社へむかう直道はない。とっくの昔に水害でながされただろう。それでも、痕跡だとT14年の地図からさがした古道をトレースした。
d0089494_19581222.jpg

樟の大木や神社があったりして、関係ないのに関連づけて、喜んでいた。
d0089494_1959195.jpg


垂水の町にはいると、神社手前に地図が掲示されている。そこに不思議な通りの名が記載されていた。
d0089494_2004753.jpg

その訳はそばに石碑が鎮座して、説明がしてある。
d0089494_2015976.jpg

d0089494_2032041.jpg


畷は先日、久我畷を走ったとき、紐でつくったメジャーだといったが、湿地で道が出来ない場所に土を固めたレンガのようなものをしきつめる工法だという。四条畷市も湿地帯に古街道が南北にあって、その湿地帯を一直線に約2kmほど伸びている。それがあっての「畷」なのだろうか。
ここにその「畷」の地名が残るのは、ここが湿地であって、その上に、どうしても道を作ったから、なんて想像できないかな?できるでしょ!

「自分の頭にあった計画を、実行にうつしたのがこの神様」も、どうやらこの国にいたらしいと、中沢先生おもいませんか?私以外みなさんプログラミングやってらっしゃる、ように見えるのは、わたしの劣等感だけでしょうか。
でも、プログラミングでは自転車動かないのですよね。「からだごと宇宙の底に潜ってゆき」ますよね、自転車って。
[PR]
by forumhiroshima | 2011-03-20 20:15

星の里、交野

奈良、平城京から、784年桓武天皇によって長岡京に都が移転された。その長岡京の中心を南北につらぬく朱雀大道の設計ラインが生駒山系の北の端に近い交野山にいたるという。
d0089494_11461269.jpg

長岡京の南北の設計ラインは西に7分(1分は1/60度)傾いているそうで、東経の誤差はこの結果なのだろうか。その交野山は山頂にイワクラがあり、麓の械物神社・ハタモノの鳥居が山頂を中心にいただくという。(日本の道教遺跡をあるく)
d0089494_1150181.jpg

長岡京に移転をきめた桓武天皇は、この交野で史上二回にかおこなわれていない天神の祭をしていて、その祭祀はこの山へむけられたのか?という話もあって、ミステリアスな気分になった。械物神社の鳥居からは樹木が茂っていて、山頂がその向こうにあることは残念にもできなかった。
d0089494_1203710.jpg

離れた場所から生駒の山系のピークのどれが、交野山か、300mクラスが並んでいて、判別できない。が、この山の威力を感じたひとがいたから、都の中軸になったのだろうから、なにか、モッテルにちがいない。
d0089494_128446.jpg

d0089494_1281736.jpg

近くに北極星を神様とする妙見神社が妙見山にある。ここからは天の川の支流がでてくる。そして天女伝説があり、神社は星の森に鎮座している。
d0089494_1272791.jpg

816年7月23日、7日でなくて残念ですが、ここ星の森に北斗七星の方向からペルセウス座流星群の母彗星スイフト・タットルからの隕石が堕ちているという。その痕跡はここの山の斜面が馬蹄形におおきく削られており、その隕石の記録が続日本紀にある。「宇宙の記憶・木内鶴彦」
この神社の本殿は尾根の奥の巨石の前にあって、妙見宮はどこも長い階段のアプローチをもっている。この森もあかるく、参道はいま掃いたようにホウキの筋目がつづいている。
d0089494_12174890.jpg

d0089494_1218950.jpg

この妙見は9世紀の隕石の記録ばかりか、この尾根の一つ北にある獅子窟寺の伝承にもある。急坂の尾根を登った場所にある獅子窟寺で空海が修行していると、その南の尾根にいくつもの炎が降りてきて、そのあとに輝くおおきな岩がみつかったことから、妙見宮がつくられたとう。
d0089494_12222029.jpg

d0089494_12223292.jpg

交野山からは京都盆地が望まれるというが、ここへの道路はどうもゴルフ場の私有地を通る様子で、それを理由に登りをあきらめて、退散した、振り返ると、どうもこのピークらしい山が雨にかすんでいた。
d0089494_12305698.jpg

[PR]
by forumhiroshima | 2011-03-07 12:31


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧