人気ブログランキング | 話題のタグを見る

こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
メモ帳

影向線


広島城位置決定には牛田・見立山から宮島弥山山頂に結んだライン、影向線を使っているという。影向・ヨウゴウ?って、なに。

東大寺のお水取り、修二会の法会・修行に僧侶が退出するまで二月堂の堂内で過ごしたことがある。
影向線_d0089494_14525743.jpg
僧侶たちの読経の声を聴き、堂内での激しく動く影を、燈明の、また時に堂内で燃やされる松明の光が映しだされるのを障子越しに聞き、見ていた。
影向線_d0089494_14525741.jpg

1250年も欠かさずつづけられた修行に、奈良時代から現在に至る間の東大寺や 二月堂に関係した人々、或いは修二会に参籠した僧侶等の名前が記された「東大寺上院修中過去帳」をその人たちの冥福を祈るために特に読み上げられる。「”鎌倉時代、承元年間(1207-1211)に修二会中、集慶(じゅうけい) という僧侶が過去帳を読み上げていたところ、その前に青い衣の女性が現れ、「何故わたしを読み落としたのか」と、恨めしげに問うたという。 集慶がとっさに低い声で「青衣(しょうえ)の女人」と読み上げると、その女人は幻のように消えていった。(東大寺HP)”」 青衣の女人は現在も読み上げられている。その声を聞きたくて、夜半まで狭い堂内でうずくまっていた。

僧侶たちの激しい動作の影と燃やされる松明の火とに包まれてるうちに、青衣の女人の読み上げを聞き逃したらしい。その夜の法会が終わると僧侶たちが松明に囲まれて退堂していってハタと気づいた。いつの間に終わってしまった。熱っぽくなった頭を持て余して過ごしているうちに、ブラブラと浮見堂の堤あたりにきていた。春日大社の背後のまだ暗い御蓋山・ミカサヤマが、朝日の中で明るくなってきた春日山連山を背景に影として浮き上がって現れる。
影向線_d0089494_14505914.jpg
御蓋山の三笠山とも春日山とも呼ばれる円錐形の山影が神がまさに今降臨するかに見せる景色は神々しい。青衣の女人の読経を聞き逃しの無念さはこの景色に吹き飛ばされた。浮き上がる御蓋山。これが神の「影向」だろうか。そう思えて、お水取りの御蔭です。などとつぶやいた。いや、仏様は影向でなく来迎だろう、などともつぶやいて、明るさが増して御蓋山の影が薄れてゆくのを見ていた。青衣の女人が影向にあらわれること、そして消え失せたことがあったのだろう、と御影山に重ねていた。このような景色にひどく惹かれる。

春日の神の御蓋山への降臨の「鹿島神立影図」絵図を思い出していた。神は白い鹿に乗り、常陸からここに鎮座しているが、すでに地主の榎本の神がおられた。御蓋山に鎮座をもくろんでいた鹿島の武鬢槌神に土地を乗っ取られ、今は本殿の南側の塀の外の祠小さくおられるのだという。
影向線_d0089494_14525661.jpg
白鹿にのられた神を常陸から案内したのは神官の中臣時風、秀行と氏名も記録されていて、追い出し占拠する神のとても人間臭い話が由来である。
影向線_d0089494_14525781.jpg

平城京遷都が710年。その約50年のち春日大社創建。都城の道はすでに碁盤の目状に区画されており、三条大路の東端から春日大社の位置は少し南に寄っていて、御蓋山山頂の真西N34.40.53の北緯にある。山頂の本宮神社の北緯と同じ。東西に置かれた三条大路の東端にある一の鳥居。ここから東に向かう直線で伸びる参道が南方向に100m曲がって二の鳥居から本殿にはいる。奈良・平城京の道の設計に外れて、わざに本殿の位置が御蓋山の真西に置かれたことが気になる。大社は三条大路と四条大路の間を四分割する小路にも該当していない。この都の設計に御影山は考慮されてなかった。
影向線_d0089494_14525776.jpg

このぐらいの誤差は仕方ない、とはいえないのだ。古代の都城、難波の宮、板葺の宮(明日香村)、藤原京、平城京、平安京の市街地道路の設計は南北の子午線を基準とされていて、誤差は約21分から23分西へ振っている(京都学園大学・臼井正)という。1000m北へ進んで右へ7mずれる程度の誤差だという。すさまじく精度がいい。神仏は意味なく配置されることはない。

南北線ばかりか東西線の北緯も、御蓋山山頂、春日大社から、平城京のはずれ西ノ京にある垂仁天皇陵、その西の生駒山山頂、そして大阪の前期難波宮址と東西間約30kmは北緯N34.40に立地していて、御蓋山にのぼった春分・秋分の太陽は、おのおのの正午に真上を通過する。東西に違わず並ぶ、御陵、山、春日大社とをこれほどの同じ北緯は、なぜ平城京道路設計とのずれたのだろうか。三条大路はなぜ春日大社の参道にならなかったのだろうか。

平城京誕生の半世紀の後、生駒山と御蓋山とのあたらしいラインが平城京の都城の由来にくりこまれ、神の影向と降臨を現実のものとする作為があったのではないだろうか。宇宙を感じさせる太陽の動きが東の聖山から西の聖山へと説明されれば人は引き込まれるにちがいなかっただろう。その中間点の御陵・垂仁天皇の名はイクメイリヒコ。生駒ににていませんか。このラインに古代の天皇をも引きこむ、そんな計算、だれができたのだろうか。

生駒山山頂のラインは賑やかだ。山頂のほぼ直下の麓の枚岡神社(N34.40.10)から、春日大社の祭神の天児屋命と姫神が春日大社に遷祀されている。山頂ほぼ北の麓、枚岡神社から1.5km北に神武天皇と戦った物部の神・饒速日尊・ニギハヤヒを祀る石切神社(N34.40.56)、その神武天皇上陸地で地元の長髄彦に敗北した戦場、孔舎衛坂・クサカエサカ(N34.41.38)が1.6km北だ。古代神話が重層している。瀬戸内海を東に航行する船の舳先の展望に難波宮と生駒山山頂との見通しが重なると、そこが平清盛の大輪田の泊(N34.40.15)がある。神が指し示す、まさに”神の戸”だろう。(神戸の地名は生田神社の支配地のをいう、となってるが、生田神社は元は新幹線新神戸あたりに鎮座していた。港神戸は海と陸との交流の戸では?が美しい)

古代難波宮の北隣になる織田信長と戦った浄土真宗・蓮如の石山本願寺がのち秀吉の大阪城で、この東西ラインに近世も乗りかかってる。秀吉は正・東西南北で真四角、方丈に大阪船場の町を建設している。
影向線_d0089494_14525779.jpg
丹下健三プランの千里が丘万博会場のメイン道路の子午線は秀吉大阪城の豊国神社に重なってある。丹下健三も凄い!。

ラテン語の、Genius loci、ゲニウス・ロキを建築家の鈴木博之は。「姿形なくどこかに漂っている精気のごときもの。ある土地から引き出される霊感とか、土地に結び付いた連想、あるいは土地が持つ可能性といった概念だという。”東京の地霊ゲニウス・ロキ”」影向・ヨウコウ、来迎・ライゴウの起きるってそんな感じがする。それをラテン語でいわれると、なんとなく判った気分になれる。経度緯度という宇宙観は影向という響きを強く感じさせる。それは時の流れに竿さして渦をおこす磐のように響させる。。

夜目、遠目、笠の内、とは女性が誰しも美しい!時がある。アンブレラじゃない笠!。田植えの早乙女、花笠の乙女、阿波踊りの鳥追い笠の乙女、笠を付けることにのより、彼女たちは神の巫女になる。海の厳島神社も海の御笠浜に鎮座地している。
















by forumhiroshima | 2021-04-20 14:57
<< 垂仁天皇・イクメイリヒコの痕跡-1 広島築城、都市伝説 >>


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧