こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
You ought to..
by parajumper at 15:36
Latin shema..
by williamyb4 at 13:25
louboutin pu..
by christian at 10:00
I blog frequ..
by ray ban ne at 13:12
Heya i'm for..
by canada goo at 09:04
http://silde..
by sildenafil buy at 23:40
Laterget htt..
by oripsojo at 20:23
http://www.g..
by nike roshe at 00:14
http://www.w..
by nike mercu at 11:58
Indelicate ..
by allanjy4 at 08:37
メモ帳

<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

豊葦原

JR西宮駅の北そばの芦原という場所に市立芦原(アシハラ)湯という厚生施設がある。とても熱い銭湯で、湯あたりするという評判があるが、自分はとても気に入ってしまって通っている。
銭湯そばに川が入り込んで、流れている。昔はこのあたりは氾濫原であって、芦原とよばれたのかもしれない。アシ原をヨシ原とよんで縁起をかついだともいうから、ヨシ原湯だと自分は読んでいるよ。

この国は豊葦原の国であったと記紀はいう。湿地帯がとても印象ふかい景色であったと、記紀の製作者たちは思っていたのだろう。その葦原に杭をうちこみ溝をつくって排水して田んぼにした人々を弥生人だという。彼らがこの国に上陸したときから、田んぼつくりは高度な土木工事だったという。(北九州に作られた最も古い水田遺構はムゾクイでつくられている)畝、畔という今では判別できない言葉がそんな時代を思わせる。その作業そのままを神様とした神社が溝咋(ミゾクイ)神社で北摂の山から流れでる川のそばにある。このミゾクイの神様の娘はオオクニヌシの息子コトシロヌシと結ばれヒメタタライスズヒメを産み、イスズヒメは神武天皇に皇后となったと書紀にある。

溝咋神社の北に鴨神社があり、南の淀川河畔の三島鴨神社は、本来当社であると、元祖-本家論争を仕掛けている神主さんのブログに、鴨神社側にある太田神社と鴨神社とはつながりがあるとあった。その神社は西国街道そばの古墳の横に鎮座していて、この神様は和歌山の大田からここに来ているとの伝承がある。
神社そばの安威川河畔は古墳の巣窟みたいに古墳が集中してあって、あるゴルフ練習場のフールドのマウントが古墳ってのもある。その古墳の石室の石は和歌山特産の緑色の砂岩だ。はるばる運んできている。
d0089494_15143693.jpg

d0089494_15145014.jpg

このHPに長く掲載して、まずい!とはおもっていっるが、広島の太田川の名の由来が知りたいとおもっていて、その手がかりをみつけたら修正したと、そのままにしてしまっている。
この間、鴨の神の追っかけしていて、東広島市から竹原市の賀茂郡とよばれた地域のほかに古代安芸の国に鴨郷があったようだという資料を見つけた。江戸時代の記録で、山県郡の歴史に「今詳ならず、通誌に都志見村加茂堤の字あれば、古の賀茂郷は此辺にやと曰へり。都志見は今、谷村に属す。有田の西三里其水は南流して太田川へ入る此か」とあるのを見つけた。鴨の神の川上遡上好きはよくわかっているから、川上になる高宮町(安芸高田市)に鴨神が鎮座していて、だから“高宮”!などと妄想している。

ヒメタタライスズヒメの誕生にはもう一つあって、お父さんはコトシロヌシの父のオオクニヌシでお母さんはセヤタタラヒメ。この神様を祭る奈良の三輪山にあるちいさな池そばに高宮神社がある。その高宮神社の神主の高宮氏の祖先がオオタタネコ。大田田根子オオタタネコの別の子孫が、奈良葛城の下鴨神社とよばれる鴨都波神社の神主だ。話はぐるぐる廻る。目が回るよ。

論争好きの神主さんは、ブログで京都、上賀茂神社の摂社・太田神社の存在を強調されている。太田神社は上賀茂神社北西に鎮座していて、上賀茂神社のHPでは、太田神社のカキツバタの池(天然記念物)の写真が掲載されている。
d0089494_15154348.jpg

d0089494_15155459.jpg

下賀茂神社には早朝到着した。だって阪急電車で河原町まで、だもんね。糺森に朝日がさしこんで、蝉の小川がきらめいている。この森の高名さに少々もちあげすぎ、だと思っていたが、とても綺麗だった。白鷺もご満足の様子。
d0089494_15162614.jpg

d0089494_15164869.jpg

d0089494_1516742.jpg

豊葦原はふかい森があってこそ生まれる。森の木々を切れば、土地は乾く。その上に人々は都市を造ってきた。一方、溝咋で出来た田園の風景には、自然らしさを感じる。水のある風景だからだろうか。

太田神社の境内に入る石橋に「右側の流れを覗いてみてください。水中に中が没した石を蛇の枕・ジャのマクラ、雨乞い石ともいい、この石を鉄製の農機具でたたくと、枕をたたかれた蛇が怒って雨を降らせます」とかかれている。

溝咋の神の娘はタタラ姫。製鉄のタタラだという。オオタタネコのタタもたたらだという。葛城の下鴨神社の神様アジスキタカヒコネのアジは美味い!のアジでスキは鍬鋤の鍬で農具!タカヒコネは上物!らしいよ。
サイクリングの後、もちろん芦原の銭湯でした。
[PR]
by forumhiroshima | 2013-01-31 15:17

京都・周山街道

今年の東大寺お水取りの修行僧リストが二月堂そばの休憩所に張り出されているだろう。お水取りの水が若狭から地下をとおって白と黒の鵜によって運ばれる。その時間は若狭から奈良まで一年ほどを必要としているという。
その水はそろそろ京都の地下をくぐったころだろうか?と地図を見ていた。若狭からの東大寺への送り主は若狭彦命、この神様は賀茂の神でもあり、東大寺二月堂・お水取りの松明の火の粉がふりそそぐ斜面にある小さな祠に祭られる遠敷明神でもあるのだという。
「お水」は、賀茂川の賀茂神社地下あたりを通過しました!なんて空想していて、ふと北の山中に加茂神社の標示を発見した。行かなきゃ!いけん。
そこへは北山を北上して若狭・小浜へはいる周山街道を走ることになる。
d0089494_15341773.jpg


京都の自転車乗りたちの練習コースの一つがこの街道だと聞いていた。まだ自転車でのロードレースがほとんど開催されていなかった二十数年まえに、京都・美山町で公道ロードレースが開催されていた。京都のレーサーたちの華々しい戦果の歴史はこの大会から始まっているのじゃないかとおもう。
一度この街道をとおって、美山へ走ったことがあって、そのとき伴走してくれたF君は大学生だった。彼の母校の立命館から仁和寺にでて、すぐに登りになった。
短いけど急坂の広島周辺の道とはちがって、ながい緩やかな斜面がつづいて、この道でひとつでも今よりも重いギヤを使えるように練習しているのだと聞いた。ペダルの回転数は速くするとすぐに心臓にくるから、まず巧く回せても、ロードレースでは90回転/分だろうといわれる。そうなると、重いギヤを使えれば速いことはわかる。実際にはそのための練習場所が身近にあれば、そしてその攻略を教えてくれる先輩がいれば、きっと速くなれるだろうと、F君の姿が安定して速度が伸びてゆくのを後方から見ていた。自転車は練習場所だよな、と急坂好みのわが郷土の友人達の行く末にふと不安を思った。なにせ、皆さんガリゴリのヒルクライマーが大好きだからなあ。
そんな時間を思い出して街道の登りへ。街道ぞいに北山杉の真っ白な柱をつくる作業所がつぎつぎと現れる。ボヤーと眺めていると、そばをヒューと二人の自転車が追い越して、そうだブログ用の写真を!と、おもったけど、カメラ覗くともう彼らは遠かった。いまもこの街道が選手育成コースなんだ。
d0089494_15343550.jpg

周山街道からはずれて小野という集落で右の川沿いの古道に入った。分岐点に落葉神社とう名の神様が鎮座されてる。地図をみると車道では行き止まりの谷の奥に加茂神社は鎮座している。入口に神様を置くという設定に、加茂の神様の有り様を想像して、ワクワクしてきた。道は練習にもならないほどの平坦で、狭い谷間から広い田園へと入った。谷は二股にわかれて、東へ入ると加茂神社があるようだ。谷間と尾根との際には、丸い風船を並べたような北山杉の森が点在して、冬空だけど、もう明るい青空。そのなかにこんもりとした大きな杉の森が見えてきた。きっと鎮守に違いないと向うと森の入口に小さく見える鳥居を発見した。神社へは、はっきりとした参道がみえず、田んぼの耕作放棄地となったような中に威勢よく流れる水にそって畔道を鳥居へと向った。
d0089494_15351382.jpg

午後の日差しが差し込んだ杉の巨木の中に古びた神社が鎮座して、神額に大森加茂神社とあった。尾根から飛び出た水のつくった扇状地とその川と、そしてちいさな清水のながれる溝。そうなんだ、賀茂、加茂、鴨と字はかわってもカモの神は、ひろい河原の中で、ひろびろとした空間に鎮座している。ここの加茂の神は空間を幾つもの杉の木立でさえぎられた、森を従えて堂々とおられた。そしてそばに円錐形の山。ここにもそれらしい山が幾つもみえる。
d0089494_15355392.jpg

d0089494_1536526.jpg

カモの神々の鎮座する風土には、美しい水の流れがかならずあるようにも、おもっている。でもすでにその水を失って、その跡と思える濁った池や落ち葉にうまった溝の場所もおおい。ここへ乗ってきた自転車につけた水はコンビニのポリボトル。いつごろから、水を出発するときからつけて走り出したのだろうか。空の水筒で今日はどこで水いれようか?と思っていたのは、もうずっと昔のようだ。水なんて買うって、なかった!お金もなかった!

グワーンと溝に豊な流れがある、大森加茂神社の祭神はどうなっているのかと、境内をさがしてみたが、あのよくある由来書はみあたらない。京都のカモの神々は、天津系で、そのふるさとだといわれる奈良・葛城のカモの神は出雲系だといわれる。
この区分を由緒を探すのでなく、境内に鎮座する狛犬から出雲系と判別する方法の一つがあるという。「社殿まえに置かれた狛犬が、もし前足を折り曲げてかがみこみ、後脚はすっくとのばしてお尻を高く持ち上げていたら、その神社は出雲系である。・・出雲系すべての神社にこの種の狛犬が置かれているわかではないのだが。出雲と大和/村井康彦」
大森加茂神社の狛犬は出雲系ではなかった。だろうね、ここは京都・山城国だもんね。
d0089494_1539289.jpg

[PR]
by forumhiroshima | 2013-01-27 15:42

卜占

北摂の山中の湯谷の玉依姫神社は、京都の上賀茂神社の神さま、賀茂別雷命のお母さん。お椀の底のような谷間に鎮座しておられた。玉依姫は川上から流れ着いた矢によって受胎する神話をもっていて、京都の賀茂神社に流れ着いた矢は川上の貴船神社からでたものだという。湯谷の神社そばには川はなく、ただその小さな盆地から淀川へながれこむ安威川のひとつの源流であることが、ここに玉依姫の鎮座する訳になるのかと、ぼんやり考えていた。
安威川をくだると、茨木市と高槻市へ入る。摂津の山々から流れ出る短い川のそばの道は深い谷であるからか集落もなく、ほとんどの川のそばに採石場があって、その跡は住宅地にかわっている。だから住宅はとても高い場所に密集していて道沿いからみることはない。採石場はこの大阪のビル街をつくった土砂の供給源でもあるのか、おおきなダンプが行きかっていて、路面はとても荒れていて、快適な自転車ツアーとはいいがたい。埃っぽい路面をみつめてひたすら走るほかない。
d0089494_15363430.jpg

川が平野にでると密集した町並みになかを流れる。安威・アイという地名は奥出雲にもあった。川の合流地点、川合とか相生とかとおなじ。扇状地にある泉が古代の住居地をつくり、またその上を川が氾濫し、つくられた新しい平地をまた川が切り込んで、そこに残った段丘や三角州に田畑を人々は開いてきた。アイという地名には古代からの連続があるようだ。
この安威川の氾濫源に三つの鴨の神々が鎮座している。しかしこの三つの神社の神が京都の賀茂の神でなく、大和、葛城の都波八重事代主が鎮座している。川上の玉依姫はどうなるの?事代主のコトシロはよく事を知っている神ってことらしい。
d0089494_15372180.jpg

三島鴨神社の注連縄がおもしろい。
d0089494_153832.jpg

瀬戸内海の大三島にある大山祇神社は、伊予国風土記にはここ高槻市三島江にある三島鴨神社からの勧請とあり、島の対岸に伊予国鴨郷があった。三島神社はもう一つ、伊豆国賀茂郡にも鎮座している。
「鴨族出身で知名なのは、古くは役小角・エンノオヅヌ(634~?)で中世にあっては鴨長明(1155?~1216)であろう。役小角は・・七世紀から八世紀に活躍する怪人物だが、実在の人物であることはまちがいない。・・鴨族という神霊をつかさどるグループになかでも筋目のいい出身であろう。役小角がうまれたときには、すでに蕃神である仏教が渡来していて、大和盆地の斑鳩の地には法隆寺の甍が白銀にかがやき、堂塔の青や丹の色がまだ濡れているように真新しかった。崇仏思想が山野をひたひたと浸しつつあり、それにひきかえ日本の神々の威勢がおおいに転落していた。・・堂々たる仏達の彫像や、それをおさめる堂塔伽藍のきらびやかさは、草ぶかい山や谷にしずまる土俗の神々を圧倒し、それをみすぼらしく印象させた。・・『もはや葛城の神々の時代ではない』と鴨の貴種のうまれながら役小角はそうおもったらしい。・・そのころ数少ないながらも伝来してきている経典を好み、その教義で武装して葛城の山々を飛び回った。『もはやわしは仏教を得た。お前達よりの上位である』と神々にたいして傲然とのぞみ、神々をドレイのようにあつかった。(この場合の神々は神につかえる神主達だろう。ドイ)司馬遼太郎・街道をゆく/葛城みち」
この態度に、「藤原京にいる天皇に訴えでて、『役小角は謀叛をたくらんでいる』と、讒言した。『役小角を伊豆に流す』と文武天皇三年・699にあるのはこのいきさつによる。・・役小角は伊豆に流されているとき、駿河へゆき富士山にのぼった。記録上、最初の富士登山者である。三年でゆるされてもどるが・・司馬遼太郎・街道をゆく/葛城みち」
ここに、伊豆が登場する。

役小角が伊豆へ向わされる5年前、684年に伊予、土佐に大地震が発生している。道後の温泉も出なくなっている。この地震に全国で地変がおきていて、伊豆島の西北が二度にわたって三百丈も隆起し、一つの島になった。その前日の夕刻鼓の鳴る音のようなものが東方から聞こえてきた。と記録されている。
伊予大三島の大山祇神社は島の南部・鼻繰瀬戸にあったものを701年にいまの宮浦に移している。元の場所はいまも楠の古木が林立して波打ち際に井戸がのこっている。この移転したのは、いまも郡名としてのこっている越智一族の領主(小千)玉純だという。大地震も関係しているかもしれない。

役小角が伊豆から都に帰還してからも、伊豆での火山活動は激しくつづく。この火山
活動を中世に伝承として記録されたものがある。『三宅記』といわれるのもで、「昔、天竺の王子が継母にだまされて流浪し、日本の丹波へたどりついた。そこでであった翁に伊豆の海中に島を焼きだして住むことをすすめられ、翁の息子二人と娘を共につけてもらい、その三人と龍神た雷神をよびだし、大規模な島焼きをおこなった。火雷で焼いた大岩に水をそそぎ一夜で一つの島を出現させた。こうして一週間で十の島をつくり、最初の島を初島、第二番目は神々と相談して、つくったから神集・コウズ島、三番目は大きいから大島、第四は潮の泡で白くつくった新島。第五番目は三つの家がならでいる様子で三宅島・・などと十の島々を出現させた。」
824年の噴火以降886年までに神々とされた島々が十柱で、この中心が三軒の家のあるとされた三宅島だが、御焼でミヤケであろうという。火山活動による海底噴火で出現する島を神業とし、それを神異としてうけとめ、その神技の出現を御島・三島と普通名詞でよぶ。そこに古代の人々の自然の奇異への受け止め方の大きさと、神々として命名することによる、平常化をかんじる。神々はいつか鎮まるものである、という信仰があるようにおもえる。
三島社は最初三宅島に置かれ、のちに伊豆半島賀茂郡大社郷白浜に移され、さらに平安時代末期にいまの三島市の三島大社の場所にうつされたという。拝殿は役小角が最初の登山者であったという、富士山山頂の浅間神社に向っている。江戸時代末期につくられた伊豆日記の挿絵の白浜の神社の鳥居のかたわらに注連縄をはった家があり、そこに卜占をする者がいたことが記されている。谷川健一/古代海人の世界。この家の表札に鴨ってあったりして。ヘッヘ。
鴨と三島とが結びつくことと、安威川の源流に玉依姫という賀茂の神がいること、その関連はとてもたのしく想像、いや夢想できない。むつかしすぎる。
卜占をおこなった古代に鹿の骨から亀の甲羅へとその材料がかわったといわれる。その時期は6世紀から7世紀(古代史の鍵・対馬/永留久恵)で、役小角の活躍していた時代、古代の卜占をになった対馬、壱岐の卜占に伊豆の卜占がその役目を担った人々だといわれる。伊豆の三島、対馬、壱岐と卜占は島出身ばかりだ。
役小角の自信はこの鹿から亀への変化の先取りからかな?役小角の祖先はその島からやってきたのか?伊豆なのかな。

安威川の下流に鴨神社がある。三島鴨神社は安威川流域とはいいがたい場所にあって、平安時代に編集された全国の式内社神社リスト・延喜式にある三島鴨神社は、今の三島鴨神社ではないとその神社の神主さんは主張されている。この神主さんのHPはおもしろい。http://kamojinja.web.fc2.com/kamojinja03.html
鳥居のそばの石柱にもはっきり「元式内社三島鴨神社」と標示されている。
d0089494_20463095.jpg

「日本の神々3」ではこの元社説をキッパリ否定であるのだけど、湯谷の玉依姫さまの足元から流れる安威川は、今はすこしはなれているけど、ここの鴨神社がいいかんじだとおもう。そばに小さな加茂神社の祠がふるびて住宅地のちいさな空間に鎮座してあった。鴨の神のお旅所のような佇まいで、いい感じなんだ。
d0089494_20491186.jpg

伊豆の卜占で使用されたひび割れの解説図をみつけた。これで判断してみては?
でも亀の甲羅ひっぱがして、焼けないよね。そうそう、この卜占につかう火はハハキという木で、葛城の一言主神社と、天理・布留の石上神社の境内にあったよ。
d0089494_15414913.jpg

鴨の神々の追っかけに、どうしても必要なエネルギーはこれ!です。
d0089494_15413925.jpg

[PR]
by forumhiroshima | 2013-01-20 15:42

年賀状

あけまして、おめでとうございます。
一ヶ月もグログをかけませんでした。というのは、11月の終わりごろに神戸の郵便局から年賀葉書の配達業務に働かないか、とお話がありました。昨年西宮郵便局でのアルバイトのときの課長さんが、神戸の郵便局へ転勤されていて、覚えておられたようです。オレでもお役にたつのかと、すっかり舞い上がって、駆けつけると明日からこいとのこと。自宅からの距離も10kmあまりで、自転車通勤にもってこい!と軽いきもちでゆきましたね。でも仕事は昨年の短いアルバイトの経験なんてクッソクラエ!!です。すっかり、仕事覚えてすすめることに、いっぱいになってしまったのです。
元旦の年賀状には、どなたも思い出があるですよね。小学生らしい男の子の文字でかかれた同級生らしい女の子へのハガキやおばあさんへのハガキには、とても暖かさがあって、大晦日になっても翌日の午前中配達のへの作業を、スタッフみなさんがんばっていました。大晦日は9時過ぎまで整理、元旦は7時スタートでした。
わたしの配達区域でも、どこもそうだそうですが、郵便受けの前でおじいさんやおばあさんが早朝にまっておられて、今年は早いとお褒めいただきましたよ。
配達はそれだけじゃなくて、年賀状をくばらない家のリストつくりも平行しておこないました。「こんのは、おかしい!!」という電話もあるのだそうで、正確な返事のためだそうです。でも、配達しない郵便受けは、リスト作りのせいか、とてもめだって、さびしそうでした。
新年の最初のそして年間のなかでも最大級の歳時記の神輿をかつぐ人々に中ですごせた時間はとてもたのしくて緊張感のあるものでした。声をかけてくれた課長さんに感謝してます。
d0089494_15493358.jpg

そんないそがしい年末の中、以前資料で見つけていた賀茂の神様の神社へ走りました。地図をだすと、以前走った摂津と丹波の国境の山、尾根に周囲をかこまれて、麓から標高差100mの急坂をこえる小さな集落でした。さきに訪れたとき、お寺の屋根が午後の日差しに黄金に輝いていて、必死で写真とったのですが、手ぶれになってました。十軒にみたない民家は南向きにたてられ、その足元に田んぼがひろがって、静かなところでした。そこへのコースは、伊丹市の昆陽寺・コヤテラのそばの道から、川西市の鴨神社をぬけて北摂の山並みへはいります。
昆陽寺は8世紀の僧侶、行基のつくったもので、そばに多いな昆陽池もかれがつくったという伝説があります。この伝説に注目して、昆陽寺にあつまってくる古代道路の設計を研究している足利健亮さんのいうところ、古代道路は直線であるという事例が発表されているルートです。
難波宮にいたこともある聖武天皇とコンビで難波宮の北にかけられた長柄橋、そして東大寺大仏殿などの建設推進の中心人物です。
古代道路が直線に作られるということは、とても面白くて、そんな場所を見つければすぐに走りにゆきます。でもほとんど真直ぐにはおもえないところばかり。古代道路ってとても広くて、時の権力はよわまるとすぐに畑にかわって、そのうち家が建つのだそうです。京都の朱雀大路もいまは二車線ありません。みなさんたくましい。だから、はしっても直線には感じません。直線を交差させて、四角に設計してその工事を行なうって作業は、おおきな力のある人でないとできないってことで、逆にそうすることで行き届いて管理しやすくなるってことで、権力側の発送ってことでしょうか。そんなことは、どうでも、橋ってたのしいのは路地ですよね。
d0089494_15502384.jpg

d0089494_15505111.jpg

昆陽寺から鴨神社へ。ここには自衛隊の駐屯地もあるように、農地になりにくい場所で、駐屯地より標高のすこし低い場所に昆陽池などが作られていて、その下側は田んぼ、その上は畑がいまでも、都市化されていてもそんな景色がのこっています。
鴨神社は小高い丘にあって、その参道はかなり直線に残っていて、道は古い民家がならんでいます。神社のある場所は縄文・弥生時代の遺跡で銅鐸も発掘されていると、境内におおきなカンバンがありました。銅鐸の製造工場が伊丹飛行場の東の茨木市にあって、博物館になって、ここで発掘された銅鐸の鋳型でつくられた銅鐸が出雲からも発掘されました。鴨神社と銅鐸はセットかともおもったりしてます。京都の賀茂神社ではいまも銅鐸を鳴らしているときいてます。
d0089494_155177.jpg

川西市に流れる猪名川の支流の余野川にそって登るルートの各所に旧道が残っていて、この道を余野街道とも行基道ともいわれるそうで、足利先生の地図には猪名川をさかのぼり、能勢妙見がマークされて長尾山直道とありますが、行基関係の久安寺が余野街道にあることから、どうですかね。
d0089494_15513282.jpg

d0089494_155557.jpg

また古代の地形復元という作業は大変でしょうが、日下雅義さんの6~7世紀地図からは長柄橋から昆陽寺への直線道路は、まだ砂洲が発達していないだろうと、読めます。
d0089494_15514429.jpg

このあたりは、昭和初期に民家で埋まってしまって、そんな古代の景色は想像できませんが、その家々もすっかり風雪にさらされてきて、路地は鉢植えで埋まりだしています。
その景色が新しい時代に変わってゆく姿は今は想像もできません。だから「三丁目の夕日」になるのかな?未来が見えない?

余野は小さな役場にあるところが町といった場所ですが、役所そばには食事処があったのですが、コンビニがとって変わりました。でもこの町にはドライブインと中華料理店がありますよ。
ここから以前走ったルートを外れて、山中の集落を経由する峠道から一度くだって、あの標高差100mの峠にいこうと、強気のルート選択です。山中の小さな集落はいいですね。どこもすこしづつ違っていて、たくさんの小さな集落ファイルにのこった景色は教えてくれます。
下って、つぎの登りにはいる前に神社が道側にある、そこの案内には、行基の勧請とあります。行基さんは攝津ではどこにも現れます。

急坂に入って、けっこうのダンシング。そろそろ押しかよ!と先がみえないつづら道に、丁度車が走ってきました。そんなタイミングでは押しを選べないですよね。無理しても降りないゾオ!
d0089494_15542451.jpg

d0089494_15523298.jpg

集落が見えて、景色の中の鎮守の森をさがしたのですが、みあたりません。地図は集落からはなれて山中に鳥居マーク。集落の端から折り返して山中への道にとると集会所があります。ゼッタイここだと、反対の尾根側をみるとちいさな石灯篭発見。
d0089494_15525520.jpg

お寺は住職さんのもの。神社はパブリック。だから集会所がよくひっついてます。鎮守の森は見当たらないはず、竹の林のなかに玉依姫さまは鎮守されていました。
d0089494_15534059.jpg

きれいな環境ですが、水の神様だとおもていた、賀茂の玉依姫さまに水が見当たらない。と眼下の田んぼの中央に小川が切れ込んでいて、この流れは?と地図。すると高槻市へながれる安威川の源流がどうも此処らしい。
d0089494_1556387.jpg

川下に、賀茂神社があります。それも二ヶ所に。
[PR]
by forumhiroshima | 2013-01-06 15:58


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧