人気ブログランキング |

こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
メモ帳

宮崎駿監督の出雲風土記か?

奈良・葛城山麓の鴨の神が北上して京都に鎮座したのは、そこが行き止まりであったからだ、という。でもその北の山中にも加茂神社があり鴨神は鎮座していたし、それどころか北上して日本海へ出、与謝の海をのぞむ天橋立にある籠神社にも鴨神が鎮座する。鴨族はいったいどんなルートで、どこからやってきて、どのルートで旅したのだろうか。近畿の地形図に古代の街道ルートを記入してみて、そしてこの道これまで走ってきたのだが、鴨族の気持ち、わかんねぇ。でもよく走った、ね。
宮崎駿監督の出雲風土記か?_d0089494_14455531.jpg

鴨族は奈良からの北上運動のうちに、鴨神の主神の名を変える。

奈良・葛城の鴨神は鴨と書かれ、アジスキタカヒコネとコトシロヌシの兄弟であったが、京都・山城ではカモワケイカズチと雷神になり賀茂と書かれる。
それどころか、父親がアジスキ・コトシロはオオクニヌシで出雲神の大親分だが、京都では神武天皇の道案内をしたヤタガラスを祖父とし、その孫として鴨神は誕生する。

オオクニヌシは支配した豊葦原の国を長男のコトシロヌシに相談しその結果、アマテラスに譲る。アマテラスから6代目が神武天皇・ヤマト・イワレヒコになる。コトシロヌシは国譲りの後に島根半島の東端の美保関の海に身をなげる。後に、出雲神たちは出雲の国に逼塞して永らえることになる。オオクニヌシはいま本殿の入口のある南をさけて、西向きに鎮座しているという。だから西の海に沈んだのだともいわれる。
賀茂神は、自分達の御祖オオクニヌシに離反したのか?見捨てたのか!

ヤマト・イワレヒコの遠征からのち、彼らが支配する地域を畿内とよぶ。その中心が飛鳥から藤原京へと移り(694年)そののちの710年に平城京遷都。その二年後712年に「古事記」が完成し、出雲国譲りが記載される。713年に各国の風土記作成が命ぜられ、鴨族の京都・山城への移住の記事は山城国風土記に残される。
出雲国風土記の完成は遅れた733年になるが、そこには国譲りの直接の記載は見られない。それどころかコトシロヌシは一度も風土記にあらわれない。

出雲国風土記を編集した出雲国造・果安、広嶋親子は、古事記を読んでないとはいえない。それは国造果安は716年、息子の広嶋は724年に上京し、天皇を祝福する「神賀詞」を奏上している。そこには「皇御孫の命の静まりまさむ大ヤマト国」その国の四方を、三輪の大神、葛城の高鴨のアジスキタカヒコネ、雲テナ(橿原市)のコトシロヌシ、飛鳥のカヤナルミに守らせると彼ら自ら奏上している。彼らはコトシロヌシを知っていたが、出雲国風土記には受け入れなかった。
宮崎駿監督の出雲風土記か?_d0089494_14463325.jpg

都は平安京に遷都されると、朝廷は神々を分別しだし、「天神とは伊勢・山城の鴨・住吉・出雲の熊野の神なり。地祇とは大神・大倭・葛城の鴨・出雲のオオクニヌシ」になっている(令義解833年)。神々に位をつけた平安貴族達らしい振る舞いだ。このころ決定的に鴨族の神は分裂してしまう。朝廷サイドと反サイドへ。

出雲国造がみだらな振る舞いにより、熊野神社のある意宇郡の領地を朝廷に取り上げられ解任される798年から12年後、京都・賀茂神社に朝廷は賀茂斎王を設ける。この後いつごろか、島根半島美保関にコトシロヌシが降臨することになる。青柴垣神事を始めた人々はいったい誰で、いつごろからのことだろうか。その時の出雲国造はどう思っていたのだろう。
「明治以後“記紀”の国譲り神話におけるコトシロヌシの役割に基づいて、これを美保神社はミホススミ命からコトシロヌシに主神を換えた(土屋 寛)」という意見もあるが、4月3日の美保神社の青柴垣神事を見たら、そんなこといえんだろ。と強く強く思う。今から100年余り前にこの神事ができたとはおもえない。見ていて足が震えるほどだった。神代の神事とはこれのことか!と。
宮崎駿監督の出雲風土記か?_d0089494_14465075.jpg

コトシロヌシについて、ふと思いついたことがある。宮崎駿監督の“もののけ姫”にでてくる鎮西の大猪の「乙事主」だ。この名は監督の山荘ちかくの地名だということのようだが、サンのオオカミ・大神といい、アシタカのヤックルという鹿といい、鴨の神々、いや出雲の神々の苦闘と見えなくもない。コトシロヌシは事代主と書かれる。監督の中では美保の海に沈んだコトシロヌシにちがいない。ただただ、全国の鴨の神々の社は鎮西、九州にはないようで、乙事主は鎮西からやってきている。が、ですよ、コトシロヌシのお母さんは九州・宗像の女神であるのですよ。
宮崎駿監督の出雲風土記か?_d0089494_1447266.jpg

宍道湖の南岸に穴道・シンジという小さな古い宿場があって、そこから南へ入る古道そばに「石宮」という神社がある。この神社は田園のなかにぽつんとそびえる小山の麓に鎮座していて、石段の取り付きにある鳥居の両側に大きな岩がある。神社の拝殿の奥に玉垣でかこまれた石があって、これがご神体だ。鳥居の岩が巨大猪で、オオクヌシが狩りに連れて行ったのがご神体の犬だといい。猪・シシを追った道がそこにあるから、シシ道で宍道・シンジだと風土記はいっている。狛犬のように境内を守護するシシたちでもある。ここにもなにか、神事があったのではないか。

出雲族は弥生時代を形成した人々総体の名称におもっている。鴨族も物部族も海部族も安曇族もそういった人々の一部をさすのだろう。彼らは稲作の技術そしてそれを実現する道具や高床の建築物も習得していた人々だろう。その彼らの道具のなかで最も重要なもの、が鉄であった。鉄は森を切り倒すことからエネルギーを生みだし、森をかき分けてその原材料を得なければならない。

北国の縄文の人と思われるアシタカも、狩猟の不安よりも農耕の安定を望むことは「森を失わせるタタリ」として感じたのかもしれない。そのタタリはとても強い力をもっていた。その力をもたらすものは「人間」であること、それに抵抗するオオカミとシシ。それを助けるアシタカ。
が、乙事主・コトシロヌシはこのタタリを抱きしめて玉砕し、また海に沈んだのかもしれない。そして海にただようようなシシ神。その首をとりもどしたシシ神がみせたラストシーンの緑の風は、美しかった。まさに神事だ。そして神話。宮崎駿は現代にあたらしい青柴垣神事を再現しようとしたのかもしれない。
だから二代目コトシロヌシは「乙事主」という名なんだ、ろうか。
by forumhiroshima | 2013-02-07 14:47
<< 渡来ということ 豊葦原 >>


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧