こひちろうの独り言


マネージャーの独り言を綴ってみたりします。
by forumhiroshima
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
メモ帳

ロックシェルター

散髪はシェルターというお店に通ってる。髪の毛がすくなくなっても料金はかわらない。店の名にひかれて、おもしろいな、と通うようになった。若いご主人はサーファーだそうで、お客が日常から一時避難するシェルターなのか、海岸で雨になって雨宿りのシェルターなのか?たずねたことはない。

帝釈峡にはたくさんの岩窟がある。石灰岩台地にできる鍾乳洞だという。そしてそのロックシェルターに旧石器時代から縄文・弥生の遺跡が重層にのこっているのだそうだ。最古の人の痕跡だという。そうだとしたら、ここを走ることは、一億年とかの時間を人類がすごした空間にいるということになる。はたして、自分はどんな感覚をもつのだろうか?

帝釈川は上流ではその流れの側に古道が走っている。「鬼の岩屋」という表示をみつけた。入り口は小さなものだけど、奥は高さ30mもある20m四方の空間の岩屋だそうで、小川もその空間にながれているのだそうだ。細い谷底でも、日差しが差し込んで、その陰と濃い陰影が流れに反射している。瀬音しかない。フワーとどこかへ落ち込んでゆくようだ。

帝釈峡の名となった、仏様の帝釈天を祭っているのが、帝釈峡の北の入り口にある永明寺は網のフェンスで囲まれて、参拝もフェンス越しという、けったいな状態になっているが、この奥の岩窟は有名な賽の河原だという。もちろん見ることはできなかった。
d0089494_1430516.jpg
ここも石器時代の遺跡に人々が死者供養のために積み石をしてきた。お寺の側の帝釈川のすぐ上流にも岩窟があって、そこにも沢山の積み石と石仏があった。
d0089494_14323024.jpg


葬式のあと49日の喪にふすということがあったり、年賀状を来年は遠慮するという知らせをいただいたりする。死のすぐあと、その魂は荒魂となっていて、人々はひたすら魂がおちつくことを願う。また、鎮めようと、この世への扉を閉ざす。さえぎることをしてきたのだそうだ。そしてその魂がおだやかなものになることを和魂になるという。

積み石のある岩窟へ入ってみた。たくさんのちいさな積み石ができていて、自分も一つその小山に重ねてみた。魂の有り様に関係なく、石を積むってことが自然なことに思えた。

そして、ふと、石器時代からの人々の痕跡にであったとき、その石器時代にここに生きた人々と今の自分がどこかでつながっている、と思えたのじゃないか?そしてその昔の人たちが、祖先として感じたのだろう、と。だから近しい人の死は、その祖先のそばにおくことができたのだろう。

深い谷を登ると、広い空があるこの高原地帯を、獣を追い、土地をたがやしてきた、ながーい時間がいまも同じようにくりかされている。
スコラ高原と名づけられた体育館やテニスコートや入浴施設に山中いきなりであった。現実ってこれなんだよな。道そばの石仏にそう話しかけた。

d0089494_14325559.jpg

[PR]
by forumhiroshima | 2008-12-21 14:33
<< 主役から脇へ 古道ってこれだ! >>


最新のトラックバック
presiden jok..
from plus.google.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
fashion mich..
from www.mikaelkors..
biber hapi
from biberhapisipar..
iphone 7 cas..
from myiphone7cases..
máy xay cầm ..
from goo.gl
ultimate testo
from ultimate testo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧