こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
メモ帳

高野

東城の南、久代の権現山の山頂の東西に高野の地名がふたつある。
西の高野で爾比都売神社への道が神社をすぎて東へ入ってる。これをとれば、きっと同じ名の東の高野へ出れるか?とおもってみたが、先ほど神社への道を教えてくれたおじさんは「ダメ」だといっていた。泣く泣くきつい登りを降りて、山を時計回りに回って、東の高野へ走ることにした。

久代は古代の記録で備中国苑県・ソノノアガタで釧代と出ていて、成羽川の渓谷沿いの郷とされていたようだ。備後の国は海岸線に三つの県になっている。

久代のお宮から橋をわたる。たもとに柴橋地蔵堂がある。渓流にそって細い道があるようだけど、大二五迫と地名にある尾根に九十九に道があがって尾根をこえるとまた九十九に下る道が、なぜか魅力的におもえて、取り付いてみた。

ここに広島と岡山の県境が入っている。国越えの坂ってわけだ。この展開ではトップになにかある。石碑とか祠とかが。

点在する民家の軒先をかすめる古道は段々に展望を大きくして、たのしい。はたして、トップには地蔵堂が鎮座していた。

高野は真言宗高野山の高野。司馬遼太郎「街道をゆく。高野みち」に「丹生都比売。空海が高野山に密教道場を据えたとき、地主神としてこの神を祭り、・・・当初は、この神の仕事は寺領域の守護だけであったが、世を経て高野山の経済が巨大になるにつれてこの神は・・村々が高野山領であるぞという縄張りを示す象徴になった。さらには発展して・・・政治上の必要をになう総氏神の役割をになわせられるようになった。」
ここの高野はその真言宗高野山の高野にちがいない。では、なぜにこんな山中の山のテッペンに集落をつくることになったのだろうか?やはり、水銀の産出がその訳なんだろうか。と渓流沿いのだらだらと上る車道の、なんというか古道の走りやすさに比べる苦痛の大きさをぶつぶつ。

大きく道が右に旋回して、沢音が聞こえなくなって、いっきに空がおおきくなると、刈り取られた田んぼを中心に数軒のおおきな農家が点在し、その背景にお皿のような対称な弧の山が現れた。
d0089494_13255787.jpg


家々をめぐる道がまるくはいっている。目をこらして神社仏閣や祠や石仏をさがした。圃場整備のすんだ四角の田はどこも同じ景色にしてしまったようで、なにかここの景色の味をうしなってしまった。コンビニ弁当みたいだ。

が、どこでも家々の後や前にある畑のかわりに、古木となって太い幹のクリ林がデーンとあったり、いま紅葉を始めます!とサインがでているハゼの林がある。これは信州の景色を切り取ったようだ!と学生時代の旅の景色を思い出した。


d0089494_13261044.jpg

[PR]
by forumhiroshima | 2008-10-19 13:26
<< おでん ご対面 >>


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧