こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
メモ帳

鳥と八

西城の町から旧道の桜峠を越えると、長い下りが始まる。二重坂と呼ばれる。大きな養鶏場があって、そこへ通う車のせいか、かなり荒れた路面がつづく。下り終えると奥八鳥。そこで国道とJRの路線と交差する。

JR芸備線はここから東城へ南下するまえに、不思議な運動をはじめる。最短距離をとらずにおおきく北上し、小鳥原の保賀谷から南下して三角形を走行する。この間に駅がないのだ。
ヒトトバラと読む小鳥原の入り口におしゃれなアイスクリーム屋さんをみつけた。古道を走るスタイルの弱点は自販機やコンビニや食堂に出会わないこと。やっとエネルギー補給できる。
お店はご婦人がおられて、店の裏の大きな牛舎で飼う牛の牛乳からの手作りのアイスクリームだとおっしゃって、ソフトをわたしてくれた。「うまい!」。それが峠でつかった体力欠乏からか、はわからないが「うまい」
d0089494_122822.jpg


そういったからか、自転車でどこへ?「ヒトトバラって読むことが不思議でここへ」だいたい読めませんね。「ヒトトバラってどこから?」あの川から北です。昔は八鉾村でした。

国道をのぼった保賀谷は郵便局とそばに数軒の民家。昔はきっとにぎやかだった場所だというにおいはのこってる。鉄道は高い陸橋の上をまわっている。きっと駅もあったのだろう。
d0089494_1241262.jpg


都会のエネルギーすべてがマキや炭であったころ、食料も農家が供給していたころ、この鉄道はフル活動したのだろう。どちらをみても山また山。いや森また森。これが宝庫だった。

司馬遼太郎が「砂鉄の道」のなかで、朝鮮半島中部の山中で多数の中国人が伐採に従事しているのに出会った朝鮮の旅人が驚いて中国の役人へ報告して、その人々が救出された記事をあげて、この人々は製鉄の炭をつくるためであったろうと書いている。奴可郡の奴(奴隷)という字をだぶって思いだした。この山中でもおなじような景色があったのかもしれない。

小鳥原から小奴可の要害桜そばを登って、気になっていた八幡神社へ走った。そこに川鳥八幡が鎮座している。以前はここらは八幡村と呼ばれていて、地図の神社マークは八幡神社なのか、とおもうぐらい。
d0089494_123469.jpg


深い緑の杉の巨木が林立する参道奥に拝殿が鎮座してあった。表示に「創立不明。往古当地が砂鉄の郷である以前から祀られており、1353年に宇佐八幡から分霊を勧請して・・」とあった。
ここまでなんと鳥がつく地名なのかと?。八鳥、小鳥原、鳥越、川鳥とここまで走ってそれだけの地名にであった。



いよいよ古道は西城への峠越えになる。古道と分岐して車道がつくられて、そこに八頭線とあった。八がつく地名も連続する。八鳥、八鉾、八頭。

スサノオの退治したヤマタノオロチは国境を越えて進入してきた人々で、彼らは森をきり、山を切り開き、釜を炊いて森あちこちに赤い目玉を散らばらせるような活動をしていた。その侵入者を退治したのだ。なんて説もあった。説得力を感じてなかったのだけど、この奴可の山中を走ると、ここの人々は、出雲への進出なんて、へともなかったのでは?などと妄想できる。
[PR]
by forumhiroshima | 2008-10-12 12:04
<< 鳥追い 爾比都売命・ニヒツメ >>


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧