こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
メモ帳

海の記憶

奈良盆地の南東のひなびた集落の太田にある神社へ、走ったのは、がんばってみようか?という気持ちからだけど、その神社の古い地名が、「海道」だったことにもよるのだ。
d0089494_16293622.jpg


ウイキペディアで纒向を調べると。「この遺跡には矢板で護岸した幅5m、深さ1mの直線的な巨大水路が2本あり、両溝の合流点は纒向小学校グランドにあり、推定距離は2600mにおよぶ。底から湧水がみられ、この溝は大和川とむすばれて遠く外海と結ばれている。」と記載されている。

この「遠く外海と結ばれている」と神社のある場所の地名「海道」とが、どうしても響きあっているのだ。ウイキペディアの編集者はここでナゼ、海を連想したのだろうか。

纒向から南へすぐに三輪神社の巨大な鳥居がそびえていて、そこからすこし町並みを南下するとえびす神社にでくわす。えべっさんはここに古代栄えたという海石榴市(つばいち)の守り神だ。これは、海のザクロと読める。それがツバイチと読まれる。訳わからん。
d0089494_16295434.jpg

d0089494_16301356.jpg


奈良盆地は古墳周囲も、そして条里制のなかにもたくさんのため池がある。川の流れも、盆地全体に側溝や用水もふくめて、張り巡らされている。走っていると、水辺の景色が連続する。まるで海の中のようだ。出雲の中海にできた堤防道路走ったときを思い出した。
d0089494_16302457.jpg

d0089494_16303551.jpg


「街道をゆく24/奈良散歩」で司馬さんが、海石榴市から南下して盆地の南の尾根にある多武峯の談山神社の社人を書いている。その人は六条篤、洋画家で歌人だと紹介されている。
その作品の詩集「六条篤詩選集」から
 
風景入りのスタンプの中の三等郵便局長R氏はいつも海ばかり見ている。
  どの異邦人/タビビト も
  どの異邦人/タビビト も
海へゆく方向/ミチ を尋ねる

六条篤は、山深い里の三等郵便局を守ってゆかねばならなかった。それだけに、外界への憧れがつよく、それが海に象徴されていたかと思われる。司馬遼太郎

この詩に「海原は 鷗立ち立つ うまし国ぞ あきつ島 大和の国は」と歌う万葉集の歌を自分はおもいだす。この盆地はずーっと昔、地質学者がいう、洪積期の終わりごろまで大阪湾の海湾であった。その記憶が、この土地にある、と言えまいか。六条篤はその景色を思い浮かべることのできた詩人だと、言えまいか。

図は現在の奈良盆地の水系と古代の道路です。
d0089494_1857644.jpg

[PR]
by forumhiroshima | 2011-09-25 16:33
<< 犬/棒 天文台か? >>


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧