こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
メモ帳

山女・山神

もう、しっかり冬になったと、思い知らされる粉雪が時々おりてきます。

谷間は日陰と日向がこれほど違いがあるって、教えてくれます。見上げる尾根が、ベールがかかったように白くにじんでくると、もう白いものが風にまざってくるのは、雨の足音とはちがって、別の場所にワープするようです。そのあと、いきなり日差しの中に入って、青い空に真っ白な雲が走ってるのに、釘づけになります。「冬」にまた、出会います。

備後の国の中央、吉舎の周囲の尾根へ。北の山中の盆地・安田から南下しました。上下川の流域から、九十九な急坂を越すと、あたらしい流れに出会い、馬洗川の流域へはいりました。上下川も馬洗川も三次で江川に合流します。沢山の川を合わせた川だから、ゴウノカワですかね。千代田や大朝の安芸の国から流れる可愛川も合流しますが、この「可愛川」をゴウノカワと呼ぶことも、なにか訳がありそう。
d0089494_18172645.jpg


馬洗川への流れに入る谷口に「山ノ神」の地名をみつけて、昔、春に山から里におりてこられた神様が収穫の後にまた山へ帰られると信じられていたようで、ならば、この山の神には、きっとなにかありそう、と。
d0089494_18174675.jpg


谷へ入る入り口に、山女の養魚場があり、そのそばに山女供養と刻まれた石がありました。山の神はなんとなく女性では?とおもってますので、山女は神の使いでもあるはず。それを供養するのは、神を仏にしてしまって、永久の存在でなくすようで、さびしいと。
d0089494_18181573.jpg


「山の神」へは、落ち葉が広がったほそい道が登っています。すこしで一軒の農家にでて、
d0089494_18282878.jpg
そこでみちはダートになって消えてしまってます。ちょうどその家の主人がでてこられて、ここが「山の神」かと尋ねたら、それはここから尾根を上がったところのことで、廃屋しかないよ。といっておられます。主人はその尾根を越えて、世羅の学校へ通ったそうで、もとは世羅だったが、今は三次になってしまったと、すこし残念そうです。

このあたりは江の川の流域と瀬戸内海へ流れる沼田川の分水嶺で、坂を下っていても、北へ降りるのか、南かわからなくなる場所です。いくども地図で確認しても。判らなくなるのです。ご主人の祖先は、きっと南からここへ、こられたのだろうと思ってしまいました。山ノ神が春に降りられる地は、沼田川の流域なんだろうと、田もみつからない谷を下りました。

※当店のユニホーム
今日は自分の数十回目の誕生日で、メカニックの二人他から、当店のユニホームの前掛けをいただきました。親父の会社の名がはいって、すごく懐かしいものでした。先日新聞に半世紀も前のオヤジの店と写真が掲載されたので、彼らはそれで知ったのでしょう。この前掛けをして、なんとか元気で仕事してゆきたいものです。
d0089494_18273510.jpg

[PR]
by forumhiroshima | 2009-12-18 18:27
<< 海 神々は流転するか? >>


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧