こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
You ought to..
by parajumper at 15:36
Latin shema..
by williamyb4 at 13:25
louboutin pu..
by christian at 10:00
I blog frequ..
by ray ban ne at 13:12
Heya i'm for..
by canada goo at 09:04
http://silde..
by sildenafil buy at 23:40
Laterget htt..
by oripsojo at 20:23
http://www.g..
by nike roshe at 00:14
http://www.w..
by nike mercu at 11:58
Indelicate ..
by allanjy4 at 08:37
メモ帳

<   2013年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

猿楽の発生

坂越の大避神社の絵馬堂は最古といわれる舟の絵馬がある。そのそばに真新しいおおきな絵馬が掲げられている。能舞台の描写のそばに宮内庁楽部元主席楽長・東義俊美、また楽祖秦河勝後裔、元宮内庁式部職楽部・岡正雄、余志子とあって、どちらも近頃の奉納の日付だ。※東義家は秦河勝子孫の家という伝承をもっている。
d0089494_9521221.jpg

d0089494_9514410.jpg

また能・秦河勝公演の絵馬も奉納されている。そばに今年の七夕の日に東京の国立能楽堂で演じられる「世阿弥」梅原猛作のポスター。そしてこの「世阿弥」は神社の西、赤穂市でも演じられると記載されている。
d0089494_9524859.jpg

d0089494_9523085.jpg

芸能神秦河勝。これがこの大避神社の祭神・秦河勝の別の一面になる。
秦河勝が難波からこの坂越に漂着した舟が「空舟」であったと伝承がある。「業を子孫に譲りて、空舟にのり、西海に浮かびたまいしが、播磨の国南、波尺師の浦に寄る。蜑人・アマヒト舟を上げてみるに、化して神となりとなりたまう。当初をんりに憑き祟り給いしかが、大きに荒るる神と申す。すなわち大荒神にてまします也。・・その後波尺師・ソャクシの浦に崇め・アガメ、宮造りす。次に同国山の里(上郡町)に移したてまつりて、宮造夥・カワしくして、西海道を守りたまう。所の人、猿楽の宮とも、宿神とも、これを申したてまつるなり。明宿集・金春禅竹」これは能楽の祖の世阿弥の養子の金春がのこしたもので、ここらから、宮内庁式部職楽部が後裔となるのだろうか。明宿集は昭和39年に発見されている。
d0089494_953982.jpg

d0089494_9532421.jpg

d0089494_9533611.jpg

この記述にある坂越の地名は元はソャクシであった。これをサコシという音として、柳田國男が明治44年に出版された「石神問答」の最初に、
若狭三方郡の塩坂越は「サコシ」と読まれる
播州の海岸備前境に接して坂越今日サカゴエと申すが実はサコシにて、以前はシャクシに近く唱え
肥前北松浦郡海上の小島にシャクシ
など、いくつかの地名でサコシと呼ぶ場所を紹介している。サコシとよぶほかに、石神井・シャクジイ、精進・ショウジ、象頭・ゾウズ、佐久神・サクジン、作神・サクジン、十三・ジュウサンなどを中沢新一は「精霊の王」で追加している。

サコシは宿神で、境に現れる遮る神では、と柳田國男はいっているように思える。坂越の大避神社の秦河勝が荒神にかわったことを治めることができて、そこにサコシの地名が下ろされたと考えるわけだ。播磨と備前との国境に近い場所で、瀬戸内海の潮流の動きが止まる場所とも考えられる。空舟は潮流と風で運ばれるのだから。

が、一方「宿神」として受け止めた人々がいた。かれらは芸能や技術の職の人々で、ワザオギが俳優とかかれるように、ワザをもって神ワザをあらわす人々であったのだろう。神をわが身に降臨させるワザを猿楽や能として高めた人々の信仰を、芸能神秦河勝としたのだろうか。宿神は能での「翁」だと中沢新一は熱く語っている。

世阿弥も金春禅竹も東義俊美も秦河勝の後裔であるとされている。

山野里のある上郡には宿と名のつく場所が三ヶ所。山野里に大酒と地名がある。それぞれに走って見た。でも、なにもなかった。トホホ!もっと残念だったのは、大酒の西の神社の名が「祝神社」とあったのに、腕が痛くて、走れなかった。途中下車でなく途中乗車にJRへむかった駅やそばの売店にビールがなかった。とてもとても残念です。
d0089494_9535451.jpg

坂越の大避神社には能面がのこっている。宮島・厳島神社に雅楽が伝承されている。森は牡蠣を美味くするだけではないようだ。
[PR]
by forumhiroshima | 2013-06-07 09:56

大酒

大酒

鴨族の本願の地といわれ、鴨神がいまも祀られる奈良盆地の南西の葛城山東山麓に中国・秦の始皇帝の末裔とかたる人々が朝鮮半島からやってきたと日本書紀にある。秦氏といわれる人々で、この人々が山城の国、いまの京都を開拓したという。
彼らが開いた桂川や葛野の地名にある[カツラ]がその記憶だともいわれる。京都、上下賀茂神社は葛城山麓から移住してきた鴨族の創設とされるが、秦氏創設の伏見稲荷や松尾大社の禰宜は鴨族から出た人という話と、秦氏からでた人が鴨氏との婚姻により「鴨氏」の名を名乗ったともいわれる。京都の大酒神社や蚕の社もこの秦氏の人々の創建になる。秦氏と鴨族との区分がみえなくなっている。不思議だ。古代人々は御祖を中心に結束したといわれるが、このケースは違って見える。
d0089494_5571082.jpg

その不思議さは、葛城の鴨神と山城・京都の賀茂の神の違っていることにもあって、背景に秦氏と鴨氏との複雑な関係があるようだ。室津の賀茂神社は京都の下賀茂神社にまつられる「ヤタガラス・カモタケツヌミの神」が、神武天皇の東征でこの室津に到着したとき、整備したという伝承がある。ヤタガラスはパイロット・道案内であったというが、ベースキャンプ管理責任者兼務みたいだ。(室津・賀茂神社では祭神はカモタケツヌミミコトでなく孫のカモタケイカズチミコトになっていた)

7世紀後半の飛鳥時代、秦氏に秦河勝という人があって、聖徳太子から譲り受けた弥勒菩薩を京都・太秦、広隆寺に安置した。その秦河勝は「聖徳太子との親密な関係は、太子没後、彼の置かれた社会的、政治的地位を危うくさせることになった。蘇我蝦夷、入鹿は太子の子息の山背大兄王と秦河勝の関係に警戒の眼をむけていた。643年山背大兄王は入鹿によって殺される。河勝はそれを目のあたりにしている。そこで・・身の危険を避けるために京都・太秦をはなれ、ひそかに難波から舟で西播磨にのがれ、秦氏がつちかった土地に隠棲したと推測される伝承が伝えられている。 谷川健一/四天王寺の鷹」
西播磨の坂越に秦河勝の舟が到着した伝承の地へ走った。

上陸ののち秦河勝は浜から北へちいさな峠をこえて、そこに流れ込む千種川をさかのぼり、荒野を開いていったという。のち秦河勝は坂越の浜のすぐ沖にある生島に弔われている。生島はいまも禁足地であり、国立公園特別保護区に指定されている。
d0089494_558342.jpg

d0089494_5581294.jpg

余談だが、坂越は牡蠣養殖で有名であり、そこの牡蠣は生島の森がそだてるといわれる。広島の牡蠣は宮島の原始林が育てるといわれているのに似ている。森は海の肥やしだ。宮島にも秦氏伝来の伝承がある。
d0089494_5585253.jpg

d0089494_559252.jpg

d0089494_5591755.jpg


秦河勝は坂越にある大避神社に祀られている。「大小30社もの分祠が千種川の流域にはあったという。いずれも秦河勝を祀り、伝承を伝えている。芸能神・秦河勝/三村昌義」
秦氏の御祖“秦の始皇帝”伝承は色々に解釈されている。司馬遼太郎の小説「兜卒天の巡礼」もその伝承を素材にかかれている。

「秦の始皇帝が祖先ということに一応はなっている。これは日本書紀に明記されている。始皇帝の裔功満王の子弓月ノ君が、山東百二十県の民を率いて日本に帰化した。そのい住民はどこに上陸したか。それは、あなたが今いるこの岬に上陸した。そしてこの神社付近に定住し、まず井戸をほった。その井戸から汲んだ水がいまあなたが喫んでいるその茶です。」これは司馬遼太郎の小説「兜卒天の巡礼」の一節で、「この神社」が坂越の大避神社という設定である。
「私は(此処の神社の神主)秦の始皇帝とは思わない。むかし、田村卓政やゴンドル女史が説をたてた。その説に私は従っている。つまり、ユダヤ人だったんだ。」「秦氏は信奉する唯一無二の神。それは大避大神だよ。この神名、古事記にもない。申せばつまり異教の神だ。」「この神社は延喜式以後大避神社と書くがそれ以前は、大闢、ダイビャクと書いた。ダイビャクとは、漢訳聖書をみたことがあるかな」「ダビデの漢訳語だ。この神社はダビデの礼拝堂であった。秦一族は、古代キリスト教の一派景教を信じていたというのが私の説である。」
秦氏がこの坂越に定住のあと、氏の代表が大和朝廷に出向いた。「我々は“大秦”と申す国から参ったもの」。おおきみは傍らを顧みて、物知りらしい従臣の一人に発言を促した。「はて、秦という国はむかしあったかに聞いておりますが・・・今は亡んでございません。」「ならば、汝等はその亡んだ秦の王族であるか」のち秦氏が秦の始皇帝の子孫だと称するにいたったのは、凡そ、こういうやりとりであったろう。中国とシリアをとりちがえられたところで、この大和では大差あるまい。「兜卒天の巡礼」より。

葛城での鴨族の神はオオクニヌシミコト一族。それが京都で、古代中国の秦国渡来の秦氏が祀る賀茂神社のヤタガラスが神武天のパイロットト勤めたのが紀元前8世紀。イスラエルの滅亡も同じ頃で、神武はイスラエルから来たという説もある。ダビデの子孫ヤタガラスが先導した神武もユダヤであった、ってことだろうか。

司馬さんの「兜卒天の巡礼」があったから、室津から坂越へ走ったのだけど。途中の相生湾の湾口の壺根-鰯浜には渡船があって、ショートカットできる計画!だったけど、この3月に廃止されて、エー!ウッソ!でした。舟にゆられて、到着したかったな。

上陸した秦河勝は千種川の中流域にある上郡の町の開拓を進めたという。その中心の地、上郡町にはやはり大避神社が鎮座しており、大酒の地名も見られる。千種川河畔に点在しているそのほかの、いくつかの大避神社を訪ねながら、千種川河畔のトローリングでもはじめようと、坂越の神社をでた。
d0089494_5595710.jpg

d0089494_601290.jpg

上郡の大避神社の狛犬は、どこかエジプト風、いやシリア風に見えたんだ。
d0089494_60297.jpg

d0089494_603942.jpg

[PR]
by forumhiroshima | 2013-06-07 06:01

摂津の国の鴨神巡礼、海の賀茂

このごろえらく腕がしびれて、悪い予感があって整形外科に近寄らず、鍼灸をたまに受けていたが、どうしても改善しないから、おそるおそるお医者さんにむかった。レントゲンから原因は首のヘルニヤだとわかった。学生時代のラグビーの練習で痛めていたのが、再発したらしい。「もう直りませんよ」とご神託いただいた。
うまく付き合うことをみつければいいか!と、安心。また自転車乗ろう、っと。

奈良、山城、摂津と鴨神巡礼って感じで、播磨に残っていた海の鴨神へ。鴨神は「古代日本に於いて、山及び山の聖水の状態に就いて、最も良く知り、又そうする事を聖なる職業としていた人々の群があった。おおよそ、出雲人の一派と考えられる者で、賀茂神を祀る賀茂人である。折口信夫」だという見解に納得していた。これまで尋ねた神社には小川の流れやおおきな井戸があった。
「飛鳥時代につくられた陰陽寮天武天皇が設けた施策で暦法の機関を賀茂家に天文道を土御門安部家に任務させた。賀茂家は1565年に絶えのちは土御門安部家が継いだ。」という資料もあって、巻寿司まるかじりの恵方はこちら?と決めた一族なのかもしれないと、ゆらいでいる。どっちでも、いいのが本音なんだけど。すこし気になる。
海の鴨神は摂津の西、室津の賀茂神社。ここに井戸があれば、(といっても瀬戸内の島々の神社には必ずといっていいほど井戸がある)鴨神は水を知らす神だとしよう。

摂津の国の江戸期・西国街道はほとんどR2になっている。バイパスがつくられて車の数自体はすくない。「姫路市というのは、戦後・・工業施設が集中して・・短期間にとほうもなく膨張した。このため・・かってのどかだった田園が、農地なのか、ごみ捨場なのか、無秩序な住宅地なのかつかみがたい景色になっている。司馬遼太郎/街道をゆく9室津みち」
西国街道からJR網干駅をぬけて、揖保川の河口へ走った。橋をわたると道沿いに揖保石見神社が現れる。「『播磨国風土記』を読んでいると、石海(石見)の人夫をよんできて、このあたりを開墾させたとあるが・・街道をゆく9」神社の説明では“揖保川の河口に林立する投げ石という奇岩を遥かに望むところから石見と呼ばれる”とあった。はたして?
道を南下して海岸にでて、この説明を確認するのはよして、ターンして川沿いに北上した。というのは揖保川町市場、浦部、に加茂神社が三つ点在している。それぞれ尾根の中に隠れるように神社はあって、落ち葉に埋もれた参道を登る。加茂、賀茂と神額の表記はちがっているのだが、尾根に細い山道があって、つながってもいるようだ。鴨神社は上下や上中下と位置されることが多いようだ。尾根を下り終えて鳥居のしたからみる田園の風景は、鴨神を信仰する人々によって作り上げられたのだろうと、尾根南側の石見の人の作り上げた景色も見たかったな、と思ったりした。
d0089494_1659277.jpg

d0089494_170941.jpg

d0089494_16592024.jpg

この谷の西詰に屋津坂という破線の道が御津町室津へ入っている。そこをいこうとおもっていた。が、車道の岩見坂を選んだ。はやく海がみたかった。坂を下りはじめると、「目の下がちいさな入江になっている。入江の奥におおきな真宗の寺院の屋根が一つと、魚家らしい家々がそれなりの秩序で密集している。地図をみると岩見港であった。街道をゆく9」 
d0089494_16574553.jpg

 そう、この司馬さんの景色をみたかった。その景色は瀬戸内でいくどもであった懐かしい景色だった。どこに似てる、のでなくどこにも似ている。
そこから海岸沿いに七曲がりとある、予想していたよりずっと平坦な道を走った。「道路上から、室津の入江の景観が見下ろせる。宿はその道路上に、崖に背をもたせかけるようにして建っている。街道をゆく9」「湾口を西方にむかってひらいている。そのちいさな口を囲んでいる三方の陸地はことごとく山壁で、風浪をふせいでいる。しかも山脚がいきなり海に落ちているために底は深そうである。・・湾は意外に小さい。湾の小ささが室津の風情をいっそう濃くしている。街道をゆく9」「町にむかって細い道を降りてみた。降りるにつれて、いらかの無数の重なりが変化する。『いけなどのようにぞみゆる』と、鎌倉初期の宮廷人通親が表現しているこの小さな入江はかもめどものとっては生簀のような好漁場であるらしく、二十羽ほどがしきりに 街道をゆく9」
d0089494_16591156.jpg


「岬の加茂神社へむかった。・・・室町期には・・一種の自由都市が発達したが、室津もそうであったらしい。付近の武将どもの勢力を拒むために、・・この地と港を加茂明神の社領であるとし、この明神を護持することで団結し、武権の介入や侵略から商権と自治を守った。ただし江戸期でそのことは崩れてしまった。・。そのあたりから中世の栄華の衰退がはじまるといっていい。 街道をゆく9」
「境内に入ると、存外ひろい。社務所にもどこにも人は居そうになく、神々だけが窮屈そうに鎮まっているように感ぜられた。街道をゆく9」訪れた日も神々は窮屈そうにおられた。境内に井戸をさがしてみたが、鴨神は水の神であるという仮説の証明にはならなかった。拝殿は海に面してあるようで、それと本殿の間が境内のようにみえる。本殿は細長く生田の神々が鎮座しており、主神は上賀茂神社の祭神のカモタケイカズチ命であった。神武天皇をパイロットのヤタガラス・カモタケツノミはサイドに鎮座。母親のタマヨリヒメがみえない。本殿の端に標識をみつけた。タマヨリヒメは本殿の裏に鎮座。その側に河合社とあっておばあさんのイカコヤヒメがおられる。丹波の国でお会いして、ひさしぶりです。ここにもおいででしたか?と挨拶しました。

d0089494_171536.jpg

d0089494_1712026.jpg

d0089494_1713312.jpg


「軒と軒とにはさまれたこの町特有の坂をのぼり、このあたりの地形ではその頂上にあるかのような浄土宗・浄運寺の石段をのぼった。山門も小ぶりでよく、境内も建物の配置が狭さとよく適っている。老婦人が、まだ口もきけない年端のお孫さんをつかまえて懇々と説教している。幼児は男の子である。街道をゆく9」山門もその奥もプランターの花々でいっぱいの境内があった。その中に婦人はその花々に水をやっておられた。司馬さんがここを訪れたのは、1976年というから、37年まえ。“男の子”は40歳ほど。庭の婦人は奥さんとしたは、すこし年をとっておられるような・・?。
d0089494_1715378.jpg

浄蓮寺は路地からはいる山門と海から入る戸があり、海へ、いまは小学校の校庭にと埋め立てられた場所に“貝掘りの井戸”がある。法然上人がここの人々のために貝殻でほったという伝承の井戸。加茂神社のすぐそば、ってことで、鴨神は水の神ってことに。
d0089494_1721046.jpg

しかしこの文章かくより司馬さんの街道をゆくを読んで!って書いたほうがよかったようだ。それほど室津の町は変わっていないように見えた。
[PR]
by forumhiroshima | 2013-06-06 17:02


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧