こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
You ought to..
by parajumper at 15:36
Latin shema..
by williamyb4 at 13:25
louboutin pu..
by christian at 10:00
I blog frequ..
by ray ban ne at 13:12
Heya i'm for..
by canada goo at 09:04
http://silde..
by sildenafil buy at 23:40
Laterget htt..
by oripsojo at 20:23
http://www.g..
by nike roshe at 00:14
http://www.w..
by nike mercu at 11:58
Indelicate ..
by allanjy4 at 08:37
メモ帳

<   2017年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

広島・阿武山の貴船の神

広島城下の町の風水による設計基本ラインは太田川の河畔の山・阿武山を基点としている。(曽我 とも子)

d0089494_14175902.jpg
d0089494_14265657.jpg

広島城天守閣に登ってみた。最上階の北方面の景色の写真が掲げてあった。

d0089494_14183166.jpg

天守閣から阿武山への設計基本ラインが河畔に出る場所を地図で確認すると北大橋東詰。ここなら阿武山が展望できる。ここへ走った。広い河の岸辺の向こうに円錐形に天守閣の写真と同じ阿武山あった。GoogleMap、地理院地図よりも裸眼の景色は、なにかに誘ってくれる。阿武山、この山になにか特別な何かがある、 。

d0089494_14185552.jpg

阿武山の南の尾根のピーク・権現山山麓に武田信玄の守護神・毘沙門天が祀られている。銀山城の武田氏の鬼門の神としても置かれたという。甲斐の武田には金山衆とよばれる山師集団があった。“風林火山”の騎馬軍団を支えたのが「武田の金山」という。軍隊には金がかかる。甲斐の武田にはそのための特別な技術者集団・金山衆とよばれる山師たちがいた。江戸幕府は彼らを佐渡金山、石見銀山開発に携わせている。採掘量は飛躍的に増大した。(山師 松本清張)。

ここ阿武山には金ならぬ銅鉱山があった。毘沙門天が鎮座するもう一つの訳か?しれない。

阿武山頂には貴船神社が鎮座している。京都、三原、広島と都市設計の基本ライン上に貴船神が現れる。阿武山の貴船神社は巨石を組んでつくられた祠で、古墳の石棺を思わせる。

d0089494_14194754.jpg

阿武山の土石流災害のあと、祠の上部の巨石が落ちていることが知られた。20148月の土石流災害の雨量の凄さは8月に入って災害発生の18日まで平年の3倍といわれることが、実態の恐ろしさを写真で実感できる。(以前の祠はGoogleMapでみられるが、落ちた写真はMy Fabarite HobbyさんのHPにあった。)

d0089494_14200990.jpg

「鳴」の地名が阿武山の北の山麓、河畔の太田川漁協のレンガの事務所の対岸にある。そこそばの谷を登った頂上のピークの小山が犬戻鳴山と呼ばれる。この谷が20148月に大崩落をおこした。ほかに66か所、全山の谷が崩壊している。犬戻鳴山の崩壊現場のピークから阿武山頂にかけて鉱山採掘が行われた廃坑道が残されている。この災害の調査報告に、これらの廃坑にたまった水を豪雨がさらに押し込んで、地下水を圧迫して谷斜面に噴出させ崩壊の発生原因の引き金であったと報告している。

d0089494_14212058.jpg

犬戻の名は、急坂をいう「戻り」(出雲に駒戻峠がある)。「鳴」は、貴船神社の祭神は高龗神・タカオカミはカミナリ様だ。鳴神もカミナリ様。和歌山の紀ノ川河口にこの名がある。「八木」には地名は海人の匂いがあるという。

では「犬」とは?

空海の高野山に道場開設を許した土地神の狩場明神は白黒の犬を連れてあらわれている。山伏たちは鉱山師でもある。黄銅鉱の結晶に銅牙石があって、小さな双六のサイコロに似ている。この石を子犬丸とも呼び、武石ともいう。(谷川健一)。

「犬とは、鉄を求めて山野を跋渉する一群の人々の呼称であった。つまり製鉄の部民にほかならない。 真弓常忠 古代の鉄と神々」

極めつけは、“花咲か爺さん”の裏の畑のポチが発見した小判の話がある。

この山に大蛇伝承がある。龍がまるで狂ったように暴れた山に、大蛇が潜んでいると人々は昔から話していた。

大蛇が人里に下り害を与える。その大蛇を祇園・銀山城の武田氏の家臣、香川勝男が退治した。切り刻まれた頭が山頂に胴体は中腹に尾っぽは地元の池に葬られた。山頂の貴船神社の岩の祠のような祠が中腹にもあった。今も池は残されている。「蛇王池物語」といわれる1。土石流の災害を、“谷抜け”とか“蛇抜け”という。

d0089494_14223267.jpg

龍がいた伝承はお城の南の白神神社横の愛宕池にもあった。

自分は神社の近くの袋町小学校へ通っていた。原爆ドームの北にあった家からの通学路は本通り商店街を抜けていたので、白神社へは、神社のお祭りにやってくる芝居小屋の昼間の建設作業を見に行ったりするぐらいで、あまり近寄らなかった。というのは、ここの池に蛇がいると、子供たちは噂していて、軟弱な自分には怖い処だった。

今、空になっている池のそばに教育委員会の説明板には、池の岩に彫られた龍が満潮時に遊泳とある。この彫られた龍を探したが、見つけてはいない。ちょっと怖いからか。

d0089494_14240539.jpg

「聚水」水の流れが集まれば、そこで龍の勢いがしっかり止まり、気がもれることはない。また潮水の来し方により波頭が高く白くなるのは龍勢がつよい (風水講義 三浦圀雄)

阿武山は太田川、根の谷川、三篠川を集めとどめる「聚水」の場所。白神社は城下建設時の渚だった。岩に白い紙をはって海難事故を防ぐという神社の所在が、霧の海ではどうなん?って思ってました。

太田川河口への築城の“安心・安全”に“龍”を機嫌よくすごして頂く、主人公の位置に置くということで、阿武山-天守閣を基本線としたのだろうか。


[PR]
by forumhiroshima | 2017-07-24 14:25

貴船の神も、鍛冶の神も

「宮廷を中心とした祖先の一族がこの土地に住みつく前から、この土地すんでいたもの、また後に渡ってきたものであろう、すなわち、海部であった。彼らは蕃人(先住民)で、祖先(大和人)たちと非常に関係が深かった。宮廷と隣接して生活していたからである。 折口信夫 」

「海部は、安曇連の支配のもとで朝廷に海産物を貢能した集団で、・・・ 河岡武春 海の民」

“貢”はみつぎで三原の土地の郡名、御調になる。御調の名は朝廷に奉仕した古代の人たちにつながる。

自転車で訪れた地に、ここに最初に現れたパイオニアの人々の痕跡を探がそうとする。自分の足でここまでたどってきたという高揚感を、きっとパオイオニアたちに重ねて「大変だったね」と彼らにも、そして自分にも語り掛けるナルシストでしかないのだろうが。精神科医は“ナルシズム”をパーソナリティー障害と呼ぶらしい。ホット、イ、て。


三原の海に「浮鯛妙」という古文書を持ち歩く漁民らがいた。その古文書は、八幡宮の祭神・神功皇后がこの海を通過中に多くの鯛が船そばに寄ってきて、そこへ皇后が酒を注ぐと鯛は酔って浮いてしまった。その魚を漁民が網で上げて献上した。皇后は喜ばれて“この浦の海人に永く日本中の漁場を許す”と文書にして下され古代から伝えられた「浮鯛妙」。国の境を超えられる通行手形を彼らはいつも船に置いていた。瀬戸内海ばかりか、長崎・大分・対馬まで枝村をつくった。そんな彼ら自身の出目は紀伊の国と伝承している(河岡武春 海の民)。

奈良時代末期ここ御調八幡宮そばに流された和気広虫姫が斎戒沐浴した清流の源流の谷を詰めて龍王山へ登るコースは、中国自然歩道として整備されている。

d0089494_12091837.jpg

このルートに御調八幡宮の奥宮として貴船神社がある。あの京都の水を差配する神、風水の神がここに鎮座している。
d0089494_12071524.jpg
よしだっち.com HPにその写真が掲載されている。筆影山遠望でしっかり見えている写真もある。

d0089494_12073942.jpg

貴船神社は木船とか紀船と書く神社もある。この神社に最も強い印象があったのは、九州の豊前から豊後・宇佐の中津平野でだった。田園に多数点在する小さいが立派なとても古びた本殿の神社の多くに貴船の神額が掲げられていた。行くとこ、ゆくとこが“貴船”さん、だった。


古代に西九州からの租税を積んだ船はいったん瀬戸内海を西へ向かい、大宰府にあつめられた租税とも合わせて瀬戸内海を東進し、飛鳥の朝廷へ紀ノ川をさかのぼって運ばれた。三原の市街地の東端の糸崎神社あたりが古代の重要な港であった長井の浦があった。海人たちが古く集う港だった。


古代の摂津・川尻湊(尼崎)に貴船の神がここに上陸したという貴布禰神社が二つある。第二阪神国道高架下のほこりっぽい分家とその北の旧市街の民家の間に沈んで建っている本家。分家の社殿のほうが立派でお殿様が建てたとあった。


貴船(貴布禰)神は豊前から瀬戸内海を東へここにいったん上陸。和気清麻呂が摂津国の長官時代、長岡京遷都に際して開削した神崎川(三国川)を上ったという。のち京都・鴨川をのぼり鞍馬山の西、貴船山の東の谷に鎮座した。京・貴船神社の神は“黄船”に乗ってきたと由緒にある。神を運んだ海人たちは、紀の人だったろうか。貴船の神は船に祭る船玉の神にもなる。


瀬戸内海の古代航路は本州沿岸よりの北航路と四国沿岸の南航路があった。二つの航路は周防の祝島のある熊毛浦で合流する。ここから西の航路には「島が少なく、逆風漲浪に遭遇する。・・・紀氏たちは周防・玖珂、佐波と豊前・上毛、下毛に濃く分布する。 古代政治研究・岸俊男」・・・だから中津平野の貴船神社群なのか?ただ周防は賀茂社が多い様子。

歴史はまあ、いろいろあるし・・・。と、シまらないな。


備後・府中からほぼ直線に西へ。御調八幡から、急坂を下ると現れる仏通寺(今も若い修行僧が掃除している)に出会う。吉備台地の西端を下り終えた沼田川河畔の本郷へと古代西国道ルートが走っている(西国道は西の高坂パーキンエリアから下るともいう)。この西国とは九州のこと、鎮西・大宰府への道。本郷の町で沼田川にでる。この辺りを舟木という。小早川氏の山城が新旧小高い山にある。小早川在城のころは海岸線だという。のち小早川氏はここをでて、三原城にうつる。

d0089494_12082683.jpg

「 クスというのは“奇し・クシ”からきたことばだろう。この常緑樹は、何百年の苔にまみれた老樹であっても、季節になればさかんに若葉を吹きだす。それも、あふれるようにである。その若葉がまことに奇しい。・・・さらには、根と幹や枝、葉にいたるまで樟脳をふくみ、それが木にとって虫よけになっているのも奇しい。古代人にとって、丸木舟の財だったのである。 司馬遼太郎 紀ノ川流域・街道をゆく32

司馬遼太郎が和歌山市の日前神社の森を訪れた時の情景。


舟木の入手場所が造船所だろう。

三原・糸崎の長井浦を出て東へ進むと古代の港は鞆の浦になる。ここにある天目一箇神社の神は鍛冶屋の神・製鉄の神という。それも砂鉄でなく岩鉄・鉄鉱石の溶解製鉄の神だという。この神は三原からやってきたと由来にあった。

御調八幡宮から西へ進んで右手に垣内郵便局を見る田園の左の山陽道の高架の工事の調査から、弥生とも(確定されていない)いわれる小丸製鉄遺跡が見つかっている。古墳時代以前の製鉄遺跡はまだなく、朝鮮半島からの鉄の輸入以外の国産の鉄はないとされているから“弥生とも?”になる。

半島からの技術者の渡来は、外洋の航海を経験している紀ノ國の海人の関わり他、考えにくい、という。

「船を作るには道具としての金属製の斧の類が必要であり、また釘も要求される。船材を切り出す仕事をつかさどる舟木氏と船大工たちの鉄の神である天目一箇神社は密接な関係をもっている。 谷川健一」


ここが、古代 最先端技術を持ち、古代西国道の水陸どちらにもコミットでいた、といえないだろうか。和気清麻呂の姉の逃亡先は、この最先端技術をもち豪族の家でなかったか。この豪族の財力が和気清麻呂の摂津の長官、平安京建設主任の要職についている。

御調八幡は”宮”で神社であるこのステータスの謎は、ここらに。


[PR]
by forumhiroshima | 2017-07-15 12:10

要塞の伝説

関ヶ原の戦いが終わり、江戸幕府の統治が始まると石垣を持つ城が築城されるブームが到来。徳川の大阪城1620-1629年、名古屋城1610年、熊本城 1606年、丸亀城 1615年。

それに比べ広島城1592-1599年 それに先行した三原城1582年と毛利氏の築城は早い。強力な武力と権力を思わせる。

普通に築城は台地や小山、尾根の崎などを立地としている。砂州や岩礁などの軟弱な基盤への毛利一族の築城は、海へ進出のためにその困難さを乗り越えてようとした。

全国に地方空港が建設された“航空機の時代到来”のように、大型船の時代到来を迎えていた。秀吉の1592年築城の伏見城(指月山)は淀川から引き込まれた水路と船溜が造られている。山から川へ海へ、水路(澪標・ミオツクシ)を求めて城が動いていく。

早く築城していた三原城を見本にしたような秀吉の伏見の城だ。

d0089494_02593849.jpg

三原城は海の中に浮かぶ城といわれている。海に向かっての城下に市街地はつくられていない。明治27年(1894)城郭は駅になった。そのころの駅の写真の海に市街地はない。

d0089494_03310366.jpg
d0089494_03313694.jpg
そこは要塞だった。秀吉が伏見城に入城したのは三原城完成の12年も後の1594年だった。小早川隆景への秀吉の評価は高い。

d0089494_03070625.jpg

広島城は、西搭川・川幅17.5m/河岸9m,平田屋川・川幅26.7m/河岸寸法11mの海からの運河があった。西搭川埋立地が紙屋町南向の電車通り、平田屋川の埋立地が並木通りになった。本川左岸に住吉神社が置かれた船溜と水主町という、港の施設となる町もあった(日本建築学会中国史部研究報告 第32H21/3)。

二つの運河(平田屋川、西搭川)を渡る橋は少なく、町の賑わいは配慮されていないように見える。城塞として築かれている。

d0089494_03000281.jpg

海が洗う荒野に設計された二つの城塞はその設計に制限を加えるストレスは、膨大な石、砂、木材、人力ほかなく、その意味、力があれば、自由だった。自由だからこそ都市設計に、「いつの時代にもわれわれが求めているのは意匠の“普遍性”ではなく、そこに神話的なものが付与された“固有性”ではないだろうか。鈴木博之・建築家」という思いはなかったのか。

神秘的な固有性、その都市伝説・レジェンド、トラディション。できるだけ密やかに息を潜めてうずくまっている幾つかの伝説が、ときにクロニクル・年代記としてふきだしてくる風。それに向かってアゲンストに向かって行く神話への旅。それが自分のクロニクルのページ。なんて、いい!


地球は南北と呼ばれる軸を芯として回転する。その回転方向を東西と呼ぶ。この宇宙の運動を小さなピースにして土地に引き込む。そのピースで化粧された土地は宇宙・神の差配する場所となり、人を集め、レジェンドが芽を出す。はず、が、なぜに毛利一族は、都市設計の中軸を南北からはずしたのか?。南北中軸の都市伝説が彼らの支配を強化してくれるのではなかろうか。

スポーツのトップスターに自社のマークを付けるだけで、“レジェンド”にしようとする今の意図は彼らの思いの前では砕けちるしかないだろう。


「近世の城郭立地に関する風水思想からの考察 岡山大学・曽我とも子」を見つけた。

「“北東の阿武山を玄武(北方面の守り神)として、そこから南西方向に朱雀大路がとられている。・・・四神相応の地といえる”。そして西の茶臼山が白虎、東の府中町の茶臼山が青龍、南の海が朱雀。見立てした三滝山・比治山・黄金山・二葉山・己斐松山の交差地点に天守閣を置いた」とある。朱雀大路は紙屋町家電量販エディオンの西から南へ抜ける築城当時大手門からでてくる大手通り(白神通り、とも)になる。

d0089494_03003232.jpg

三滝山、比治山、黄金山、二葉山、己斐松山に牛田見立山、宮島・弥山とは、地図上で広島城天守閣で交差する。これだけで、都市伝説資格あるかも。が、朱雀大路が東に傾いて宇宙の運動に竿さしている。“阿武”が“玄武”とは、どうなのだろうか。ゆるくはないか。

三原城の南に筆影山がある。GoogleMapに山頂の筆影山公園から南斜面に降りてゆく建造物が薄っすらと見える。国土地理院の三原1/25000図にここに鳥居のマークがある。そして三原城と同じ子午線東経133.083の位置にある。三原城は宇宙の運動のピースが埋め込まれているのか。

d0089494_03012027.jpg

こうなれば、大好きなラインごっこ遊びだ!筆影山から南へラインを下す。瀬戸田港を見下ろす向上寺の国宝三重塔のそばを抜け、しまなみ海道多々羅大橋東詰めの観音山山頂を通る。向上寺の秘仏は聖観音菩薩という。

振り返れば三原城の真北にある金毘羅神社を抜け三原城北面の最高峰・龍王山665mにたどり着く。

筆影山の名は江戸期の歴史学者・頼山陽が名付けたといわれる。書家でもあることから、「筆影」と呼ばせたことでもあろうが、筆で残した文章を隠した、とは読めないだろうか。  などと・・・・。

三原市観光協会HP「筆影山の南西に位置する竜王山445mは北にある龍王山665mと区別し、1185年に屋島の合戦で敗れた平家の泰四郎圀重がここを開いたという伝承があり葉田竜王山と呼ばれる」とあった。三原城北の龍王山が特別扱いされている。

龍王山から北へ子午線をのばすと、どうしたことか、御調八幡宮に当たる。

d0089494_03015475.jpg

769年称徳女帝の下で臣下の身で帝位を望んだ道鏡の野心を、宇佐八幡宮の信託によって退けた和気清麻呂がそのことで罪となり大隅(鹿児島)に流されたとき、清麻呂の姉・和気広虫姫は備後に流され、この地に身をとどめ、斎戒沐浴し円鏡をご神体として宇佐八幡大神を勧請し(三原市観光課)」神社は古代の表通り西国街道に面する。備後と安芸の国境に座る「龍」の山。国境の分水嶺。

天皇家の伝承にかかわった神社の神の所在の龍王山が、天皇家の血統、「一品」を誇る毛利家の海の要塞の守護となった。

d0089494_03023026.jpg

1592年ごろ、朝鮮出兵の為に九州・名護屋へ向かう途中、豊臣秀吉が三原城を訪れ、御調八幡宮に桜の木を手植えしている。三原城と御調八幡宮との深い関係がここにあるような話。頼山陽が筆を隠した何かが、ここに。南北の軸心は宇宙運動を安芸・備後の国境と生口島観音山の伊予・安芸の国境に引き込んでいる。


筆影山の公園に走った。三菱前の和田の信号から3.6km標高差300m。いい勾配角度ですね。足つきを何回も重ねてしまう。山頂公園から石段を下った。

d0089494_03032449.jpg

そこにある海に落ちそうな場所の広場と休憩所は、まだ新しい。神社らしき雰囲気を探した。

d0089494_03034505.jpg

打ち捨てられて、朽ち果てた小さな祠を広場の裏に見つけた。神額もなかった、が神の在り方は“あった!”。

やはり、ここがただならぬ場所に思えた。

d0089494_03041664.jpg

御調八幡宮が守護する龍王山から生口島観音山へ、いやもっと南の四国までつながるこの子午線を測った天文台の跡ではないのか。狼煙山なら同じ子午線を選ぶことはない。磁石では偏角が場所、場所で違い、磁鉄鉱などと反応する。子午線E133.083の精度は半端ではない。地球に緯度経度の番地をつける時代はもっと先の18世紀になるのだから。(ここに記した緯度はGoogleMapによるGPSからの成果)

d0089494_03044821.jpg

観測の結果でないとすると、奇跡でしかない。


三原城はこの経線と東の最高峰・鉢ケ峰山と西の小さな尾根に鎮座する三原八幡神社とのラインの交点に所在する。

d0089494_03052005.jpg


[PR]
by forumhiroshima | 2017-07-08 03:08


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧