こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
You ought to..
by parajumper at 15:36
Latin shema..
by williamyb4 at 13:25
louboutin pu..
by christian at 10:00
I blog frequ..
by ray ban ne at 13:12
Heya i'm for..
by canada goo at 09:04
http://silde..
by sildenafil buy at 23:40
Laterget htt..
by oripsojo at 20:23
http://www.g..
by nike roshe at 00:14
http://www.w..
by nike mercu at 11:58
Indelicate ..
by allanjy4 at 08:37
メモ帳

<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

鯖街道 花

鵜ノ瀬のある遠敷川を遡る道が、若狭から京都へむかう鯖街道だと標識が鵜ノ瀬の河原ちかくに立てられていた。この道を詰めると自然歩道指定ルートで地道になって峠を越えることになる。クワバラクワバラ、都までは遠いよ、と取って返して小浜から琵琶湖・今津ルートへ。
d0089494_1224944.jpg

R27と標示されている幹線道の道路標識は行く先が、日本海沿岸の敦賀とあって、こちとらが向うのは琵琶湖湖畔の今津方面なんだから、と不安になる。昨日の記憶がやっと酒酔いの霧からもたげてきて、アー、ソウ、ソウと昨日みた景色に反応しだす。が、その反応はほとんど石柱のみちしるべ、なんだ。今津へのルートは西国観音霊場めぐりの「じゅんれいみち」になっていて、その道しるべ、があるのだ。見上げて、しばし止って、頭整理する時間はある、ブルーの標識より、目線が下にむかって走っている自転車からは、そのまま目にとびこんでくる石の道しるべに、強い印象がある。
d0089494_12244090.jpg

道は熊川宿という景観保護地域の家並みをぬけて、水坂峠を越えて、琵琶湖へのルートを外れて、山中の道にはいる。ここにも鯖街道だという標識と、鯖寿司のカンバンのお店が点在している。
昨夜の小浜の居酒屋のおやじは、もう鯖はあがらん、といっていた。島根・石見の小さな漁港のそばの魚屋のさば寿司はちょっと有名なんだけど、おばさんは堂々と鯖はノウルエー産が安くてうまいと、のたまわっておられる。広島で開催される石見・出雲フェアーに出店していて、そこでばったりであった。今日もヨーロッパ!ってウインクしていた。(鯖は模様でノウルエーか近海かが、わかる)

「若狭や丹後は、古来、海の幸を、人を、京の都に吸い取られてきた。鯖街道はそういう道であった。若狭で水揚げされた鯖は、ひと塩を施され、京へと運ばれてゆく。道中、塩がほどよくなじみ、ちょうどいい塩加減になった鯖を使って、京都のさば寿司ができたのである。」水上勉の「植木鉢の土」にこう書いている。人を・・と書くのは「親に孝行、公に滅私奉公するという若狭の風土があり、・・小学校尋常科を卒業すれば、丁稚に行くというのは当然の風習であり、わたしが小僧に出るのも当たり前のことだった。十歳で京都の禅寺へゆくときも、わたしもおやじもそのように納得していた。そういう基盤のなかで育ったということである。植木鉢の土」
水上勉は若狭湾に面したおおい町出身だ。先日8月末の毎日新聞夕刊に“水上勉さんと原発”という特集がでていた。85年におおい町に「若州一滴文庫」を開設し、蔵書の公開と、越前竹人形劇の開催などを目的とされた。政府が高速増殖型原子炉にもんじゅ、ふげん、と“仏様の名前をつけるとは、とすごい、けんまく”との記事があった。文庫は一時閉館となっていたが、地元NPOが設立され再開された。その再開の挨拶にNPO代表が「文庫の図書室に掛けてある先生のメッセージには、「本をよみたくても、買えない少年に解放する」とありますが、そんな子供はとうの昔にいなくなりました。一滴の里・大飯町は原子力発電所の城下町で、それが千載一遇のチャンスであったのか、苦渋に満ちた選択であったのかはともかく、ここ20年間の大飯町の変貌ぶりはネイティブの私たちでさえ信じがたいほどです。原子力発電所に頼っていれば、生活は安定し幼い子供を京都の寺へ出すことなどなくなりました。
d0089494_12245428.jpg

しかし、そんな安定した生活の中で私たち "若いおとうさん"たちは、はたしてうまく子供を育てているのでしょうか。いや、私たち自身がはたして、「人生を切りひらく何かを拾って」生きてきたのでしょうか。そういう疑問と反省を込めて、改めて文庫を訪れたとき、それらの答えを導き出す並々ならぬエネルギーを感じることができました。

あのたたずまいの中から湧き出る「一滴の思想」こそが、この里に住む私たち一人一人にDNAとして記憶されていることに今気づきました。平成15年」と書いている。
水上勉は「植木鉢の土 原子力の青い火」に、若狭から多くの物資や人が関西にむかったことに続いて「そして今また、若狭は原発の都となって、電力を京の都へすいとられているのである。京都の街の夜、電燈やネオンが輝き、人々がさんざめく光景をみていると、わたしはぞっとする。若狭の原子力で起した灯が、この街を、闇であるはずの夜を、昼にしているのだから。・・いつしか暗がりも黄昏も、夕暮れもなくなってしまって、今は言葉がのこっているだけ。」
毎日新聞の水上勉の特集から、おおい原発再開の際に福井の知事さんのはなった消費地へのつよい言葉の背景が、すこしみえるような気持ちになった。彼らのいうDNAに刻まれた記憶を応援したいともおもえた。水上勉の兄弟の一人は原発に勤めていたことも記事にあった。彼らのなかにいまのこの国のエネルギー問題の混迷の解決の光があるかもしれない。期待したい。いつも答えは現場にあるのだから。

道は朽木という小さな町をすぎると、ひろかった谷の幅がせまって道は田園の中から川沿いに変わってきた。
若狭から都へむけてこの谷を京都へと疾走した戦国の武将がいた。越前攻略に33歳の織田信長とその大軍は、敦賀にいた。「敦賀の信長とその大軍は、朝倉・浅井のはさみうちを受けるというかたちになった。包囲されて、北方の敦賀湾へ掃くようにして追い落とされるという形勢になる。・・この人物は、惜しげもなく作戦すべてをすてたのである。“蒸発した”。その行動はまったくの蒸発であった。身辺のわずかな者に言いのこし、共数人をつれて味方にもいわず、敦賀から逐電したのである。・・どの経路をとるか?であった。岐阜には帰れない。京都ならなんとか帰れる。ただし京都へ帰るとしても、湖北から湖東にかけては近畿最強といわれる浅井氏の江州兵が充満していて、ふつうの経路はとれない。“朽木越え以外にはありませぬ”といってすすめたのが、松永久秀であった。・・朽木という耳慣れぬ地名を口にしたのは、根が京都人でもあり、天下の群雄割拠の時代に京都を支配していた時期も長かったから、京都から若狭(福井県西部)へ抜ける間道として、湖西に南北20KMにおよぶ“朽木谷”という長大な渓谷があることを知っており、その谷底をひとすじの古道が走っていて、途中人里もあることを知っていたのである。その間道は、信長にとって意外にも、京都の北東の八瀬・大原にはいってくるという。 司馬遼太郎 街道をゆく1 」
d0089494_12252597.jpg

昨夜の居酒屋の話では、今は京都へこの道を使うことがおおいという。車を走らせる道にはつい先ほど拡がったとの、ことらしい。信長の時代にはまだ鯖街道という名もなかっただろう。京都はながく荒廃していた。谷底は川と道の幅だけにせばまって、ときおり対岸に家が点在する集落が現れる。小さな橋をわたって、その小さな家並みを訪ねる。またちいさな橋を見つけて渡ると車道になる。そんな繰り返しが、この谷の時間を楽しくする。ちいさなプロムナードは車に追われることもない。司馬さんはこの谷の寺院を訪ねそこで寺の老婦人との対話を書いている。「“この朽木谷のこの寺に嫁いできて、ことしで52年になります。”といわれた。このあたりの春秋はよろしいでしょうね。“いえいえ”と謙遜して“千度(たんのうするほど)ええ目をさせてもらいました。”といわれる。いかにも京都風である。この寺の山門に対っているのが、安曇川である。その渓向うの里に、ご主人が行っておられて、そこで急病でなくなられた。そのころ橋がございませんで、夜が明けましてから村の人が舟を出してくれまして、わたしがそれに乗ってむこうの里に参りまして、主人を駕籠にのせてその駕籠ごと舟で帰りまして・それから25年でございます。と老婦人はいわれる。司馬遼太郎 街道をゆく1」

川の名が安曇川から葛川へと変わる。点在する集落の名の頭に葛川がついて、葛川○○となった。葛川坊村を通過する。ここに修験道の寺院の明王院があるようだが、立ち寄らなかった。どうも修験者のいでたちがニガテで、峠登りのヘタレとしては、近寄りがたいのだ。
この明王院へ琵琶湖湖畔の坂本から比叡山を越えて参拝する修行を白州正子が書いている。「葛川の参籠は、経験をつんだ行者にしか許されず、命がけの荒行といわれる。明王院はいわば比叡山全体の奥の院なのだ。その行者道は、坂本から堅田へ出、そこから西に入って、比良の山麓を途中にでる。途中からは、花折峠の急坂をこえ、安曇川ぞいに葛川へ至るので、葛川というのは支流でなく、上流の渓谷を指すらしい。・・花折峠の難所へさしかかるとき、峠では樒・シキミをとるきまりがあるそうで、“花折”の名はそこからでた。白州正子 かくれ里/葛川・明王院」
この峠の花折の名に以前から引かれていて、とても登りたかった。峠の車道にはトンネルがあるし、峠は旧道ときまってる!もんだ。が、旧道の入口はチェーン規制。当然、突破!だって、工事や災害のカンバンもなくて、織田信長も突破した道という歴史もある。信長どころか、義経も室町将軍も、ここを通っているのだから。なんて!
d0089494_12255987.jpg

峠への道は舗装こそされていたけど、スギの小枝が広がって、クネクネとハンドルをきる。そのうち、いつもの、ヤメ!と押しになった。トップには自然石の表示と自然歩道の標示がならんでいる。ここで樒を折って、明王院に献花したとあった。樒は木だけど、空海がその葉がハスの花びらににてると、使いはじめたと、いわれる。木の葉が、花とは。日本に自生する唯一の香木ともいわれるから、ただし毒をもってるらしいが、花になったのだろうか。比叡山を創建した最澄のお母さんを祀るお堂を「花摘社」といわれる、と司馬さんが書いている。この峠の西には花背という地名とその名の峠も地図にみえる。花盛りの山中である。「峠から振り返る比叡山の景色は美しい。」と白州正子は書いてるけど、とても比叡山は見えそうもない。白州さん、ときどきこんな表現を書かれる。私は地図に弱いともいっておられるけど。
d0089494_1226266.jpg

峠の周囲は杉の森で、その管理のために旧道が閉鎖されているようで、路面に杉の枝がつぶれたトラックの轍がみれる。ここで、樒を折らなければ、ならないと、杉ばかりの森をうろうろ、そのうち樒の葉がどんなものだったか、判らなくなった。でもこれだろうか、というほそぼそとした木をみつけて、枝をもらった。
d0089494_122721.jpg

枝はもらったけど、自転車には、刺す場所がなくて、峠にすわりこんで空を見て考えていた。ここから京都まではほとんど下りのルートが余裕をくれる。なにかいいアイデアで樒を運びたい。
ふと、「わたしは何を残しただろう」「今はただ愛おしいあの人を思い出す」NHKの“花は咲く”の歌が聞こえてきた。花折の「花」を関連しての妄想だろうが。この歌心にしみる、哀しい歌ですよね。いつも泣きそうになりますよ。
でもね、花を摘み、花を折り、「いまはただ愛しいあのひとに」手向けるという祈りが、強い力が湧くように、おもえたのだけど。東北の地に、花はきっと、咲く、に違いないが。
東北も若狭もガンバ!です。
[PR]
by forumhiroshima | 2012-09-13 12:28

若狭井と鉄腕アトム

琵琶湖を北上して、湖畔の今津の町から西へ。R303にまとわりつくように残っている若狭街道という旧道を切れ切れにたどると、登りになる。トンネルの新道をさけて旧道の水坂の峠を登る。
東大寺・お水取りの名の若狭井からくむ水が、この先日本海にでる小浜の町の「鵜の瀬」から一年をかけて、地下をながれて奈良へむかっているという。3月のお水取りから約半年、若狭から送られた水は今頃この水坂の地下を流れているのだろう。だから「水坂」なんだ、なんて??
d0089494_12555760.jpg

信州・諏訪湖の水は佐久間川で太平洋に流れているのだけど、海に近い場所の桜ケ池から水が諏訪湖に送られているという。このお祭りが今も秋の彼岸の日に行なわれている。また諏訪湖湖畔の葛井神社の池に投げ込まれた御幣が、遠州のさなぎ池に浮かぶというお祭りもある(縄文聖地巡礼・坂本龍一、中沢新一)という。
d0089494_1253476.jpg

京都の水は若狭からくるという信仰もあるという。現代の科学で、京都の盆地の地下に巨大な地下水がたまっていることがいわれる、京都水盆というのだそうで、琵琶湖に匹敵する水量だという。それを発表された関西大学の楠見教授の講演を読むと、京都の地下水をとる井戸と、人工的な地震波を地中に向け流しその反射を分析されたものだという。(城陽市環境フォーラム)。残念ながら、若狭からの水脈の話は聞けなかった。しかし、調査が京都の地下だけだから、若狭水脈の存在は科学的証拠がないとは、いえないだろう、と。お水取りの水は若狭からきてると1300年信じられてる。
d0089494_1254139.jpg

水坂をぬけて、一気に小浜へ下る。市街地に入る手前の国分から西へ、遠敷川沿いを遡れば、若狭井へ水を送る場所「鵜ノ瀬」に着く。夕刻になってきていた。川沿いにまず若狭姫神社に。オオザッパな感想なんだけど、日本海沿岸の神社は、そこに神が鎮座しておられる、と感じさせる、今ごろのパワースポットが多い。ここも巨木の森の中の風雪に洗われた拝殿の境内が、そう感じさせる。
また西へ向って若狭彦神社へ。すこし姫にまけてる境内だけど、この彦神が東大寺へ水を送ると約束した本人(神さまを本人はないだろが)
ここからまだ鵜ノ瀬までは先がありそう。日がすっかり翳ってきて、映像で見ているお水送りの神事の行なわれる鵜ノ瀬が暗闇では、楽しくないと小浜の宿への道に引き返した。

宿は海岸の道に面していて、陰ってきた日差しが沖に延びた岬を明るく照らしていた。ちょうど宿の主人が現れて、あの岬の突端が原発ですか?ときいた。うなずかれて、「パン!、でパー」と。営業への影響は?ないですよ。とニコっと笑われた。
d0089494_12543237.jpg

「パンでパー」は、どきん!だった。
自分は広島の原爆ドームの正面玄関の場所で原爆の翌年に生まれている。そのころの原爆ドームはだれでも入れて、子供達はガレキの建物の頂上の赤さびたドームに登ることが、勇気の証明だったりした。家ではドームのしたにガレキを除いて小さな畑でサツマイモを作っていた。テレビの放映がはじまって、大人気番組は「鉄腕アトム」。アトムのエネルギーは名前のとおりの原子力エネルギー。原子力の平和利用というフレーズは、時代を先駆けるものだと感じていた。被爆したからこそ平和利用と、被爆した親たちもそう思っていただろうとおもう。その実現のために、勉強せえ!といわれつづけた。
そう「パーンでパー」なんだよね。それも、お水をおくる若狭の海で。

翌朝、早朝朝日が輝いていた。小浜の鎮守は若狭彦・姫神社じゃないと、昨夜の居酒屋のオヤジさんがいっていて、市街地にある八幡さんだと。その祭りの9月にまた走って来い!と、自慢の干物を焼いてくれた。おかげで、酒が体すみずみに残ってる。八幡神社は荘厳な森に中にあった。小浜の町もグルーとまわってみた。風雪に削り込まれた街、いいです。生きる息づかいがこぼれています。日本海ですね。

鵜ノ瀬の谷に朝日が差し込むだろう頃合に出逢えたらいいな!と、鵜ノ瀬に向った。えらく広い新しい道が遠敷川にそって伸びている。鵜ノ瀬は地図に記載されていない。その場所にある集落が、下根来。そこに近づいた。大きなカンバンと、駐車場。ここの「お水送り」の神事はすっかり有名になっているようだ。
d0089494_12562479.jpg

根来の地名について、司馬遼太郎・街道をゆく32/紀ノ川流域で「近江との県境に百里ケ岳という山があり、そこから北の小浜にむかっている古道を若狭では根来道・ネゴリ道という。この道も紀州根来と同様、高所からしだいにくだってゆく地点にある。そこで、{峰をほどよく下がった南陽・ミナミビをうける斜面}という、地点を、ネゴロというのではあるまいかと私は思うのである。」
司馬さんが地名を語るのはめずらしい。地名フェチとしては見逃せない。だから、“日差し差し込む時間”にこだわってみた。
鵜ノ瀬は、小さな祠とちいさな鳥居と、コンクリートと川原石で整備された河原。ちいさなステージが川沿いに作られていて、来るんじゃなかった!!よ。これ!かよ!。「パー」ですよ。
d0089494_1255865.jpg

d0089494_12552565.jpg

d0089494_12553697.jpg

コンクリートの橋のかかった対岸に繁みがあって、ふるいお宮がみえる。トイレもあるようで、むかってみた。ここに水を蛇口から汲めるようになっていて、整備のために側の自販機でうってる「お水送りシール」を購入してください!とあった。整備??。
その自販機の向うに、東大寺・建立初代別当、良弁誕生の地と石碑がたっていた。谷川健一「四天王寺の鷹」で、東大寺の良弁について記載されている。古文書によると、良弁は近江ぼ志賀里もしくは相模の人をされてる。母が観音に祈ってさずかった子であったが、農作業の間、木陰に子供をおいておくと、おおきな鷲がさらってしまった。そののと奈良で鷲がつかんでいた子供をおいたので、見つけた僧侶が養育して、のちに東大寺を建立する責任者になったという。この石碑どうなんでしょうか。
d0089494_12565116.jpg

ところが、良弁和尚は、漆をつかう塗師の漆部氏の出身といわれる。「若狭の根来の山中も、また紀州の葛城山脈(根来もその山中にある)も、ほんの大正時代ぐらいまで木地屋が活躍した山々であることが重要である。木地屋とはいうまでもなく、ロクロをもってお盆やお椀などの挽物・ヒキモノを粗挽きする上代以来の山林の職業人のことである。(さらにいえが、日本の誇るべき漆工芸品の基礎-形つくり-は彼らがうけもったものである。)司馬正太郎 街道をゆく32」
良弁がつくった東大寺、三月堂・法華堂(お水取りの二月堂のとなり)に乾漆仏像が多いこと、にも注目される。谷川健一」
もちろん、この鵜ノ瀬のある根来が、古来の木地師の集落であったことはいうまでもない。

新しい技術・情報が若狭から近江に集中してあったことで、東大寺の建立には、そのころの技術者の総力が必要で、良弁や、お水取りをはじめた良弁の右腕、実忠も、銅や水銀、朱、石建造、大工、絵師など総動員されたと思える。東大寺建立はいまの万博やオリンピック開催のようなイベントであったのだろう。

二月堂の秘仏が金剛仏の観音、鉄腕アトムは宝塚市立手塚治虫記念館に鎮座。
[PR]
by forumhiroshima | 2012-09-12 12:57


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧