こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
You ought to..
by parajumper at 15:36
Latin shema..
by williamyb4 at 13:25
louboutin pu..
by christian at 10:00
I blog frequ..
by ray ban ne at 13:12
Heya i'm for..
by canada goo at 09:04
http://silde..
by sildenafil buy at 23:40
Laterget htt..
by oripsojo at 20:23
http://www.g..
by nike roshe at 00:14
http://www.w..
by nike mercu at 11:58
Indelicate ..
by allanjy4 at 08:37
メモ帳

司馬遼太郎・推薦東大寺ルート

賑わいのある観光地へ自転車ではいると、どうもいけない。周辺への違和感を振りまいてるし、人ごみにであえば、自転車押すしかない。“奈良まち”の路地も人だかりもそこかしこにあって、こみあった路地の入口で引き返した。

東大寺もすごい観光拠点で、自転車は連れて行けない、とおもっていたが、けっこう自動車が入っている。自転車は東大寺の西端の転害門そばにおいてきた。それは、司馬遼太郎の「街道をゆく24/奈良散歩」に、
「私はこの(東大寺境内)境域のどの一角もすきである。
 とくに一ヶ所をあげよといわれれば、二月堂のあたりほどいい界隈はない。立ち止まってながめるというより、そこを通り過ぎてゆくときの気分がいい。・・・・・・・・
二月堂へは、西のほうからやってきて、大湯屋(オオユヤ)や食堂(ジキドウ)のずっしりした建物のそばを通り、若狭井のそばを経、二月堂を左に見つつ、三月堂と四月堂のあいだをぬけて観音院の前につきあたり、やがて谷を降りてゆくという道がすばらしい。」
d0089494_8565029.jpg

大仏殿一画をのぞいて境内は自動車が通行しているし、駐車もある。「ここは町方がとけている」と司馬さんが書くように、普通に道路だけど、やはり境内って感じがする。うっかり、走ればそれなりにプレッシャーがありそうだ。それって、楽しくない。司馬推薦ルートは歩き出なきゃ、いかんでしょうね。
司馬さん推薦の二月堂への道は、大仏殿からはじまる境内巡行の方向から逆方向のようで、下ってこられる人が多い。
d0089494_8572619.jpg

d0089494_8574612.jpg

d0089494_8583218.jpg

二月堂への「屋根をもつひとすじの石段」を上がると、二月堂とそのそばの二月堂茶所にでる。ふるいガラス戸をひいて、すぐそばの、今年のお水取りの参加修行僧リストのA4のハリガミがフワッとゆれた。お水取りをみたい、と思った。
d0089494_8584784.jpg

d0089494_859079.jpg

街道をゆくに、二月堂にきた司馬さん一行が、下ノ茶屋へ移動するときに、この下ノ茶屋の「茶屋でありながらも、古文化財のように本瓦でふかれた重い屋根をもっている。いつごろの建築かわわからない。・・・一度この茶屋に入ってみたかったのである。軒下にたって・・・望遠レンズありますか、ときいた。“ある、”という。私は、下ノ茶屋を指差し、“あの屋根の上の中どころに、瓦焼きに焼いた小さな鐘馗さんが立っています。望遠なら見えるでしょう”肉眼だと、古瓦のあいだに指一本が立っているほどにしかみえない。」

二月堂の欄干から、この下ノ茶屋を探して、古瓦の建物の屋根を見わたしてみる。下ノ茶屋じたいが東大寺の境内地図に書いてない。眼をこらしてみても、どうにも発見できなかった。

帰宅してHPで、東大寺の鐘馗さんを検索。どうもみなさんご苦労されている様子。未発見のようだ。こんな写真もあった。
d0089494_8592548.jpg

この下ノ茶屋は、改築されたらしい。1261年つづくお水取りのある世界遺産の中でも、いろいろ変わっているようだ。
[PR]
by forumhiroshima | 2012-01-17 09:00
<< どこかで、 「どこか遠くの知らない町へゆきたい」 >>


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧