こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
メモ帳

招来する神々

小瀬川の河口へ下っている。河畔にせまっている尾根の中腹に点在するいくつかの祠がみえる。その位置の高さが小瀬川の荒れる川だといっているように見えた。この川は周防と安芸の国境になる。国境の川には橋は江戸時代架けられなかった。大正に架かられた橋には「栄」と付けられる。栄は境、ダムには弥栄と強調された「サカエ」が使われている。国境は強い印象を残した。
d0089494_13542215.jpg

閉鎖された遊園地跡のような奇妙と印象した、地蔵が並び、小さな門わきに薬師とかかれた寺、それを囲む舞台のような長い石段が現れた。
吉田松陰が歌った「・・かえらぬ関を 打ち越えて」の関は国境の関所。「・・今をかぎりと・・」が私の耳元で繰り返される。続いて「死出の山路の裾野なる 賽の河原の物語」という寺山修司の「青森県のせむし男」の口上がおっかけて聞こえてきた。この戯曲は、天井桟敷旗揚公演で演じられた。1967年早稲田に行っていた友人から教えられた、その時代の先駆けと後にいわれたが、私はとてもとんでもない印象をもったことを覚えている。だが、”天井桟敷”のネーミングは、メジャーでなく、またアングラでもインディーズでもない、天井の舞台だという。その精神の鮮烈さに心をつらぬかれた。徹底したフジカルな演出だった。「体を使え、書を捨てよ、町へ出よう」のアジテイトに酔っていた。「麻薬中毒重婚浮浪不法所持サイコロ賭博われのブルース」掴まれて激しく揺さぶられるほど激しかった。東京へあこがれた。舞台では賽の河原は東京だった。

この薬師寺は厳島神社創設伝承にある佐伯鞍職の流刑地・紗々羅浜にあったことになるのだろうか。松陰がここにきて「・・かえらぬ関を 打ち越えて」と咏む心情を引き出したのは、この「境」を「栄」とすり替える場所、故国と他国の境、生と死の境。
また対岸へ渡れば、他国へ罪人は逃げられるアジール。土地も川の氾濫で常に再生される。人間の秩序は常に自然の秩序に跪く。支配者には安定はゆるされない。その自由さが人々を集め、市が開かれ、都市が砂州の上に形成されはじめる。神業が大地を海に形成する。聖なる場所、そして「麻薬中毒重婚浮浪・・」。

「都市の出来る場所は無所有の自然、聖なる世界と、人間の生活可能な場所、世俗の世界とのちょうど接点にあたる場所なのです。河原、中州は川と海の接点、浦、浜は海との接点です。山の根や境も同じ意味をもっています。そういう場所は、聖なる場所、神仏のちからの及ぶ場であると、人々は見ていたようで、おのずと人間の住む住居の集まっている集落とは、人々の捉え方がかなり違っていたのです。・・そこは”道々の者”とよばれた人々が行き来していたわけです。武士道という言葉がありますけど、これは”兵の道”からきた言葉です。もともと兵も一種の芸能者(剣・槍・弓使い)だったので、それなりの”道”があり、手工業者も大工も博徒にも、それぞれに”道”をもっていました。この”道々の者”には呪術的な宗教民(たとえば山伏や陰陽師ら)、芸能民を含んで、この人々が市に集まってきます。都市としての概形が現れてきたのです。 網野善彦」。道々の人は”道の人”、道を移動して生活している人、自転車でその道を走っているってことだ。

「急流の川は河川敷―河原をつくります。そういう場所が川の神の支配地たる聖なる場所と思われ、人間世界との接点と考えられています。そういう場所には住居のある集落とは異なるいろいろな機能が与えられており、ある場合にはそこが墓所となります。
墓所に市がたちます。寺社にも市がたちます。市は物を交換する場所ですが、贈り物のような日常的な交換・やりとりは、気持ちの交換の側面があって、人々の結びつきは密接になります。それが、神仏の支配する場所では、世俗世界から距離をおく、人と人との関係は結びつかない物と物の交換ができる。交易は心の値踏みではなく、物のただただ交換ができる。世俗世界から、物や人が切れるという状態―「無縁」、そういう状態に物や人がなった場合に初めて、物の商品としての交換が可能になる。奴隷とか浮浪農民とか言われる人が、寺社にはいることで自由になれる。その人々は神人や僧兵といわれる。
人の力の及ばぬ自然、神仏の世界と世俗の世界との境には墓が設定されるし、宿もできる。さらにそこには関所が設けられることが多いのです。 網野善彦」

木野川とも小瀬川ともよばれた川は河口に氾濫原を拡げた。左岸の浜の集落の大竹、右岸の和木とこの浜の利用の権利でながく争いがあったという。地形が動く河口の砂州と、国境であることとが、争いを複雑にしたのだろう。死者もでる騒動だったという。和木が大竹の“脇”と認識されていたなら、その差別意識は地名にも現れていたことになる。そうでは仲良くなれない。

昭和43年に行政判断によって川の名称は右岸河口の集落の名をもって決める、とされたが、そのころでも河口は小瀬あたりと認識されていたことになる。18世紀初頭でもいまの大竹は波をかぶっていた。
d0089494_13533573.jpg

佐伯鞍職が厳島の神を招請、鎮座させた推古天皇の時代、古墳時代末期といわれるころで、聖徳太子が斑鳩の里の法隆寺から馬で飛鳥の里へ通勤していた時代。ここはどんな景色だったのだろうか。

薬師寺の境内から隣の神社へ通路がある。通路は神社の境内を横切る。寺と神社の通路
ではなく道に思える。それは境内をぬけて、路地となって遠くの海へと伸びていっている。車道から鳥居下の石段で、くだって入ることが、車道が堤防であること。やはり通路は古い参拝道だと思う。鳥居下そばに、女神が鎮座してこちらを見ていた。美人です。
d0089494_1354222.jpg

路地から入る一段上の境内に二つの祠と幹に洞穴のある古い楠、しめ縄が巻かれる。二つの祠は大きさも違い、パラレルには並んでいない。その雑然さが、ここの、昔の賑わいと喧騒の熱気を伝えるようにおもったが、どうなん、かな。
d0089494_13545716.jpg

d0089494_13554241.jpg

祠に一つは疫神社・ヤクジンジャ。港には多い。防疫が期待される。祭神はスイサノオといわれる。隣の大治社、オオジとフリガナされた由来がかかげてある。祭神はタゴリヒメとあった。宗像三女神の長女、次女は厳島神社で、三女は大瀧神社に祀られる。大瀧神社はJRおおたけ駅近くの丘にある。
d0089494_1356748.jpg

大治社の横から石段で一つ上へ道が見えた。石垣でかこまれた平地に古木の桜が枝を拡げ、自然石の墓標らしき石が苔むしている。「史跡 所塚  この塚は推古天皇の御代、所翁の形代を納めたところといわれる。所翁は佐伯鞍職で、もと大宮人(都人)であった。厳島明神御鎮座のみぎりより神職を務めており、子孫は代々当地より厳島へ通って社務を勤めていたが慶長年間に所左衛門の長男久太郎神職をもって厳島に居住した。その後家本はやはり厳島づきで当社神主並びに氏神守護を務めていた。この塚は推古桜の木(推古天皇の御代に植えられた)のそばにあったことから別名桜塚とも言われている。 大竹市教育委員会」
d0089494_1356245.jpg

d0089494_1356465.jpg

神社境内から海へ向かう路地は尾根から流れてきた小川で行止まる。この道を通って二度の転座で大瀧神社へ移されたのだろう。大瀧は大竹、大竹の鎮守となっている。大瀧神社の神主家は所家だという。
d0089494_13581860.jpg

所翁が佐伯鞍職と明確にされているようだ。佐伯が所と呼ばれた訳の資料は見つけられなかった。5世紀後半の話とすれば、と、白川静・常用字解をひっぱりだす。漢字は亀甲占いの鍵、古代の形象文字(漢字)を読み取ること。

その字解いわく、「所」は戸と斤との組み合わせ。戸は肩開きの神棚の戸。両開きでは門。その戸を斤・手斧でつくることを所という。所は神の所在をいう。聖なる所だ。用例に、所見・みるところ、所存・心に思うところ、所得・得るもの、とあった。この用例から、所得を考えてみた。佐伯鞍職は得るもの、大金持ちって所ではどうか。

北九州から宗像の三人女神を招聘するってことをした佐伯鞍敷の子孫と平清盛とで、厳島を内海屈指の都会とした。
古代支配者は都市を造ることから権力を把握してきた。「平清盛は日本史上の権力者として最初にあらわれる商業感覚のもちぬしで、対中国貿易を考え、港のある場所こそ首都であらねばならぬとおもった。 司馬遼太郎。歴史を紀行する」
[PR]
by forumhiroshima | 2015-02-24 13:58
<< 宮島ステージ 所の翁 >>


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧