こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
You ought to..
by parajumper at 15:36
Latin shema..
by williamyb4 at 13:25
louboutin pu..
by christian at 10:00
I blog frequ..
by ray ban ne at 13:12
Heya i'm for..
by canada goo at 09:04
http://silde..
by sildenafil buy at 23:40
Laterget htt..
by oripsojo at 20:23
http://www.g..
by nike roshe at 00:14
http://www.w..
by nike mercu at 11:58
Indelicate ..
by allanjy4 at 08:37
メモ帳

道、首が、すすむ、場所?

奈良盆地の中央に古代の三本の道が南北に平行して残っている。「上ツ道、中ツ道、下ツ道の三本の南北縦貫道であるが、下ツ道は奈良盆地中央を走る幹線道で、のち平城京の朱雀大路になり、・・・中ツ道は下ツ道の東約3.1kmを平行して走っており、・・・南は香具山の頂上を通って飛鳥に出て、・・・つぎに上ツ道は下、中、二道路と同じ間隔を保って併行して走っていて」「この三道は等間隔をなすが、3千分の一の地図上で計測すると2118mとなる。この数値は当時の測定寸法であった高麗尺・約35.3cmで換算するとほぼ6000尺という完数を得る。これを大宝律令で規制された高麗尺6尺=1歩とすると1000歩と称すべきである。おそらくこの三道は1千歩という完数で設定されたのであろう。」「この三道が相互に等間隔を保ちながら香久山を越え飛鳥に達しているという事実、つまり三道は飛鳥中心に設定されているらしいということである。日本の古代宮都/岸 俊男」
飛鳥に宮廷がおかれたのが592年というからこの道は6世紀にはその姿があったということになる。発掘された下ツ道は幅が24mもある大道だった。
d0089494_21145368.jpg


この三本の古代道路を座標として藤原京、平城京、平安京が徐々に北上して設置されてゆく。真北とわ、こしずれているがほとんど南北の軸を移動している。そのずれは1000mすすんで7mほど西へゆれるほどの精度だ。
d0089494_21151857.jpg

が、この三道を走ってみて、上ツ、中ツの道はその痕跡もない場所が現在はあるということと、いまのルートは真直ぐでなくて、うねっているってこと、だった。古代が消えかかっている。
d0089494_21154052.jpg

d0089494_2116789.jpg

d0089494_21161717.jpg

上ツ道より東の盆地の東端の山麓の山辺の道もすっごくひさしぶりに。でもここは自転車でくるところではないくて、ずっと押して歩いた。山辺の北の出発点、石上神社は
d0089494_21163644.jpg

「石上のイソは、やはり海岸の磯の意味のように思うがなあ」と私は・・。なぜなら大和盆地は古代にあっては一大湖沼であったからである。古代集落は盆地のまわりの麓ら高地に発達したから、いまでも磯野、浮孔、南浦、磯城島といったふうに磯くさい古い地名がおおく残っており、となれば石上の地形からみてこれは磯ノ上にちがいないと思うほうが、穏当のような気がする。司馬遼太郎/街道をゆく・竹内街道。

古代この盆地から生駒と葛城の山並みの中央にできた亀裂から湖水が大阪湾に流れ出しても、弥生時代にはまだ多くの沼や湿地が残っていた。山辺の道は古代ここが湖水だっかころの湖畔の道で、上ツ、中ツ、下ツと残された道はその湖水の岸辺の後退していった記憶ではないか・なんて考えていた。飛鳥の人々は生きた時よりもっとふるくこの盆地にあつまった水は北のナラ山をこえて木津川から淀川へとながれていたという。その古代の水路をきっと彼等飛鳥人は見極めていたとは、考えられないだろうか。標高75m、同じく60mそして50mとそれぞれの道はいかにも水平でおなじ高度の上にそれぞれあるようにおもえた。その場所に溝をほって、乾燥させ稲作をすすめたのでは?記紀に大きな溝をつくったと記載もされてもいる。が、それにしても24mの道幅は・・ねえ?などと、走りながら考える。

自転車は自分をいちばん自然にしてくれる乗り物だとおもう。風に乗れるし風に向かえる。が、その乗り物も「道」がなければ、ましてレース用の自転車となればなおさら整備された道がいる。自然のフールドを縦横に、とはいかない。
その「道」はなぜ?首は進む(シンニュウ)場所なの?「道」という漢字の発生は?などと平坦な道は、つぎつぎと思いをふくらませる。登りがなくて楽に走れるから!

「道の安全には、さまざまな力あるものの犠牲を随所に配したのです。道祖神もそのひとつです。それでも道は正体不明の“さばえなす邪霊”が跳梁跋扈・チョウリョウバッコするとこであって、由々しいことは頻繁におこりうる。そこで、氏族の長や従者たちはあえて異族の首を掲げて行進しなのです。怖ろしくも「道」に首がついているのはそのせいなのです。白川静/松岡正剛」古代の漢字研究家に白川静の入門書からの抜粋です。
これは古墳時代の大和盆地にいた豪族の位置の地図です。この豪族たちはみな大和朝廷の配下になって、記録に残っています。ここにのこらなかった豪族の人々だっていたでしょうね。そして、「首」だけになって、この道をすすんでのですかね。怖ろしい!
d0089494_2117448.jpg

d0089494_6372262.jpg

この大和の盆地に現れた武力集団は、その力を北上する真直ぐな道に、反抗した豪族たちの首を掲げて行進したのでしょうか。それも三度も。どこかパリの凱旋門の上のナポレポンを思い出させます。

こんな空想?妄想を三つの道が自転車の前輪から伝達されました。
[PR]
by forumhiroshima | 2011-11-06 21:18
<< 万葉集の天文学 停滞 >>


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧