こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
メモ帳

爾比都売命・ニヒツメ

西城の町の中央に入ると爾比都売神社がすぐにみつかる。
d0089494_13571136.jpg


東城町の小奴可にある奴可神社の表示に「・・813年この地を拓いた大船足治麻呂がおまつりしたのが始まりで、往古は爾比都売神社と称し・・室町時代に鳥羽氏により妙見宮と改め・・明治元年に奴可神社と改め・・」とある。
西城の神社は江戸末期1817年に古代編纂された延喜式にある奴可郡の一宮の爾比都売神社の所在が不明になっていることから西城に仮勧請され、それが明治になって正式な認可神社となっていまにいたっている。

小奴可の神社が爾比都売神社であったと、人々が思っていたののに、西城ではちがうとわざわざ新しく神社を勧請している。それを認めた形で小奴可では奴可神社とそれまでにない名を付けたことになる。

d0089494_13572850.jpg

そのことの理由はわからないのだが、実は爾比都売神社は行方不明であった。江戸時代に編纂された「芸藩通史」では「爾比都売神社は当郡の名神なるに、世変わりて久しく廃し、その社地さえも知れず」とある。幾多の考証もおこなわれたが、今にわかっては居ない。

爾比都売神は爾比都比売・ニヒツヒメから比は欠落しての名称で、丹生都比売・ニホツヒメとか仁保津比売・ニホツヒメと同じ神様で、丹生・ニュウつまり水銀の産地にかかわる神だといわれる。
広島・黄金山麓のニホヒメ神社もおなじ神様になる。
東城の町から南下して、サイクリングおきにいりに先日追加された青木峠のちょうど南にある久代の高野山が古来ニヒツ山と呼ばれており、全国の水銀産地を調査されている先生の分析からも水銀が検出されたという。過去にこのニヒツ山の水銀を採取した高野聖とよばれる山伏たちの信仰がかぶさることによって爾比都比売・ニヒツヒメが消えてみえなくなったのだろう、といわれる。

広島でニホヒメを祀った人々と、古代奴可の地にニホヒメを祭ったひとたち。いまさら、なにがどうしたって訳もないのだけど、古代ニホヒメの痕跡探しに、走りにいかなきゃいけんでしょう。
その人たちの親分は大船足治麻呂ってことだろうし、船もってた人なんだろうから。
[PR]
by forumhiroshima | 2008-10-11 13:57
<< 鳥と八 八鳥・服部 >>


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧