こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
メモ帳

古代 東海道

畿内の地域が645年に定められ、その外を七道とよび、伊賀、伊勢から東への国々が東海道になった。その国々をむすぶ街道も東海道とよぶ。
645年大化元年に都は飛鳥にあったことで、この東海道の街道の出発点は、その飛鳥にあることになる。このあたりが、東海道とよばれてJR新幹線をイメージしてしまって、とてもピンとはこない。この街道は奈良盆地から南へと下って、伊賀に入っていた。
都が奈良・平城京に移っても、やはり東海道は南の伊賀へむかっていて、山城の国に平安京ができて、東海道は東へ、近江から鈴鹿峠へぬける道筋にかわった。このあたりで現代の道筋に近づいてくる。

古代の奈良盆地の古道でこの伊賀へぬける道は東山中の都祁を経由する「都祁山道」と桜井から初瀬を経由する「初瀬街道」があったといわれる。
古代「都祁山道」の東海道は、今の道の、どれか?なんだろうか。幾度か走ってみて、すっかりはまってしまった都祁の景色の中に「古代」をさがしてみたくなって、また訪れた。

「都祁 (つげ)という文字の並びが、目を惹く。日本書紀では「闘鶏」と書いてつげと読ませているが、その語源が古代朝鮮語のトキノ(都祈野)から来ており、その意味が日の出を意味するということからも、一種独特神秘的な印象がある。」

「都祁白石にひろがる水田の中に点々と樹叢がみえる。集落の東にそびえる野々神岳の麓に鎮座する雄神神社から、3ケ所の樹叢が続き、その先には鎮守の森に囲まれた白石国津神社が鎮座している。この樹叢は「やすんば」と呼ばれ、地元では野々神岳から国津神社に来訪する神の足跡といわれている。森 隆男」
「地元で“ののさん”と親しみこめて呼ぶ野々神岳は男神と女神の二つの峯よりなる。麓の雄神神社には本殿がなく、“ののさん”を神体としている。森 隆男」
「古代にあって稲の播種の時期を探るのに、神社のある場所から「やすんば」の叢林の並ぶ一線上に野々上岳の二つ峰の中間を見て、そこに太陽が上がる時を待ったという。・・まさに神迎えという言葉に相応しい素朴な野の風景が広がっている。」
d0089494_1252178.jpg

d0089494_1254239.jpg

d0089494_1255517.jpg

d0089494_12862.jpg

その樹叢の点在する景色に、実は気がつかなかった。帰宅して見つけた「大和路散歩ベスト10/小川光三」にこのことが記載してあった。そして当日の写真にラッキーにも一枚その景色がのこっていた。HPにもたくさんの方の掲載が、あった。ただの茂み程におもって見逃していたから、調べていくうち、北京オリンピックの開会式の会場へ向かう巨大な足跡の映像を連想。

国津神社がこの都祁のなかに3つも鎮座している。この奈良の東の山中から伊賀にかけて、国津神社はたくさんみられる。が、春日神社に多い尽くされたようなこの山中に、特別に思えて、この三箇所を訪れることに、気分が一杯だったのだ。雄神神社から白石国津神社を訪ねた際には、拝殿奥の巨大な杉をみつけて、これが御神体だ、スゴイ!と思って、それだけにしてしまった。当然御神体なんだろうが、雄神神社の神のお旅所でもあるとは!。うかつであった、よ。
d0089494_1262476.jpg

d0089494_1271100.jpg

次に、二つ目の国津神社へ。そばに、小治田 安萬侶の火葬墓、先日訪れた都祁水分神社がある丘の東側の斜面にある。ここも巨木が林立してある鎮守の森の中に鎮座されて、参道は南へ開放されている。境内からみる鳥居の正面に、この土地の名を持つ都介野山が三角錐に現れている。その目線を田園に下ろすと、小さな森がもりあがっていて、地図でそこに三番目の国津神社が鎮座してある。都介野山の山頂と二つの国津神社は、一直線上にある。
この一直線に気付いたとき、最初に訪れた白石国津神社へまた走った。都介野山がそこでは、どう見えるか?。鳥居の枠には入ってはいなかったが、参道は野々神岳とはまったく違う方向にある。言い訳ですが、「やすんば」には・・気づかないよな。

d0089494_129197.jpg

d0089494_128194.jpg

「もともと都祁氏は神祀りを主業とした多 (太)氏であり、そのためこの地に特異な祭祀遺跡が多いと云われる」「ここに人口が急増したのは2~3世紀頃で、都祁全域から弥生後期の遺物が、中国の前漢鏡、銅剣、銅戈といった舶載品をはじめ、東海や関東の土器類もあって、・・・都祁氏は神祀りをおこなった「多(太)オオ氏」の一族で、古墳時代初頭にこの山中から大和平野中心部へ下り、 小川光三」

多神社は盆地中央の「多」に鎮座していて、その場所が東の三輪山と西の二上山との真ん中にあること、そしてその結んだ直線が東西の方向であって、春分、秋分の太陽の通過ラインにあたるという。たしかに地図では、すこしずれるけど、そうかいな!なんて思ってしまう。古代の祭祀は、マジカルだが、その呪術にはまってしまうほうが、楽しいもんだ。都祁では呪術が大地に刻み込まれているのだ。
d0089494_1295692.jpg

古代の東海道は現代の名阪国道とほとんど同じラインで奈良から都祁まで登ってきている。
[PR]
by forumhiroshima | 2012-02-24 12:15
<< 「笠」って地名 積み重ねられる神々 >>


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧