こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
お気に入りブログ
最新のコメント
You ought to..
by parajumper at 15:36
Latin shema..
by williamyb4 at 13:25
louboutin pu..
by christian at 10:00
I blog frequ..
by ray ban ne at 13:12
Heya i'm for..
by canada goo at 09:04
http://silde..
by sildenafil buy at 23:40
Laterget htt..
by oripsojo at 20:23
http://www.g..
by nike roshe at 00:14
http://www.w..
by nike mercu at 11:58
Indelicate ..
by allanjy4 at 08:37
メモ帳

<   2017年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

庚申堂

先日、海田町から西国街道をたどって船越へはいった。狭い車道で、車に追われる。海田から府中へぬけるにはこの県道151をだれも選択する。狭くてもここが早いし、車には怖いものない。

d0089494_14190657.jpg

ずっと昔この県道は国道2号で、渋滞はすごかった。カープのプレーボールをラジオで聞いて、ゲームセットになっても、まだ広島駅には届いていない、そんな道だった。だから、自分の拒否反応がここにある。ここを走るとき、いそいで通り抜けようとして、疲れる。船越郵便局をすぎて、石灯籠が手招きする路地の次を右折して県道から離脱した。この先に路地の交差点があって、そこに、ちいさな空間があった。

飛鳥時代の奈良に八街と呼ばれ、いまもそう呼ばれる交差点は集まってくる道の幅より広い小さな空間があって、あと道が分散する。

「ヤチマタ」の響きが心に残っていて、入り込んだ路地に似た空間があると、古代の響きがそこにある、ようにおもってしまう。黄金山西麓の大河にもこの空間があって、そこで盆踊りが開催される。神と人の舞台に変貌する空間だ、と妄想する。

右折した古道が二股に分岐、そこに保育園のちびっ子たちがお散歩している。かれらの保育園は正専寺が運営するめぐみ園、船越の「ヤチマタ」のちょっと先にある。

d0089494_14211465.jpg

寺の保育園の門の向こうの石垣の間の路地から、いきなり原チャリがおばさんをのせて飛び出てきた。代わりにそこへ飛び込む。細い!バイク、ギリの幅の道。

d0089494_14222707.jpg

薄暗い空間に目がなれると、路地奥に祠がみえる。庚申堂とある。いろいろ路地にはいりこむが、この辺りでは初めてのお目見え。いや、広島周辺ではお目にかかってない。お堂の向こうにも古びた白壁の納屋らしき建物が歪んで、たっている。昭和を通り越して、明治いや江戸へ景色の時間がワープしてしまった。

d0089494_14234378.jpg

「自転車にのると、絶妙な距離で。地上からフワッと浮き上がることができる。ペダルをひと漕ぎすると、軽快に走り出し、まわりの景色は、どんどん後ろに流れてゆく。こうして自転車に乗った人は、歩いている人々の生態やまわりの景色を地上からすこし浮き上がった場所から、フワフワと浮遊する状態を保って、空中から傍観することができる。人は地上の生活から遊離した感覚を味わうことができる。完全に地上から離脱してしまうと、本物の死者になってしまう。ところが自転車にのることで、人は生きたまま「プチ離脱」を果たす快感を味わうのである。 中沢新一 大阪アースダイバー」

チベットで仏教修行してきた中沢先生は東京も自転車で走って、「アースダイバイー」を書き上げている。

ベトイナム戦で指揮をとったベトイナム・ホーチミンは、戦車や装甲車で現れる敵に、重機が入り込めない路地やトンネルで戦いを進めた。路地には、「アジール・現世からの待避所」に変貌する能力がある。アジールは、通常の距離感・支配を霧散させる、そんな場所。

納屋のマダラな灰色の壁の向こうからおばあさんの自転車が現れた。路地、けっこう繁栄している。おばあさん一瞬立ち止まった。が狭くて自転車の方向転換が面倒で、しかたなく向かってきた。そばまでくると、お互い知り合いのように、会釈し挨拶ができた。狭いってことは、何かを心に起こす。お互いを認めないことには、進めない。例え、誤解であっても。

大阪のミナミではこの距離感を「愛隣」と呼んでいた。

天王寺、地下鉄の谷町線駅そばの居酒屋の並ぶ路地をぬけ、緩やかな坂道が下り終え上りに変わる場所にある清水井戸地蔵の祠をみつけると、北側の道の奥に四天王寺の五重塔が現れる。そこに右手白壁に囲まれた庚申堂に出会う。このコース大好き。

d0089494_14243338.jpg

門柱に「本邦最初庚申尊」。(京都、八坂庚申堂では「日本最初庚申まいり」ののぼりがひらめいている)

d0089494_14250432.jpg

「人の体中に「三尸・サンシ」の虫が住んでいる。姿は見えない。霊魂、鬼神のたぐいという。宿主がなくなると、死者へのお供えを食べることができる。そのため宿主が亡くなることを願って、宿主を抜け出す機会である庚申の夜を待っていて、宿主の命をつかさどる神に告げ口に出かける。宿主が目を覚ましていると抜け出れない。そこで、宿主は庚申の夜にはごちそうお堂に籠っておしゃべりしてすごす。   日本の道教遺跡を歩く 福永光司」

桂三枝さんのいらっしゃい!がきこえるような、楽しい言い訳のあるお祭りである。庚申堂におかれる三猿、(見ざる、言わざる、聞かざる)の像が三尸へのインパクト、そうしておけ!の怒号に思える。

d0089494_14263167.jpg

清少納言・枕草子に夜うちふくる程に、・・・歌読詠ませ給うとあったりして、その歴史古いようだ。

四天王寺の庚申堂南門の石段に地位小さな祠があって、この祠は閉門されても外にある。そこには小さなお供えが置かれていて、“のっぴきならない事情おもちなら 堂守へ相談だ!”とお供えをかっさらった誰かへの連絡のメモが張り付けてある。

このお供え泥棒は、宿主がなくなると、そのお供えを食べたがっている【三尸】にちがいない。

d0089494_14254575.jpg

四天王寺の庚申祭りのお札が全国に散らばって、庚申堂が造られた。夜には「爪を切るな」「髪をきるな」のように、「夜更かししろ」という解放感のあるお祭りはすぐに受け入れられたのだろう。

船越の庚申堂の建設もけっこうな歴史をもっているのではないだろうか。

古道に出会う祠にかんじる親しみやすさは、そのままでいてほしいとの思いを重なってまた訪れたくなる。

四天王寺庚申堂の住所が天王寺区堀越であることに、持ち帰った庚申まいりのスケジュールのビラを見ていて、いま気づいた。


[PR]
by forumhiroshima | 2017-02-22 14:27


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧