こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
You ought to..
by parajumper at 15:36
Latin shema..
by williamyb4 at 13:25
louboutin pu..
by christian at 10:00
I blog frequ..
by ray ban ne at 13:12
Heya i'm for..
by canada goo at 09:04
http://silde..
by sildenafil buy at 23:40
Laterget htt..
by oripsojo at 20:23
http://www.g..
by nike roshe at 00:14
http://www.w..
by nike mercu at 11:58
Indelicate ..
by allanjy4 at 08:37
メモ帳

<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

鳥になった古代人

摂津の国の東端、東西30km南北15kmの土地、これを大阪平野って名だそうだけど、そこに西から宝塚、尼崎、川西、池田、伊丹、豊中、吹田、茨木、摂津、高槻と10もの市が群がって、その境界線などは、はなから判別できない。私鉄の駅周辺にある高層マンションが家々の間の空から顔をだす。

摂津の国は大阪城が中心でなく、千里の太陽の塔が中心で、そこに広がるのが大阪平野だと、いわれればそうなのか?と。その東端、山城の国とに境界になるだろう芥川が北摂という山から平野に流れ出すすぐ手間に尾根に囲まれた盆地がある。原という判りやすい地名のハラッパな場所に芥川の河上から幹線道で下ってきた。
d0089494_19293292.jpg

低い尾根にぐるりとかこまれて、中央を芥川が緩やかに流れる。
d0089494_1933435.jpg

すぐ南の密集した住宅地がここには峠までしか侵入してきてない。いつもの神社めぐりをはじめて、ぐるりとこのハラッパを回ろうとしたところ登りにかかった。おかしい!。突然方向がわからなくなった。
すこしバタバタしてる。落ち着け!で、地図を確認。神社から西に流れての分岐が細い線で北と南へわかれる。この北へ入るルートの道幅が県道並み。それで、この盆地への河上からの侵入路と混同、ってことだった。
このごろときどき方向を失う。

この場合尾根の並びに遮られた道が南か北かは、その分岐が微妙にすこし南へ振っていて、行こうとする南へのルートが古道の幅で家々への進入道におもえてしまった。

「ポリネシア人の航海士の中で最も有名なタイパアは1769年クック船長に会ったとき、およそ4000kmにおよぶ海域と、その中にある約80の島々の位置をモザイク状地図に再現することができた。これらの島の多くを、その後クック船長が発見!?し続けていったといわれる。実際ポリナシア人は島と島との方角を、おもに星から得た方向感覚で学ぶ。オーストラリア原住民は方向感覚で、沿っている場所を表すだけでなく、日常に会話でも、あなたの北側に坐りましょうか、それとも南側に坐りましょうか、などと表現する。
空間的関係を方向感覚で覚える方法は能率的な方法で、その他の方法にはみられない点である。たとえば、A地点からみて、赤い建物がB地点へ行く方角を示すことがわかっていても、B地点で赤い建物が見えなければ、A地点の方角はわからない。ところがB地点はA地点の北側に位置することをしっていれば、二地点がいかに離れていてもA地点はB地点の南に位置することがわかる。
場所と場所との間を方向感覚で憶える方法は、だいたい直線的に移動する動物に(ポリナシア人やオーストラリア原住民、鳥はいうまでもないが)ことに役立つ。鳥がモザイク状地図によって一つの場所から別の場所の方角を実際いかに記憶の中に蓄えていくかは、まさにこの方向感覚によるという証拠が現に存在する。鳥の渡りの謎 R・ロビン・ベーカー」

水平線は3.83√Hで計算できる。170cmの身長なら約5km先が水平線になる。そこまでしか眼は感知しない。ではその先は?
鳥になるしかない。18世紀のポリナシア人やアボリジニのように。

この国の古代の人々も「鳥」であった。そう思っている。その証拠が「鳥居」だ。
この国にやってきた人々は、自分たちが暮らしてきた暮らし方をこの土地ではじまるよりなかった。そして、この土地を知る、計ることから始めるしかなかった。明治時代にやってきたオランダの測量士が川を滝だといったという。古代の人々も未知な土地を知ることをはじめただろう。偵察、斥候。そして、ポリナシアの人々とおなじように、尾根の向こう、頂の向こうを、水平線の向こうを計ったとうに理解してきたのだろう。
その証拠がある。朝鮮半島ではいまも「ソッテ」が作られるという。ソッテは「木や石で作った鳥-多くは鴨-をいただく竿や石柱のことで、安寧と守護、さらには豊作を祈って村の入口にたてられる信仰の対象物であり、神社の鳥居の起源・・・。原始の神社をもとめて。岡谷公二」
韓国にあるソッテの写真
d0089494_2014437.jpg

吉野ヶ里に復元されたソッテ
d0089494_20151098.jpg


いかにGPSがすぐれていても、地図はすこし過去の情報だし、自転車という人力エネルギーで疲れきって、自分の力、自分の感覚だけで、長いか、速いか、なんてほっといて、走ってきたその瞬間にポリナシアの感性が自分にやってくるかもしれない。ご祖先さまたちは、鳥居ってものを道にすえるほど、地平線の向こうを見ていたにちがいない、その血は、お酒ですっかり薄まってしまったけど、タバコ止めたから、ツッペ、なんて。

さきほど紹介した「鳥の渡りの謎」に人間に被服についてのレポートがある。「最近の衣料、繊維は強い静電気を生じる。人間のもつ磁気感受性は、これらの静電気に影響される可能性がある。まったく同じ服を綿とポリエステルで一着ずつ作り、これらの服を着た人を回転椅子に坐らせ、方向感覚を調べた。ポリエステル製の服を着た人は、綿の服を着た人に比べて、方向感覚が著しく悪かった。」

これまで十数年ポリエステルのアンダーで走ってきた。それがベストだとおもってきた。そうか!方向感覚が悪くなったのは、ポリエステルだ!!と、速乾性のあるコットンのシャツをさがしている。
はだかで走れ!!ってことだよな。
もう一つ「方向尾感を調べる回転椅子による実験で、方向確認が最も正確だったグループは南北軸から45度以内に置かれたベットで夜眠った人で、頭を南に、足を北に向けて寝むった人は、頭を北に、足を南に向けて眠った人より方向感覚がより正しかった。」
どうする、狭い部屋で。
[PR]
by forumhiroshima | 2011-06-21 20:37

栢(カヤ)

3/11以降、読売新聞を読んでます。朝日新聞をいちも読んでるのですが、震災以後、読売も読んでます。カープ見捨てたのではないです。読売新聞の創業者といってもいい正力松太郎さんがこの国の原発の最初の推進者で政府の責任者だったからです。別にそれがどうこうってことないのですが、やはり菅さんボロボロにかかれますね。原発とめたから???

今日の日曜版の「心の風景」に映画監督の河瀬直美さんがでてます。2007年の作品・殯の森の撮影場所が奈良の明日香の南の栢森(カヤモリ)の集落だったとありました。映画は観てないので、どうして気になったかといいますと「栢」って字です。
d0089494_19242787.jpg

d0089494_19293389.jpg

北摂の山中の集落へ安威川を遡りました。緩やかな勾配の河畔の道でラッキーとスタートしたのですが、途中からダム建設工事や高速道路工事や、ましておおきな砕石場のダンプカーに追われるってことで、すっかりイヤ気になっていたら、その採石場を抜けると、瑞々しい場所にでました。
d0089494_19291211.jpg


阿威川へその場所に支流が二つながれこんで、本流は大きくS字にカーブをふたつくっつけて、谷間はその流れでおおきく広がって明るいのです。橋に栢原大橋とあり、栢が読めません。学力は不足してるのは判ってますが、この字なんやろ。漢字検定みたいです。
d0089494_1933224.jpg

広い谷です。流れは広くなった河原をゆっくり走ってます。
d0089494_1934958.jpg

橋のたもとから道が分岐していて、その交差点が「九折」これでツヅラオレとよむのだそうで(表示のしたにローマ字がありますでしょ)検定第二問は答え付き。
d0089494_2022568.jpg

すっごく印象にのこった静かな小さな集落です。その「栢」が。新聞にでてたのです。

すこし「栢」を追っかけてみましたが、柏の俗字って辞書にあるだけです。俗字をわざわざ地名に使っているってことで、なにか??あるのでしょうが・・??。
二つの地図ではここが川の四つ角交差点ってことです。

川には個別にいろいろ個性があるのだそうで、その個性を「川相」と手相のようにいう先生を発見しました。そうなんです。川はそれぞれ、その川なんです。それって走ってると実感しますよ。その先生がSカーブの川の整備について語っていますが、そのカーブを「捷水路・ショウスイロ」っていってます。また漢字検定です。
「河川はその掃流力に平衡するような縦断勾配を形づくるように常にすすんでいるものであるが、掃流力に余裕があればこれに相応する距離を獲得する様に蛇行する。」つまり、蛇行が進むと川は蛇行を置いて、短縮され直行しだすが、水面の流れは急となり、あたらしく土砂を底の堆積しはじめ、それによって又蛇行する。ってことらしい。こんなことをくわしく計算していまの川の治水がおこなわれ、護岸工事の設計図ができている、のだ、そうだ。
川が集まって、小さな流れが大きな本流に流れ込む場所を落ち合い、おなじようね流れが合流する場所が川井、河合という名になるのだそうで、稲作民俗の日本人は水なしに稲はつくれないから、この川については、とてもよく研究されてる。

が、おかしなことに、河川整備の見通しは日本は30年に一度の規模の災害への対応の基準であるのだそうだ。形あるもの、かならず壊れる。作り直せば、いいのだ。って精神なんだろう。
ヨーロッパではドナウ川は1万年に一度の規模の災害の対応ができているらしい。(ウイキペヂア-治水)どんなふうに計算されてるのか、はこれから調べる楽しみだけど、・・。なんだかフクシマへの設計思想とふと関連してしまう。絶対壊れない!なんて信じるハートは持ち合わせていないようだ。

この国の建物がこれまでなぜ木造構造なのか?考えたひとがいる。古代の古墳の石棺とかお城の石垣をおもえば、建物を石作りにすることは可能だっただろう。それなのに、なぜ木造なのか?これを考えた上田篤さんは「頑丈な材料によって永遠の世界を構築しようとする考えと、いつも再生をねがい頑丈であるよりもいきいきとした新鮮な材料で身のまわりを包むことを望むのがこの国の作法なんだ。日本の都市は海から作られた」
このことを常若と上田篤さんはいう。
河瀬直美監督が奈良の山奥の栢森の流れのなかに再生する命をみたように、栢はそんな意味をもつ場所でそこはいくつもの川が落ち合う場所。命がぶつかり、九折に重なるって場所なんだろう。

子供たちの命、常若であること、にこだわるこの国が、ある以上、どうなんでしょうか?新聞はこのことにまだ答え書いてません。洪水や地震は再生できるけど?放射能は、怖いです。この美しい道が進入禁止になる日がくるのでしょうか?

でも私はヒロシマ生まれの被爆二世です。これまで生きてるんです。でも、どこか、怖いのです。
[PR]
by forumhiroshima | 2011-06-12 20:24

ワザ

終戦直後の1946年(私が生まれた年なんですが)運輸省自動車局のお役人(宮本晃男・ミヤモト テルオ)が、九州の熊本に視察に訪れた。その際、熊本県境の山鹿から熊本市までに民営バスに乗車した。その印象を書いた文章を見つけた。

熊本行きのバスは、よくもこれまで傷んだものと思われるくらい満身創痍のバスであった。/ガラスのない窓、屋根には機銃掃射のたまのあと、ラッカーはまだらに残って、中のご粉がみえている。ヘッドライトは片方だけついている。テールランプはあるが、赤いガラスがない。/タイヤは傷だらけで、トレッドは減って中のコード層がむきだしになっている。車内に入ってみて二度びっくりした。座席の内張りは靴ミガキのブラシになってしまったのか、バがはみだしほうだい、床にはところどころ穴があって地面がみえた。

ほころとあせにまみれ、ひじに穴があき、肩にもつぎのあたった上衣にもんぺをはいた十七、八才の娘車掌の合図でこのたよりないバスは定員の三倍ちかい超満員の客を乗せて走り出した。/お召し列車のようにいつ走り出したかわからなかった。代燃車で力がないから静かにでないとエンジンストップするからなのかと思いながら運転手をみた。/戦闘帽に、よれよれの国民服を着た五十を過ぎたやせたおやじさんだった。/計器盤に目をやると、車は走ってるのにスピードメーターは動かぬ、油圧計は針もガラスもなくこわれている。/水温計ももちろんこわれっぱなし、アンメーターはガラスはないが曲がった針だけが時々動いていた。/方向指示器はこわれっぱなし、警報器は虫の鳴くようにかすかになることもある。/ハンドブレーキはどこへもっていったものか全然ない。/変速テコ(日産バス)はギヤが抜けるので運転手が左足をひっかけて押さえたままで走っている。

スピードは大分速く、毎時38キロくらいで走り続ける。道路は傷みっぱなしだ、その凸凹を私がここは右へ、左へと思うとおりに避けてハンドルをきる。/そして速すぎず、遅すぎず、あそこを通ればと、思うところを通りぬける。/あれ、この運転手は私の気持ちを知ってるのかしら、と不思議に思ってきた。/こんなオンボロ車で、どうしてこんなに超満員でスピードが早く、乗り心地よく走れるのだろう。/この運転手はどんな性格のどんな経歴の人だろう、お客も安心して気持ちよさそうに乗っている。/私はとうとう安心しきって居眠りまでしてしまった。

三時間のドライブがおわって、運転手の肩をたたき「失礼ですが、あなたは何年くらい自動車おやりですか。」と話しかけた。「おはずかしいですが、32年ばかりやってますよ」といって微笑んだ。

      運輸技官の宮本さんは運転教本をかく指導する人だった。


困難な状況の中でも工夫し知恵を働かせ、のりこえる力量がワザだという。フクシマとカタカナになったところで働くみなさん、ワザ、お願いします。

ところで、自分の自転車のサドル、割れてきたけど、・・・ワザでねえ?

自転車乗りでもワザ師はたくさんいますね。たとえば、ずっと昔に、アメリカでクアーズクラシックのレースに出た選手が、帰国して下りコーナーを幾度も練習していた。聞くと、コーナを早く回るために、ペダルを地面にこすらして、コーナリングの補助にする、ってことだった。これで差つけられた!と。ワザは命がけです。
[PR]
by forumhiroshima | 2011-06-08 16:54

地名

地図上でなじみある地名をみつけると、そこを覗き込みたくなってくる。北摂の山中に「長谷」と「鎌倉」をみつけた。さっそくに。

地名からその地形や歴史を予想したりすることは、よくないと司馬遼太郎はいう。いっぽう失われた地名をもとめて地籍調査や文献あさりをする学者は多いし、出版も盛んだ。

地名分析の先生たちの立場から「長谷」は、馳せるのハセで川の流れの速いことからの名だという。ただ、長い谷とかいて、ハセと読むって不思議で、飛鳥でアスカとか、日下でクサカとか、と同じで、意味ってわからない。これに意味をつける説もたくさんあって、それなりに説得力があって、おもしろい。
d0089494_874095.jpg


漢字どおりの長い谷か、ならナガタニだが、ハセなら川を見てみなくては?
棚田の多い北摂の山間の集落でもとくべつに複雑な畦で区分された小さな田の積み重なった景色におもえる長谷の棚田の川は当然急流だった。先日の雨の影響もあってだろうが、川の有り様は山の小川ならどこもこんなもので、特別馳せる流れとして記憶されるものには思えなかった。
d0089494_87281.jpg

棚田の道を峠につめる。杉の森の暗い道が開けるとすぐに田が広がっていた。峠は狩待という名。地名は漢字の意味からは、それがつけられた訳がわからなくて、ハツオンで理解!とは地名研究家がおっしゃることだけど、「カリマチ」?って。
d0089494_8325094.jpg

峠の向こうの場所は「鎌倉」と地図にある。
カマクラはコの字の谷のことだと、いわれる。たしかに鎌倉幕府の鎌倉はコの字の谷だ。
d0089494_8142338.jpg

この北摂の谷の鎌倉は,コの字ともいえなくはないけど、道を走るぶんにはわからない。鳥にでも聞かなくちゃいけない。
d0089494_815018.jpg

d0089494_8162967.jpg

峠からすぐに神社がある。鎌倉なや八幡宮かと、おもいきや、そのままの鎌倉神社。長い細い石段の上に森につつまれた古びた屋代が鎮座していた。
d0089494_8194175.jpg

石段のそばにちいさな花壇がつくられて、そこにかわいいカンバン「ハナRカマクラ」とある。名もかわいい。
d0089494_8223611.jpg

そばの田んぼがゴソゴソしている。へびがカエルを追っている。その景色がこの絵で、いきなりヘビ君とカエル君が競争している田んぼです!って景色に変わりましたね。
その絵の中の鎌倉神社のそばに大きな岩が二つかかれている。研究家たちは。「カマ」は崖で「クラ」は岩だともいっている。神が降臨する岩を神倉という。カマクラはカミのクラ。ここは聖地だ。
d0089494_832583.jpg

峠の名の狩待は「カリ」は縁で「マチ」は裁縫でいうマチ、縁の幅ってことで、聖地のまわりの縁ってこと・・・?なんて、きゅうに思いつきのとりあえずの地名研究成果です。?
[PR]
by forumhiroshima | 2011-06-05 08:36

まぼろしのエルドラド/黄金郷?

北摂山中にまよいこんでいる。400mから500mの山々の連なりは渦巻くようになっていて、その谷ごとにちいさな集落がある。家々はひとつにかたまって、あって集合している。その塊ひとつひとつに付く地名一帯に東西の別院町〇〇とある。
d0089494_1712088.jpg

その渦のような山々のありようの中心に尾根にかこまれたちいさな盆地の集落が気になった。地図では杯のようで、集落へは九十九なルート。
d0089494_17121271.jpg

上り詰めて、なだらかな斜面につくられた棚田を正面にぶつかるように、緑の中へはいりこむように尾根を回ると、集落に対峙した。
d0089494_1717161.jpg

十軒あまりか、その奥、針葉樹の森を背景にしたおおきな屋根が黄金に輝いて、家々の瓦葺も銀色に染まっている。息もできない。凝視して、目玉をこすっても、黄金に輝く。ここは黄金郷なのか!
d0089494_1716551.jpg


集落は二段に構成されていて、V字に道が伸びている。黄金の屋根は地図ではお寺あたりにみえる。家並みのはずれからターンして上の段にはいる。が、黄金の屋根はない。お寺は黒い屋根だ。
d0089494_17195118.jpg

上の段の家々をまわり、Uターンして下の段も。しかし、ない、のだ。
そうなら地図にある神社へ。神社は道から奥まった森の奥に鎮座してあり、道路からは見えない。空は雲って、さきほどまで軽い雨粒がまとわりついていた。黄金の屋根よ、いずこ。

がっかりして、というより、すこし、おかしくなったかと、自分を振り返る。神社の石段に腰かけて、棚田をみている。ふとそばの石碑に、玉依神社とあるのです。
d0089494_17342827.jpg

山城の国、平安京の北部、洛北に賀茂の一族があって、そこの玉依姫が、ある日朱塗りの矢をひろうと、その矢に感応にて身ごもった。男の子が生まれ、育ったある日お祝いをしていると、父だという雷の神があらわれ、男の子をつれていった。
姫は再会したくおもっていたある日、夢に男の子があらわれ、葵の祭りをしてほしいといった。これが賀茂神社の葵祭りの始まり、始まり。
なんだけど、なんでここに玉依姫さんがおられるのか。
玉依姫は神武天皇のお母さんという話が大和の国にある。どちらにしても、話のすごさと、北摂のちいさな盆地のちいさな神社との対比が、。いや、黄金の屋根のあるここだから、こその玉依姫。

このあと少々、疲れました。興奮してしまった。
[PR]
by forumhiroshima | 2011-06-03 17:35


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧