こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
メモ帳

プロバンスの路地から-8 本物の石風呂へ、アツッ!

「山陽線三原駅で新幹線から呉線に乗りかえると、20分で忠海に着く。車窓からは芸予の島々が見え、その風景は美しくあきない。忠海の石風呂は、その芸予の島々をのぞむ竹原市忠海町床浦の宮床海水浴場のかたわらにあった。石風呂は海辺に建つ石風呂温泉旅館『岩乃屋』が経営し、正月を除き一年中営業している。……
石風呂は入口が二つあり、扉の前に『あつい方』、『ぬるい方』と書いた表札がかかっている。『ぬるい方』に入ってみたが、昨日の余熱で室内は思いのほか熱い。入口の料金表に『朝風呂』とあったのを思い出した。
二つの石風呂はもとは一室だったが、今は壁で仕切られていた。床には筵、その上に海草がひろげられていた。アマモが使われているのを目にしたのは、はじめてである。次いで『あつい方』に入ったが、あらかじめ扉はあけたままにしておいた。内部は隣と同じ大きさであった。……
10時すぎ、『岩乃屋』の主人稲村喬司さんが枝木を運びはじめる。枝木はかつては松と決まっていたが、現在松は全体の二割ほどで雑木が多い。枝木は近在の農家に冬の山掃除のとき束にしてもらい、喬司さんが車で集めてまわる。山の手入れをしなくなった近年は、入手が難しくなり、20キロも離れた山間の村まで集めに行くという。
さらに難しいのがアマモである。アマモは遠浅の海に繁茂し、魚の産卵や生息場所として欠かせない。戦後、瀬戸内海汚染によりアマモが少なくなると、漁民から容易に刈り取ることを許してもらえなくなった。今は最もアマモが大きく育つ夏に許可を得て、20キロも離れた所に刈りに行く。刈り取ったアマモは干して乾燥させて保存し、すこしずつつぎたして一年間使用するのだという。
 枝木は『あつい方』の石風呂で焚き、その熱を『ぬるい方』へまわして同時に両方を暖める。また、『あつい方』の中にドラムカンが壁際に並べてある。なかに真水と潮水が入っていて、余熱でわかし石風呂の前にある洗い場のカランと潮湯にパイプで引いている。こうした施設は昭和23年に父親が石風呂をはじめたときからのものである。そこには合理化経営により、通年営業をはかろうとした経営者としての強い意志が見てとれた。それでも喬司さんが話すように、金もうけを考えれば、続けられる仕事ではない。父親からうけついで20年間焚き続けた喬司さんの言葉だけに重みがある。
枝木に点火したのは、11時すこし前、枝木からの炎と黒煙が入口からたちのぼる。やがて白い煙に変わり煙がたたなくなる11時半頃から、燃え残りのおきを外から掻き出し、細かなおきは室内に入って箒で掃き集める。次に濡れ筵とアマモを敷きつめる。入口付近で見ているだけでも顔が熱くなるのに、喬司さんは作業中海水パンツ一つである。全身からは大粒の汗が吹き出していた。準備を終えた喬司さんは、『地獄に仏とはこのことよの、背中がにえくりかえりよる』と言いつつ、眼前の海に快さそうにつかった。石風呂が本当に好きで、その医療効果を信じているからこそ、苦しい作業もつづけられる、と私には思えた。
アマモを敷き終わったのは12時を少し過ぎていた。取りはずしていた『あつい方』の入口に木の扉を取りつけ、密閉すると『午後1時から』の木札を垂らす。約1時間密閉することで『あつい方』に熱気をため、90度くらいまで温度をあげていくのである。『あとはお客さんにまかせっきりよね』と言うと、喬司さんは旅館に帰っていった。……
準備がととのうと、待ち兼ねていた老人たちが順序よく『ぬるい方』へ入っていく。扉のガラス窓から内をのぞくと、壁に背を向けて足を前に投げ出し、円く整然と座っている。後で聞くと、この日は土曜日で平日に比べ混むので、だれがいうでもなく奥から順に座ったのだという。これが客の少ない火曜日などは、アマモの上に寝そべる。入浴者の自主管理にまかせられるのも、石風呂をよく知る常連客が多いからといえる。……
2回目は横になった入浴者が3人いるそばに横になったが、みな私と頭の方向が逆である。隣の老婆に尋ねると、『あつい方』との仕切りの壁に足を向けるのがきまりだという。『あつい方』でも同じように仕切りの壁側に足を向ける。直接ではないにしろ、他人の頭に足の裏を向けるのをさけるためで、結果的に方向が決まり、後から入った人が仕切りに沿って奥に行くとき他人の頭の上をまたがなくてすむのである。
入ったときから入口においてある大きな団扇が気になっていた。老婆に尋ねると、近くにいた老人が団扇を手に取り天井を、続いて私に向けてあおいでくれた。途端に熱い熱気が体をつつんだ。冬場はことに気温が下がり、扉をあけて出入りするだけでも室温が下がる。入った人は、中の人に迷惑がかからないよう天井に向けて団扇をあおぎ室温を上げるという。……
石風呂への入浴の仕方や作法を通してわかるように、人を思いやる気持ちは細やかで、さらに飾り気のないおおらかさがある。経験を積んだ老人から、生活の中で教わる機会の少なくなった今、この体験はわすれがたいものとなった。宮本常一とあるいた昭和の日本 印南敏秀」

忠海の岩乃屋石風呂は出雲式狛犬の二連の床浦神社の境内の西の細い道をあるいて岬の突端のちいさな小屋の奥にあった。印南さんの文章ですべてがわかります。
d0089494_9181717.jpg

d0089494_9183046.jpg

d0089494_9183735.jpg

d0089494_9184949.jpg

d0089494_9185974.jpg

d0089494_9191067.jpg

d0089494_9192399.jpg

5回は入るもんだよ、と先客がいってくれた。彼の髪の毛はぐっしょりしていて、拭くこともなく、熱くないという室の小さな扉を開けてくれた。5回入りました。というより5回ガマンできなかった、でしょうね。
こんな場所、まだあったんですね。11月にはNHKで紹介されるそうです。大変なことになりそうです。

私は再生されました。新生NEW名前が鳥居に名が刻まれていました。マイッタ!な。
d0089494_9193734.jpg

[PR]
by forumhiroshima | 2013-09-20 09:23
<< プロバンスの路地から-9 ... プロバンスの路地から-7 ... >>


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧